2014_06
29
(Sun)15:27

『第55回宝塚記念』予想

まもなくレースですけど、宝塚記念の予想をさらっと。

1、ホッコーブレーヴ  ここにきて急激に力をつけているせいか穴人気になっていますが、さすがにここでは厳しいのでは。
2、デニムアンドルビー  JC2着があるようにここでもはまれば一発。秋のこともあるのでおそらくメイチの仕上げできてるはず。
3、ヴィルシーナ  前走で見事に復活も牡馬相手では割引き。
4、ヒットザターゲット  近走不振も突然走るので、一発も。ただ、よくても掲示板とみるのが妥当かな。
5、カレンミロティック  展開次第では前残りも。
6、ジェンティルドンナ  前走は見事だったが、よかったころに比べると凄みがなくなってきたような…。
7、ウインバリアシオン  ついにGⅠタイトル制覇のチャンス到来だが、こういうタイプは結局2着…てなことになりそうな。
8、トーセンジョーダン  昨年のJC激走は記憶に新しい。叩き2走目で大穴として注意。
9、ヴェルデグリーン  GⅡでは大威張りできるが、この舞台では…。
10、メイショウマンボ  牝馬としては確かに一級品だが、牡馬相手の実績なく…。(牡馬相手のレース経験少ないけどね)
11、ゴールドシップ  走ってみないとわからない馬だけど、ノリさんと手があいそうで復活濃厚。
12、フェイムゲーム  穴人気になっているが、ここではまだ地力不足。


本命はゴールドシップしかない。相手は2着が似合う?ウインバリアシオン、デニムアンドルビーカレンミロティック、ヒットザターゲットまで。ジェンティルドンナは昨年同様に3着までやないの?


馬連11から7、2、5、4へ!!


しかし、せっかくのグランプリレースが12頭って少ないよね。いろんな意味で宝塚記念については改革の余地があると思うなあ。正直、グランプリレースってわりには盛り上がりに欠けるような気が…。




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
2014_06
08
(Sun)14:47

『第64回安田記念』大予想

今や世界一強いとも言えるジャスタウェイがどんな競馬を見せるかに注目の安田記念の大予想です。
まずはマタ流レビューから。

1、グランデッツァ  奇跡の復活。ジャスタウェイに絶対能力で勝負できる唯一の馬。最内枠と馬場を克服すれば…。
2、レッドスパーダ  前走快勝で色気も鞍上乗り替わりで大幅マイナスではノーチャンス。
3、カレンブラックヒル  前走でようやく復調。ただ、まだ復活とまではいかない。
4、リアルインパクト  先行粘りこみで一発。
5、エキストラエンド  近走充実も本来はマイル向きの血統ではなく。
6、グロリアスデイズ  これで3年連続出走も前2年見せ場なく消し。
7、ホエールキャプチャ  この舞台得意も牡馬相手のG1では消し。
8、ミッキーアイル  前走の勝ちをどう見るか。正直、よくしのいだってところではないか?古馬相手では苦戦必至。
9、ダノンシャーク  昨年の3着馬。人気落ちも馬場をこなせば好勝負必至。
10、ジャスタウェイ  世界一にふさわしい圧勝期待も、このところ大舞台に縁のない鞍上だけが不安。
11、ショウナンマイティ  近走不振もようやく状態上向き。馬場さえこなせれば。
12、グランプリボス  近走不振で衰え顕著。しかも苦手の休み明けで。
13、フィエロ  勢い一番。連下なら。
14、クラレント  舞台絶好もGⅠでは一枚足りない感じ。
15、サダムパテック  かつてのGⅠ馬も買い材料なく。
16、トーセンラー  京都ならともかく府中なら迷わず消し。
17、ワールドエース  前走で鮮やかに復活。馬場こなせばここも狙い目十分。


ジャスタウェイの力がどう見ても抜けている。しかし、乗り替りは気になるところ。柴田善臣騎手に久しぶりのGⅠ制覇を成し遂げてほしいが、正直あまり勝負強い騎手ではないし、2着にはくるだろうけど頭はどうか…という気がする。それならば、前走で鮮やかに復活したグランデッツァに期待。この馬も乗り替りは不安材料だが、石橋騎手はかつて安田記念2着もあるようにここでも狙いはたつ。絶対能力でジャスタウェイに真っ向勝負を挑めるのはこの馬を置いてほかにない。この2頭がやや抜けているが、グランデッツァ同様に前走で鮮やかに復活したワールドエースと昨年3着のダノンシャーク、復調ショウナンマイティをからめた5頭の馬連ボックス攻撃で。





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



2014_05
25
(Sun)14:38

第75回オークス予想

まずは出走馬のマタ流レビューを。

1、ベッラレジーナ  ここにきて評価があがってきているが、まだこれからの馬。オークス出走の為に少し無理しちゃっているようにも思えるが…。
2、ディルガ  混戦になると内枠をいかして浮上も。
3、マイネオーラム  掲示板までなら有望。それいじょうは厳しい。
4、ペイシャフェリス  走ってみないとわからないが、距離が長いのでは?
5、バウンスシャッセ  中山なら面白いが、東京コースは向いていないかもしれない。東京で勝つイメージがわかない。
6、パシフィックギャル  ローテ疑問。体質弱く使い込めない?安定感は買いだが…。
7、シャイニーガール  前走勝ちは光るが、安定感に乏しく底力に欠ける配合で。
8、サングレアル  前走勝ちは魅力も、必要以上に評価されている印象。よくなるのは秋以降とみてここは消し。
9、ヌーヴォレコルト  近走充実も母系から距離は微妙。人気になり過ぎもマイナス材料。
10、ハープスター  距離は長いが、絶対能力で克服可能。怖いのは極端なスローにより前残りと、鞍上のボーンヘッド、そしてアクシデントだけ…。
11、マーブルカテドラル  東京実績あるし、中団で折り合いつけて直線勝負なら一変も。
12、マイネグレヴィル  スタミナ十分で、展開はまれば見せ場も。
13、ニシノアカツキ  使いすぎで、よほどの消耗戦にならないと出番は…。
14、ブランネージュ  年明け4戦は使いすぎだが、距離は向く。
15、マジックタイム  乗り替わりは魅力で、馬券圏内突入も。
16、クリスマス  明らかに距離が長い。
17、フォーエバーモア  困ったときはクイーンカップ勝ち馬。東京コース適性高く、本命馬次第では逆転も。
18、エリーザベスト  ここは家賃が高そうです。


結論
ハープスター断然。この馬は本質的にはマイラーだと思うし、距離も2000mまでがいいと思う。ただ、このメンバーなら絶対能力でカバー可能で、川田が落ち着いて直線勝負すれば大外一気で差し切り濃厚。ただ、ここで勝っちゃうと凱旋門賞挑戦ですよね。この馬の為にはそれはやめたほうが絶対いいと思うけど、出資しているわけでもないので余計なお世話でしたね(汗)相手はフォーエバーモアしか考えられない。


馬連⑩-⑰一点で!




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村




2014_04
13
(Sun)14:56

『第74回桜花賞』予想

ハープスター断然ムードの桜花賞ですが、確かにハープスターは強いにしても人気ほどの差があるかと言えばちょっと首をかしげたくなるような気もします。レッドリヴェールが定石通りトライアルを使えていればこちらを本命にする手もあるんでしょうけどねえ。
まずは1頭ずつ簡単なプレビューを。

1、カウニスクッカ  最内を利して逃げたとしても見せ場があればいいほうか。
2、ニシノミチシルベ  桜花賞向きの血統で穴に一考も、使いすぎで余力なし。
3、コーリンベリー  明らかにダート向き。いくらなんでもない。
4、ペイシャフェリス  トライアル快勝も11月から毎月出走。使いすぎ。
5、モズハツコイ  1回使っていればまだしもぶっつけでは☓。
6、レーヴデトワール  潜在能力は魅力もローテ疑問。桜花賞狙っているとは思えない。
7、ニホンピロアンバー  1400mなら穴に一考もマイルは長い。
8、シャイニーガール  エルフィンステークス勝ちは魅力も底力不足。
9、フォーエバーモア  阪神JFは負けて強し。大舞台でスタートやらかす鞍上は不安も能力的にはチャンス十分。
10、ヌーヴォレコルト  鞍上魅力。好位でうまく立ち回れば連下十分。
11、フクノドリーム  芝のマイルは明らかに不向き。
12、レッドリヴェール  能力的にはハープと双璧もぶっつけローテは痛い。馬券圏内まで?
13、アドマイヤビジン  混戦で浮上の可能性ありも鞍上で迷わず消し。
14、マーブルカデドラル 前走敗戦で人気落ちなら狙う手も。連下候補。
15、ホウライアキコ  前々で粘りこみの展開なら一発も。スピードは上位。
16、リラヴァティ  先行策で見せ場も。展開はまれば馬券圏内も。
17、ベルカント  マイルは明らかに長い。この距離では厳しい。
18、ハープスター  破壊力断然。大外から直線一気でOK。アクシデント以外の理由で負けたら鞍上の責任。


結論

2歳女王のレッドリヴェールが桜花賞ぶっつけになった時点でハープスター断然の情勢だったが、やはりここは負けられないか。もし故障などのアクシデント以外の理由で負けるようなら鞍上の責任。フォーエバーモアは前々で競馬出来るのが強み。早めスパートであとはどこまで粘れるかだが、どうしてもこの鞍上には豪快な出遅れという一撃必殺の大技があるので、本命にはできない。レッドリヴェールは能力的にはハープとも勝負できるかが、ぶっつけで桜花賞制覇はあまりにもハードルが高い。この3頭以外はせいぜいヌーヴォレコルトくらいで、あとは消しでよいのでは?

◎ハープスター
〇フォーエバーモア
☓レッドリヴェール
△ヌーヴォレコルト




オークス出走を目指して忘れな草賞に出走したレッドオーラムは完敗でした。距離延びたほうがいいと言っていた小牧騎手ですが、いまだにこの馬のことをわかっていらっしゃらないようです。あの少頭数であの位置につける意味がわかりません。スタートして最初のコーナーではほぼ終了だと思いました。中団の前で競馬しなきゃダメでしょう?橋口先生、そろそろ騎手についてご検討をお願いいたします。このままではいけませんね。
こうなったら今年もまたスピアナートに期待しましょう。福島最終の喜多方特別で連覇を狙いましょう!!





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村





2014_02
23
(Sun)15:18

第31回フェブラリーステークス

いよいよ2014年のGⅠ戦線開幕ということで、久しぶりに予想をしてみます。
フェブラリーステークスは予想の相性は最近はそこそこいいんじゃないかと。なんせフェブラリーステークスはGⅠ昇格後は勝ち馬を予想しやすいあるデータがありますんで。それがあるので、一昨年テスタマッタ、昨年のグレーププランデーもわかりやすかったのですが、今年もそのデータはいきているのかな?なんせ、もう普通に新聞に書かれるようになっちゃったからなあ。ご存じの方も多いと思いますが、そのデータはこれです。


フェブラリーステークスの歴代の優勝馬はすべて異なる種牡馬の産駒!

つまり、産駒がまだフェブラリーステークスを勝ったことがない種牡馬の産駒を狙い撃ちすればOK!なんです。今年はどうなるかはわかりませんけどね。
で、今年のメンバーを見渡すと…。なんと、このデータに当てはまる馬が多い!こりゃあ今年もこのデータはいきているのかな!しかし、困ったことに有力馬の多くががこのデータにあてはまっちゃうんだよねえ(笑)

それでは1頭ずつ簡単にレビューを。

1、ゴールスキー もっと早くダート戦線に突撃していれば、と思わせる充実ぶり。内枠をうまくいかせればチャンス。
2、ベストウォーリア OP特別勝ちから中1週。勢い魅力も、狙いにくい。
3、ソロル 安定感魅力も一気に相手強化。大穴候補?ただ、シンボリクリスエスはすでに勝ち馬だしてます。
4、ワンダーアキュート 近走の安定感抜群も、明け8歳。展開次第で2着はあるか。
5、エーシントップ マイルはやや長い。
6、ノーザンリバー 人気の盲点。マイルこなせれば混戦で浮上も。
7、ニホンピロアワーズ マイル適性疑問も、府中もマイルなら対応可能か。
8、グランドシチー 混戦で浮上か。
9、アドマイヤロイヤル 狙い目ありも鞍上で迷わず消し。
10、ドリームバレンチノ マイルはギリギリも乗り慣れた岩田に戻るのは心強い。一発も。
11、ベルシャザール ここは不動の本命。クリスチャンがルメールのように馬を信じて乗れればまず勝ち負け。
12、ブライトライン ここに照準あわせて狙い目も、鞍上が昨日やらかしたばかりで、ややリズムに不安。
13、コパノリッキー ここ2戦さえず、まだ本調子ではない?
14、ダノンカモン せめて1年前なら狙い目も。
15、ホッコータルマエ 悲願の中央GⅠ制覇へ。ただ、スマートファルコンのように地方の鬼になりそうな予感も。
16、シルクフォーチュン マイルは長い。展開がはまりにはまれば3着はあるかも。


ルメールが完璧に乗っていただけに、今回は乗り替わりが不安もベルシャザールが不動の本命。父キングカメハメハはこれまでフェブラリーステークスと縁がないというデータも後押し。他にはゴールスキー、ホッコータルマエのほかワンダーアキュートが有力。ニホンピロアワーズはマイルは向かないと見てここは軽視、ベストウォーリアはローテから軽視する。そのかわりに2着はあるとみてブライトラインを狙う。そして、岩田騎手に戻るドリームバレンチノがこわい。距離こなせば一発あるとみて大穴に。
馬連で1、4、10,11,12,15のボックスと手広く狙いたい!


最後に補足。私の買い目で11-15だと当たっても大負けだが、フェブラリーステークスにはこういうデータもある。


過去のフェブラリーステークスでは同一種牡馬の1,2はない!
ベルシャザールもホッコータルマエも父はキングカメハメハやん!



GOOD LUCK!!






よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村