2015_03
21
(Sat)16:04

ウイングドウィール引退、本当におつかれさまでした

ウイングドウィールが先週の中山牝馬ステークスを最後に引退することになりました。


ウイングドウィール
3月15日(日)中山・中山牝馬S(GⅢ・牝・ハンデ・芝1800m)に伊藤工真騎手で出走し12着。宗像調教師より「結果は出せませんでしたが、この馬なりによく頑張ってくれたと思います。オープンクラスに上がってからは厳しいレースが続いていましたが、どのレースでも精一杯に走ってくれました。重賞競走出走を花道とし、これで繁殖に上がることとなります。レース後問題は無く、本日牧場に送り出しました。ここまで大きな怪我もなく良く頑張ってくれました」との話がございました。
同馬は、募集時の規約により6歳3月の運用終了日を目前に控えており、3月18日に中央競馬の馬名登録を抹消し、繁殖入りする予定です。
※ご出資会員の皆様には、郵便書面にてご案内申し上げます。
(3月18日)

3月15日(日)中山・中山牝馬S(GⅢ・牝・ハンデ・芝1800m)に伊藤工真騎手で出走。馬体重は2キロ増の492キロ。メンコを着用し、少しまわりを気にするようにパドックへ登場。すぐに落ち着き、いつもに比べてリラックスできている感じ。歩様はスムーズで硬さも見られず、状態は良さそうに見える。周回を重ねていくと少しうるさいところを見せ始めるが、いつもほどではなく問題はなさそう。騎手が跨ってからも、変に気負うことはなく馬場へ向かった。少しうるさいところを見せながら芝コースへ入ると、宥めつつしばらく歩かせてから勢いよく駆け出していった。レースでは、マズマズのスタートから先行争いに加わり、3~4番手のインを通り1コーナーへ。終始4~5番手のインを通って向こう正面、3~4コーナーと通過し最後の直線へ。伸びられれば上位にこられる位置取りも、伸びることができず12着。レース後、伊藤工真騎手は「最後の競馬と聞いていましたので、ある程度積極的な競馬ができればと思い、あの位置からの競馬になりました。ただ思っていた以上にペースが流れ、息の入らない展開になってしまい、最後は伸びることができませんでした。具合は良かっただけに、結果を出せれば良かったのですが残念です」とのコメント。また宗像調教師は「結果は出せませんでしたが、この馬なりによく頑張ってくれたと思います。このレースを最後に繁殖に上がると聞いていますので、レース後、馬体のチェックとケアをして、牧場に送り出したいと思います。ここまで大きな怪我もなくよく頑張ってくれました」とのこと。
(3月16日)


できればお母さんのウイングレットも勝った中山牝馬ステークスで有終の美を飾らせてあげたかったところですが、さすがにそこまで簡単なことではないですよね。12着でしたが、ジョッキーも勝ちにいく競馬をしてくれたし、出資者としてはなんの不満もありません。引退レースに重賞を使えただけでも正直幸せなことだと思っています。
2歳の夏にデビューしてから引退まで大きなアクシデントもなく、元気でタフに走り続けてくれました。12か月連続出走も達成しましたし、一口馬主冥利に尽きる馬だったと思います。なかなか成績は安定しなかったけど、オープンまできたんですから、立派なもんです。しかも本馬の募集総額は1400万(税別)でしたからね。私が今までに出資した馬の中でも正直価格は安いほうから数えたほうが早いですしね。抜群のコストパフォーマンスを見せてくれましたね。
やっぱり一番印象に残るのは昨夏に15番人気で激走した佐渡ステークスですが、3歳児のカーネーションカップもかなり強い競馬でしたので、印象に残っています。
ウイングドウィール、これまで本当にありがとう!お疲れ様でした。お母さんのほうでも頑張ってね!


ウイングドウィール
※お友達からいただいた佐渡ステークスの写真ですが、私のお気に入りの1枚です。


以前からお話していた通り、ウイングドウィールの引退をもってグリーンファーム愛馬会を退会しようと思っています。特に不満らしい不満はなかったけど、やっぱり200口のクラブは自分にはちょっときついかな。しばらくはシルクと東京でのんびり続けていこうと思っています。





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
2014_09
11
(Thu)07:26

ウイングドウィール、京成杯オータムハンデへ!

ウイングドウィール
9月14日(日)新潟・京成杯オータムハンデ(GⅢ・ハンデ・芝1600m)を伊藤工真騎手で出走予定。10日、宗像調教師は「本日坂路を1本乗ったあと、ウッドチップコースで時計を出しています。前の馬を追い掛けていき、残り3ハロン過ぎから併せる形で、5ハロン71.7秒、終い13.1秒の時計でした。予定より時計は少し遅くなりましたが、動きは悪くなかったと思います。乗ってくれた木幡騎手も『動きに問題はない』とのことでした。良い意味で状態に変わりはありませんし、前走に引き続き51キロで出走出来るのも良いと思います。上手く脚を溜められればチャンスはあると思います」とのこと。
◆出走予定:9月14日(日)新潟11R・京成杯オータムハンデ(GⅢ・国際・ハンデ・芝・1600m)伊藤工真騎手(51キロ)
フルゲート18頭(出走予定全16頭、本馬より優先順位の高い馬0頭)*自身、権利なし
(9月10日)


前走は素晴らしい競馬でしたが、今回も引き続き得意の新潟というのはいいですね。しかも51kgの軽量ですから一発を期待したくなりますね。先週ちょっと心配なこともありましたが、どうやた大丈夫そうです。調教もまずまず動いているので、伊藤騎手に再度素晴らしい騎乗を見せてほしいですね。人気はないだろうし、相手も揃っているけどノーチャンスというわけでもないと思います。折り合ってうまく脚をためられれば…。再度の激走を期待したいですね。




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


2014_02
22
(Sat)22:10

ウイングドウィール、12ヶ月連続出走達成!

今日の東京9R初音ステークスに出走したウイングドウィールは5着でした。


ウイングドウィール
ウイングドウィール

2月22日(土)東京・初音ステークス(牝・芝1600m)にF.ベリー騎手で出走。馬体重は2キロ増の488キロ。メンコを着用しパドックに登場。周回を重ねていくと、いつものように厩務員が立つ左側に顔を向けながらの周回。時折うるさい仕草を見せるが、テンションが上がり過ぎる事もなく問題はなさそう。馬体をスッキリみせるが、張りもあり歩様に硬さも見られず状態は良さそう。周回後半には程よい気合い乗りを見せ、他の馬たちにジョッキーが跨ってからも、気配が変わることはなく馬場へ向かった。芝コースへ入るとすぐに、抑え気味の返し馬に。レースでは、マズマズのスタートも無理せず折り合いを付けつつ中団外目からの競馬。6~8番手の外目で3~4コーナーを周り直線へ向かうと、良い脚で伸びかけるも、ゴール前1ハロンで脚色が鈍り5着。レース後、ベリー騎手は「ペースが速くなったりスローになったりとこの馬にはリズムが取りづらい流れになってしまいました。最後の直線でようやくこの馬のリズムで走れるようになった時には、余力が残っていませんでした。この馬のリズムで走れる流れになってくれれば、このクラスを勝てる力は十分あります」とのコメント。また宗像調教師は「引き続き良い状態をキープしてレースに臨めたと思いますが、今日はレースの流れが向かなかったようです。ここにきて、レースに使っても体調が大きく落ちることもなくなってきましたので、レース後の具合を見て、今後の予定を検討したいと思います」とのこと。(2月22日更新)



今日も馬体重増えてましたけど、もう少し絞ったほうがいいような気もしましたが、まずまずのレースだったかな。直線ではもう少し伸びるかと思いましたが、最後は脚色が鈍ってしまいましたね。ジョッキーのコメントにあるように、もう1つリズムに乗れなかったのでしょう。それで脚をためきれなかったんでしょう。
ところで、今日のレースでウイングドウィールはあることを達成しました。自分の数ある出資馬でもちょっと記憶にないことです。それは…。


ウイングドウィールは初音ステークスで2013年3月より12ヶ月連続出走を達成しました!!


本当にタフな馬で、彼女の頑張りには頭が下がります。それと、宗像先生にもよくしてもらっている、ってことなんでしょうね。やっぱり日々大事にしていただいているからこそ1年間にわたって毎月レースに出てこれたってことだと思うんです。ウイングドウィールの頑張りとともに厩舎のみなさまにも感謝、感謝です。
残された競走生活は長くても1年でしょう。ここまできたらぜひオープンまでいかせてあげたいし、できれば3歳夏のラジオNIKKEI賞以来の重賞挑戦も実現させてあげたいです。




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



2013_12
21
(Sat)21:21

ウイングドウィール、冬至Sを快勝!!

ウイングドウィールが冬至ステークスを素晴らしい末脚で快勝しました!!!



中山12R冬至ステークスに出走したウイングドウィールですが、素晴らしい末脚で差し切り優勝しました。鞍上のミルコが見事な末脚を引き出してくれましたね。
前走の内容が非常によかったし、ミルコが乗ってくれるなら勝ち負けを期待していいと思っていましたが、こんなに末脚が切れるとは思わなかったです。急遽、午後から仕事になったので、レースは先ほど録画を見ましたが、ウイングドウィールの末脚がここまで素晴らしいとは思わなかったです。このあとはおそらく一息入れることになると思いますが、この内容なら来年も期待できますね。ぜひともまた重賞出走目指してがんばってもらいたい。来年の飛躍が非常に楽しみになりました!!



マタさん厩舎、今年ラストの中央のレースを制し、2013年18勝目となりました!!


まだ12/30にレッドクラウディアのシンデレラマイルがありますけれども、中央競馬への出走はこの日が最後です。素晴らしい形で1年を締めくくれました。応援ありがとうございました!


※ウイングドウィールの優勝により、急遽緊急出資の検討に入ることになりました。シルクで検討します!





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村









2013_10
27
(Sun)13:28

ウイングドウィール、優勝!!

新潟5Rでウイングドウィールが優勝しました!!


ウイングドウィール
相手関係を考えて昨日の牝馬限定ではなくこのレースにまわりましたが、正解でしたね。人気がわれていましたが、1番人気にこたえてゴール前できっちり差してくれました。久しぶりに田中勝騎手が乗れなかったけど、今日の丸田騎手は落ち着いて騎乗できていたと思います。たぶん田中勝騎手騎乗ならもう少し前で競馬していたと思いますが、今日の位置が正解だと思います。
昨年の5月にカーネーションカップに勝って以来、なかなかいい競馬ができませんでしたが、今年の夏から徐々にいい頃に戻ってきました。まだまだよくなってくると思いますし、再度1000万クラスへの挑戦になりますが、徐々に力をつけていずれは勝負できると思います。

10月はここまで勝てなかったのですが、最後の最後でウイングドウィールが勝ってくれたので、これで年間15勝となり、マタさん厩舎の今年の目標を達成しました!!2013年、まだ11月と12月が残っていますので、20勝目指して頑張りたいですね。



ウイングドウィール、そして丸田騎手ありがとう!みなさんも本馬への応援ありがとうございました!




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村