2013_07
04
(Thu)23:03

新記録と思いきやまさかのアクシデント…

ついさっき22:30頃ですかね、朝日新聞から参議院選挙に関する電話調査だと電話が入りました。おいおい、こんな時間に普通電話調査なんかすっか?アホとしか言いようがないですよね。


さてさて、昨日のレッドクラウディアは残念でしたが、彼女も含め今週のマタさん厩舎は出走ラッシュ。7頭出走の新記録かと思いきや、まさかまさかの悲しい一報が入ってきました。


クロンヌヴェール
7月7日(日)福島・芝2600mに出走を予定していたが、追い切り後に左前肢のヒザ裏に熱感と腫れが見られたため、予定のレースへの出走を見合わせている。3日、小笠調教師は「追い切りの感じも悪くなく、今週のレースを楽しみにしていたのですが、午後のチェックで左前肢のヒザ裏に熱感と腫れが見られました。明日以降に獣医検査を行い、その結果が出てから今後のことについて判断したいと思います。残念ですがこのような状態ですので、今週のレースへの出走は見合わせます」とのこと。4日、小笠調教師から「本日のエコー検査で『左前肢に屈腱炎を発症。腱の損傷は20%弱に及び全治9ヶ月』との診断が下されました。以前にもレース当該週に疲れを見せた馬でしたので、ここまで慎重に調整を進めてきたのですが、残念ながら屈腱炎を発症してしまいました。腱の損傷も広範囲に及んでおり、時間をかけて再調整しても再発の可能性は高いと思われます。素質を感じさせる馬で未勝利戦はすぐにクリアできると思っていただけに残念ですがここで引退させることにしたいと思います」とのことで、同馬は引退することになった。なお、同馬は平成25年7月5日付で中央競馬の馬名登録を抹消する予定。(7月4日更新)
※ご出資の会員様には郵便書面にてご案内申し上げます。


まいった、まいりました。本馬は血統的な思い入れが非常に強く、血統だけで出資したようなものです。父は大好きなアグネスタキオン、母はシルクプリマドンナのオークスで3着だったオリーブクラウンです。芝の中距離で息の長い活躍を期待していました。今週の福島でもひそかに勝ち負けを期待していましたし、なんとか未勝利戦を勝てるだろうと思っていた矢先の出来事なので、非常に残念です。
クロンヌヴェール、お疲れさん。

※コメントのご返事が滞っていてすみません。週末にご返事させていただきます。




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013_02
11
(Mon)11:29

クロンヌヴェール、ダートで勝ちにいく

グリーンファームのクロンヌヴェールの近況です。

クロンヌヴェール
1月27日(日)東京・芝2400mに三浦騎手で出走し3着。在厩のまま次走に向けて調整中。2月7日、小笠調教師は「本日、坂路で時計を出しています。少し強目に追い4ハロン52.9秒、終いが12.8秒でした。動きを見るとキレるというよりはバテずに脚を伸ばすという感じですが、気合い乗りも良くなってきて、馬自身に前向きさも出てきました。ジョッキーとも話をして『ダートは合いそう』とのことでしたので、今回はダートを試してみることにしました。2月16日(土)東京・ダ2100mに向かいたいと思います」とのこと。(2月7日更新)

02/07    美南坂稍 2カイ  52.9-38.2-25.2-12.8 脚色分からず

中山で芝2000mあたりかと思いきや、ダートに矛先を変えてきました。スパッときれる馬でもないので、ダートは案外いいかもしれません。距離もあうと思うし、ここはチャンスかもしれません。タキオンの子だし、無理はさせたくないので、早めに1つ勝たせてあげたいし、次で決めたいですね。

もう1頭のグリーンの愛馬、ウイングドウィールもそろそろ帰ってきそうな感じです。

ウイングドウィール
11月18日から山元TCにて調整中。1月31日、担当者は「順調にペースアップしており、周回、坂路を併用しながら、坂路で14-13も開始しています。徐々に帰厩出来る態勢が整ってきました。このまま帰厩に向けて乗り進めていきます」とのこと。2月1日、宗像調教師は「牧場の方から『順調に調整が進んでいる』と聞いていますので、状態を確認して帰厩時期を検討したいと思います」とのこと。1月31日現在の馬体重は493キロ。(2月1日更新)

おそらく中山開催での復帰になると思います。できれば東京で使いたかったところだと思いますけど、少し時間かかっちゃいましたね。中山でも好走していますし、特に問題ないでしょう。今年は気性が成長すれば活躍できると思っていますし、また重賞に挑戦することも可能でしょう。復帰が楽しみです。


2012_12
22
(Sat)11:33

クロンヌヴェール、メイクデビュー!

マタさん厩舎、現2歳世代の9頭目のメイクデビューはクロンヌヴェールです!


クロンヌヴェール
■美浦・小笠倫弘厩舎
■1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

12月22日(土)中山・芝2000mに三浦騎手でデビューする。19日、小笠調教師は「本日、坂路で時計を出しています。4ハロンから53.2-38.6-25.2-12.7の時計でした。入りが少し遅かったので、全体時計が少しかかっていますが、動き自体は悪くありません。まだ少し余裕のある体付きですが、使いつつのタイプだと思いますので、今週デビューさせたいと思います」とのこと。

12/19 助手 美南坂良 2カイ  53.2-38.6-25.2-12.7 一杯に追う
ワサビ(二未勝)一杯に0.2秒遅れ

クロンヌヴェール 新馬(混)芝2000m 5R 18頭 6枠12番 三浦 55キロ


中山5Rで三浦騎手でデビューします。まだ仕上げ途上のようですし、使ってからだと思いますが、コンスタントに走る血統ですし、初戦からそれなりの競馬を期待したいですね。母オリーブクラウンは大物こそいないものの、産駒は安定して走っていますし、プリマドンナのオークスで3着だったこともあって非常に思い入れのある馬。これまでにPOGで産駒を指名することも多く、グリーンで募集することになって出資を即決したのが本馬です。
ゆくゆくは中距離でやってくれると思いますけど、まずは掲示板目指して頑張ってもらいましょう。


2011_11
17
(Thu)21:22

緊急補強!!

本日、急遽ではありますけど、マタさん厩舎に新しい仲間が加わりましたので発表します!!

…とその前に実はグリーンファームから書面がきましてね。先だって引退したキープザブレイヴのことなんですが…。補償のことは頭にあったんだけど、引退にともなう精算金があるのを忘れとった(笑)これに先月のウイングドウィールの未勝利勝ちの賞金加えたら…おお、1頭出資いけるでーーーー!と思ったのが今朝のこと。
具体的には東京TCのタキオン牝馬の検討に入ったわけよ。石坂さんと笹田さんのとこの馬ね。やっぱりタキオン産駒への出資はこの世代がラストチャンスだしね。それにおいらにとってSSの最高傑作はアグネスタキオンという思いがいまだに強い。おいらにとっては特別な種牡馬なわけよ、タキオンはさ。

それで、石坂さんのプラウドビューティーの10への馬欲しい病が発病してきたところへ、シルク10-48が残口30口を切ったとのメールが。おお、こりゃいかんいかんと思っていたらまたメールがきて残口5口とのこと。思わず条件反射的にクラブへ電話してもうたわ。

はい、シルク10-48へ出資確定だす!!ま、ベストマテリアルの代替証もあるでな(笑)

シルク10-48
父 ウォーエンブレム
母 プチノワール
牝馬 須貝厩舎予定



こいで、マタさん厩舎の1歳馬は6頭になりました。どれも楽しみな馬ばかりでっせ!
なぬ?東京の出資検討はどうなったかじゃと?そりゃあ別の話ですよ。シルクと東京は別腹やん!(笑)
ま、シルクは代替証ありきの出資だし、東京のほうはグリーンの精算金ありきの出資検討なんだけどね


2011_08
28
(Sun)21:41

1歳馬出資

先日出資が確定したグリーンのオリーブクラウンの2010(父アグネスタキオン 牡)に続いて、グリーンの特別提供馬グランバザールの2010(父ダイワメジャー 牝)にも申し込むことにしました。応募多数の場合は抽選ですが、なんとなく大丈夫な気がします(笑)すでにかなり馬体重大きいのが気になりますが、まあいいでしょう。

グリーンの次はシルクです。もうすぐカタログが発送されるでしょうし、待ち遠しいですね。もちろん正式にはカタログ見てから決めることですが、現時点では会員優先期間に2頭いこうと思っています。マチカネタマカズラの2010(父ディープインパクト 牡)、シルクユニバーサルの2010(父スペシャルウィーク 牡)を最有力候補としてリストアップしています。代替証もあるしね(笑)カタログが来たらじっくり考えます。どちらにしてもまずは牡馬になるでしょう。
10月には見学会も予定されていますが、参加の予定です。見学会に参加したいってのもありますけど、時間があればできれば少し足をのばしてみようかとも考えてます。例えば仙台とかね。こういう時期だから、東北へ行くことも大事ではないかと思いますし、見学会をきっかけに少し足をのばし、どこかに1泊するのも悪くないと思います。見学会に参加したらどうせまた1頭くらい選んじゃうかもですね(笑)

そして、9月下旬には東京TCもカタログが来るようです。はたしてどんな募集馬が集まっているのか楽しみです。予算の兼ね合いもありますけど、東京も牡馬を優先にいきたいので、今年はここ数年と異なり牡馬中心に補強を進めるようになるでしょう。
どんな顔ぶれになるのか、自分でも楽しみですね。