2017_02
18
(Sat)20:24

新しい仲間が加わりました!

先日、マタさん厩舎に新しい仲間が加わりました。芦毛の女の子ですよ。


ショウダウンの15
レッドアルジーヌ 父ハーツクライ 母ショウダウン 牝 笹田厩舎予定
2017.02.15
(ノーザンファーム早来)
引き続き順調に調教が進んでいます。現在、週1日は屋内坂路コース800mをハロン17-18秒のペースで登坂、週3日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込んでいます。馬体の状態を見て調教の負荷を調整しながら進めていますが、乗り込みの効果から着実に体力がついてきています。力がついてきたことで調教でも苦しいところが減って、フットワークには安定感が増し、走りそのものが良くなってきています。小柄な馬体ながらフォームにはまとまりがあり、柔らかい走りができるようになってきているのは本馬のセンスの良さでもあり楽しみな材料ではありますが、兄姉と同様に成長のペースがゆっくりとしたタイプですので、暖かくなるまでは無理をせず、詰め込みすぎないよう意識しながら進めていく予定です。馬体重は440キロです。

2017.01.31
(ノーザンファーム早来)
順調に調教が進んでいます。現在、週1日は屋内坂路コース800mをハロン18秒のペースで登坂、週4日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込んでいます。飼葉の喰いが良好で、乗り込みながらも着実に馬体重が増加しており、調教でも力強さ感じさせる走りを見せています。前進気勢が強く、坂路コースを現在のペースでも最後までしっかりと走ることができているように、気持ちの面はもちろん着実に基礎体力の強化を図ることができています。精神面でも以前は少し気難しいところを見せていましたが、そういったところも解消されてきて大人になってきています。まだこれから大きく成長してくる本馬ですので、本馬の成長にあわせて乗り込んでいき、じっくりと体力強化を進めながら素質を磨いていきます。馬体重は440キロです。

2017.01.13
(ノーザンファーム早来)
この中間、年末年始のリフレッシュ期間を設け、1月5日より騎乗調教を再開しました。現在、週1日は屋内坂路コース800mをハロン18-19のペースで登坂、週3日は屋内周回コース1800mをキャンターで乗り込んでいます。体高や胴に伸びが出て、馬体全体が大きくなってきました。良質な筋肉が着実についてきており、少しずつメリハリのある体つきに変化しています。ただ、馬体の成長に伴って調教でのフットワークには力強さが出てきましたが、物見をするなど気性面ではまだ幼いところを見せています。少しずつ調教の負荷を高めていきますが、心身ともに成長するのはこれからの馬。現在の調教ペースには問題なく対応してくれていますので、無理にペースアップを図ることなく、引き続き馬にあわせてじっくりと進めていきます。馬体重は434キロです。


当初はもう少し様子見することも考えていたんですが、半兄レッドエルディスとの引退もあってか、残口が減ってきましたので、ここで出資することにしました。正直、マンボスルーの15も考えましたが、気性が気になることもありこちらにしました。こちらはこちらで育成のペースもいささかゆっくりめなのは気になりますが、今の時期はどれだけ進んでいるかよりも、しっかりと順調にやれてるかのほうが大事ですし、もともと成長がゆっくりな血統ですからね。
実は私は伊藤雄二元調教師が大好きでした。そのため、笹田先生にはぜひお世話になってみたいと考えていました。そのことも今回の出資の判断材料としては大きかったです。一個だけ心配なこともあって、もれなくあの騎手、アクション仮面がついてくるのでは…という不安もありますがなんせ全くいい話聞きませんからねえ。
まあ、そこの不安には今回は目をつぶることにします(笑)配合的にも楽しみですし、順調にいけば先々面白い血統馬なのは間違いありません。本馬への応援、どうぞよろしくお願いいたします。

詳細はここでは書きませんが、今年の2歳世代のプランがほぼ固まってきました。あくまでも今後の動向次第ですが、この後思い切った出資も考えています。今年の2歳はちょっと勝負しようかな、とも思っています。ほんとこりないですよねえ、私って(笑)

本馬への出資で2歳世代は牝馬11頭となりました。あと数頭の牝馬がマタ軍団に加盟することになると思います。これまでの経験上、3月末まで大きなトラブルなく順調にいってくれれば、今年のマタガールズはかなり期待できると思います。はたして、この後どの馬がマタガールズに加わるのか、私自身も楽しみです!





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
2016_12
10
(Sat)20:31

新しい仲間が加わりました

募集開始より様子見していた馬が、ここにきて残口が一気に減ってきたようですので、熟慮の末出資いたしました。


レッドヴァージンの15
父ディープインパクト 母レッドヴァージン 牝 松田国厩舎

2016.11.30
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2000m。馬体重480キロ。
担当スタッフ「現在は周回走路でのキャンター調整を行っています。とても順調に来ており、心身ともに不安な点はありません。乗りながら馬体も増えて牝馬ながらボリュームがあります。この時期にしては肌艶も良いですね。ディープの仔にしてはパワーも備えていて、これは牝系の血の影響もあるのでしょうか。足元含めて全体に丈夫に育っており、今後の調整も順調に進められそうです」

2016.10.31
(社台ファーム)
馬体重466キロ。
担当スタッフ「騎乗訓練もスムーズにこなし、現在は丸馬場でのキャンター調教を開始しています。合間にはトレッドミルでの運動もこなしていますよ。動きには力強さがありますし、体つきも良いいですね。運動を始めてからは全体に伸びやかさも出てきています。ここまでは本当に良い感じに推移しているので、この調子で乗り進めていきたいところです」

2016.09.30
(社台ファーム)
馬体重470キロ。
担当スタッフ「本場に来てからも特に問題はなく、早速騎乗馴致を開始しています。現在は馴致場で右手前、左手前それぞれで駆け足訓練を消化中。体はどんどん成長して見栄えがします。歩きも大きくスムーズです。まだ体の大きさの割に非力な面はありますが、これから力感を出していければいいですね」

2016.09.20
(ブルーグラスファーム→社台ファーム)
本日、社台ファームに移動しました。

2016.08.31
(ブルーグラスファーム)
初期馴致。馬体重450キロ。
担当スタッフ「夜間放牧を継続しながら、日中には帯締めなどの初期馴致を開始しています。サイドレーンを使ってハミに慣らす訓練も行っていますが、覚えが早くてスムーズです。お転婆だった気性もだいぶ成長してきました。馬体もバランスが良くてちょうど良いサイズですね。放牧地ではストライドの大きな走りが目に付きます」


今年はかつて東サラで外国産馬として走った牝馬にディープインパクトを配合した馬が多く募集されていますが、一番ポテンシャルを感じていた馬がこの馬です。おそらく様子見できるだろうとの予想からレッドガナドーラとレッドメデューサに先に出資しましたが、予想に反してこの時期に残口が減ってきたので、急遽出資に踏み切りました。当初の予定では、2017年元旦に申し込む予定だったんですけどね(笑)
本馬は、血統的にも筋が通っていると思いますし、感覚的にはディープインパクトがあいそうな母系との配合で血統的にも魅力が大きいです。私自身初めてとなる松田国先生というのも楽しみです。
本馬への出資で、今年も社台ファーム育成馬への出資がかないました。来春、北海道で彼女に会うのが今から楽しみです。




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


2016_09
17
(Sat)16:09

これはちょっとひどくないか?

レッドガナドーラの15ですが、ちょっと信じがたいアクシデントが発生しました。


レッドガナドーラの15
2016.09.14
(ブルーグラスファーム→木村牧場)
本馬は社台ファームでの育成を予定していましたが、調教師の意向により、木村牧場(ファンタストクラブ内)にて育成を進めていくことになりました。今週末にもブルーグラスファームから木村牧場に移動の予定です。


別に馬に何かあったわけではありませんが、これはひどいですね。クラブのきわめて悪質な行為と言わざるを得ません。なぜかというと、社台ファームで育成だからこそ出資した会員さんもいるでしょう。私だって、育成が社台ファーム育成予定とあったから安心したのは事実です。
さすがにこの件は、クラブに問合せしました。詳しくは書けませんが、ちゃんとした返事はもらいました。簡単に言うと、社台ファームは素晴らしい牧場だが、小規模牧場のほうが一頭の管理馬と接する時間が多く目が行き届きやすいということ、トラブルなく順調に行けば早めに美浦近郊に移動させたい、というのが理由のようです。はっきり言って全くもって納得のいかない理由ですが、別に木村牧場さんにそこまで不満があるわけではありませんし、決まってしまった以上、会員としてはどうしようもありませんので、木村牧場さんにはよろしくお願いします、という気持ちしかありません。
ただ、発表のタイミングが最悪ですね。9/14って馬代金の支払いの翌日です。ちょっとひどいよね。それと、仮に国枝調教師から直前に移動の要請があったというのが真実だとしても、クラブがしっかり調教師とコミニュケーションが取れてないということは否定できませんね。こんなとこでは会員さんが離れますよ。今のところ私は退会は考えていませんし、出資候補がほかにもいますけど、こういうことが続くと今後のことも考えなきゃいけなくなるかもしれませんしね。
来春、社台ファームで本馬と合うことを非常に楽しみにしていましたが、それはかなわぬこととなりました。そのことは非常に残念です。社台ファームには毎年見学に行きたいので、別の馬への出資を考えなきゃいかんのかな(笑)

長々とグチってすみません。さすがにこの件の発表直後はかなり頭きました。でも、馬にはなんの罪もありません。この記事書いて少しはすっきりしましたし、明日から気持ちよく木村牧場さんに移動した本馬を応援しようと思います。





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村









2016_08
07
(Sun)15:45

東京サラブレッドクラブ1歳馬出資確定 その2

今年の1歳馬選びは、まずは昨年とは違って、牝馬を優先していきたいと思っています。同時に、今年に関しては関東、関西はあまり考えずに行きます。現2歳世代は、牡馬優先、関東優先という方針で行きました。2歳世代はまだまだこれからですけど、今のところおおむね順調に来ていると思いますので、きっと結果を出してくれるだろうと思っているからこその、今年の方針でもあります。
それと、今年は再び桜花賞を夢見ていきたいと思っています。これまで桜花賞は計3頭が走って、2着、3着、5着ですので、今度こそ、という気持ちはもちろんあります。したがって、今年の馬選びはマイルに適性がありそうな牝馬が中心になってくると思います。
その第1弾がレッドガナドーラの15でしたが、第2弾の馬はこの馬にしました。


レッドメデューサの15
父ディープインパクト 母レッドメデューサ 母の父Mr.Greeley 牝 石坂厩舎

馬体重415kg 体高154cm 胸囲172cm 管囲20.1cm

レッドガナドーラに続いてまたも東サラ外国産未勝利ガールズの産駒を選択しました(笑)残口があまりなさそうなので、早めに確保に動きました。レッドペルル、レッドブリエに続いて3頭目の石坂厩舎のディープ牝馬になります。今度こそ、クラシックロードを歩んでもらいたいと思っています。
本馬は非常に美しいシルエットで、血統的にも芝のマイルはピッタリではないかと思います。順調にいってくれれば非常に楽しみな馬だと思います。

実は、一番血統的にビビビと来ていた馬はレッドヴァージンの15です。ただ、この馬はおそらくしばらくは様子見できるのではないかと判断しました。予算的にはかなり厳しいけど、何が起こるかわかりませんからね、ご縁があったらぜひほしいとは思っています。

レッドガナドーラの15ともども、応援よろしくお願いいたします。両馬とも順調にいけばきったと走ってくると信じていますよ。






よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村






2016_08
07
(Sun)10:22

東京サラブレッドクラブ1歳馬出資確定 その1

東京サラブレッドクラブ1歳馬、私が先行期間に申し込んだのは以下の2頭でした。

レッドガナドーラの15 第一希望、母出資優先

サクラサクⅡの15

票読みではおそらくレッドガナドーラは大丈夫だろうが、サクラサクⅡのほうは抽選の可能性あり、とみていましたが、あえてレッドガナドーラを第一希望で行きました。レッドガナドーラの現役時代から、産駒には必ず出資しようと決めていましたからね。
結果は予想通り、レッドガナドーラの15はすんなり確定、サクラサクⅡの15は抽選となり、残念ながら落選しました。まあ、これは想定内でしたので、別に驚きませんでした。落選してもかわりの候補がいましたしね。
まずは、予定通りほしかったレッドガナドーラの15が無事確定したのでよしとしましょう。

レッドガナドーラの15
父ディープインパクト 母レッドガナドーラ 母の父Bernardini 牝 国枝厩舎

馬体重433kg 体高154.5cm 胸囲171cm 管囲20cm

母レッドガナドーラは現役時代中央では未勝利でしたが、高い能力を持っていたのは間違いないと思います。中央ではデビューが遅れたことや気性の難しさもあって勝てませんでしたが、大井での2戦はかなり強かったですね。それに、姉のアピーリングゾフィーはアメリカG1馬ですから、かなりの良血馬でもあります。ディープインパクトはシアトルスルー系とはサンプルが少ないこともあってか、あまり結果が出ていませんが、この馬は結果を出してくれると思います。
国枝先生は、母レッドガナドーラを女クロフネと言っていましたが、この馬のことはどう表するのかも楽しみですね。あまり吹いてほしくない気もしますけど(笑)
スピードタイプだと思いますし、距離的にはマイルはピッタリではないかと思います。もちろん、夢は再来年の桜花賞の舞台です!
応援よろしくお願いいたします。





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村