FC2ブログ
flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

箱根駅伝エントリー

Category駅伝
先日箱根駅伝のエントリーが発表されました。パッと見た感じでは各大学ともほぼ予定通りのエントリーをしてきた印象です。

箱根駅伝エントリー

強いて言えば早稲田大学が昨年4区で区間新記録を出して区間賞を取った三田選手が外れたことくらいでしょうか。
このあと29日に区間エントリーが発表されますが、有力校の区間配置が注目されます。今年はますます5区が面白くなりそうです。東洋大学の柏原選手がどこまで記録を出してくるのか、他の有力校は誰が5区を担当するのか興味が尽きません。
区間エントリーが決まらないと予想が難しいところもありますが、現時点での予想をしてみました。

本命は東洋大学だと思います。5区に柏原選手という大砲があるだけでなく、選手層も厚いのが強みです。安定感もあるし、最も優勝の可能性が高いでしょう。2番手は早稲田大学です。三田選手を使えないのは痛いが、選手層の厚さで優勝を狙えるところにあると思います。しかし、前回よりは少し厳しいかもしれません。東洋大学と早稲田大学を比較すると山が大きなポイントになると思います。もし、早稲田が往路終了時点で前にいるようだと6区の加藤選手で一気に優位にたてる可能性が高いと思いますが、普通に走れば柏原選手がいるだけに東洋大学が前にいる可能性が高いと思いますが…。
一発の可能性があるのは山梨学院大学です。2区でコスマス選手がどのくらい走れるか。5区に高瀬選手がいるので、4区終了時点で東洋大学に最低でも2分先行できれば往路優勝の可能性もあり、おそらくは9区に昨年区間賞の中川選手を配置するはずですから往路優勝して6区を無難にこなせば一気に総合優勝の可能性もあります。
駒澤大学も優勝の可能性は当然あります。全日本の負け方が非常に悪かったので評価を下げましたが、箱根では巻き返してくるでしょう。4年生の深津選手と星選手は全日本で失敗していますが、箱根で実力どおり走ればあとは下級生がしっかりつなげば優勝が見えてきます。
さすがに優勝は厳しいかもしれませんが、今年の学連選抜は強いと思いますよ。前回よりもかなり強いと思いますので、前半で流れにのるようだと台風の目になりますよ。

東洋大学が一歩リードしているとは思いますが、今年も間違いなく戦国駅伝。盛り上がること間違いないですよ!

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment