flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

2010プロ野球ストーブリーグ~パリーグ

Category千葉ロッテ
ドラフト会議も終わり、FA戦線もほぼ結論が出始めてきましたので、パリーグの6球団をあらためてみてみました。

千葉ロッテ
リーグ3位から日本一になりました。戦力的に充実はしていますが、西岡のメジャー移籍は想定内とはいえやはり痛い。小林のFAでのメジャー移籍(メジャー不発なら国内他球団)も濃厚で、この二人のマイナスは非常に大きいですね。荻野貴がショートにコンバートのプランもあるようですが、これがうまくいくようだとマイナス分もかなりとりもどせるますが、容易ではないでしょう。小林の後釜は内がいますので、期待はもてます。ドラフトは成功でしょう。伊志嶺は今のロッテにピッタリの外野手ですし、南、小林も即戦力投手として期待できそうです。トレードは日本ハムと1件ありましたが、これからはたして動くかどうか…。なにしろ西岡の穴が埋められるかどうかでしょう。


福岡ソフトバンク
今のところ来期へのプラスαが最も大きいと思います。FA補強で細川に続き内川も当確でしょう。これは大きいです。昨年オフに城島が日本復帰濃厚になった時に、田之上の成長もあって獲得に本腰入れなかったようですが、結局城島以降のソフトバンクは捕手が固定できないのが最大のネック。細川獲得でそれも解消できる可能性が高いでしょう。ドラフトは来期への補強という意味では成功とは言えないでしょう。斉藤を外した時点で将来性重視に切り替えたようですので、3年先にいいドラフトだったかが見えてきます。FA補強に続いてオリックスを退団濃厚のカブレラを獲得するのではないかと見ますが、はたしてどうでしょう。


埼玉西武ライオンズ
FAで細川が流失したのは痛手でしょう。捕手が同一リーグに移籍するのは戦力以上のマイナスがあるはず。来期のソフトバンク戦は例年以上に苦戦する可能性が高い。ただ、ドラフトで今年ナンバー1の大石がとれたのは非常に大きい。即戦力投手を育てるのがうまい球団ですし、1年目から活躍する可能性が高いでしょう。そうなると西武の先発陣はかなり強力だし、中継ぎの強化が待たれるところ。打線は中島が残留するのが大きいですね。


北海道日本ハムファイターズ
ドラフトで急遽方針転換して斉藤を獲得しましたが、評価はわかれるところ。ただ、先発としてそこそこやれるんじゃないかと思います。10勝も可能でしょう。トレードでロッテから根本を獲得しましたが、彼が左の中継ぎに入ってくると投手陣がますます強力になります。森本がFAで流出しそうですが、さほどマイナスにはならないかもしれません。


オリックスバッファローズ
正直言って苦戦しているオフのように見えます。FA後藤の残留は明るい材料ですが、その他がちょっとどうでしょうか。松井稼をとれればおもしろかったのですが、楽天にとられました。巨人を戦力外になった小林雅はピークは過ぎていますが、そこそこはやれると思います。日本ハム戦力外の坪井も獲得するんじゃないかな。巨人退団の李を獲るという話もありますがどうでしょう。ドラフトは数年後に評価がでるでしょう。現時点では、最も来期への見通しがたたないように思えます。


東北楽天イーグルス
来期へ向けての最大の補強は星野新監督でしょう。正直言ってそんなにすごい監督とは思えないけど、この人の凄いところは球団にお金を使わせること。今まで補強にお金をかけなかった楽天が、岩村・松井稼と早くも2人のメジャーリーガーを獲得しました。ドラフト1位の塩見投手も即戦力でやれるでしょうし、星野補強がこれで終わりとも思えないので、まだまだ大きな補強があるでしょう。オリックスと競合しそうな李やもしかしたらカブレラの獲得もあるんじゃないでしょうか。4番が山崎では正直厳しいと思うので、4番を打てる野手とストッパー獲得を考えていると思いますよ。



来期も今年のように混戦になるでしょう。オリックスがやや出遅れた感がありますが、楽天も大型補強で巻き返しは必至で、今年以上の大混戦の可能性が高いと思います。来期が楽しみですね。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment