flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

『第88回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会』

Category駅伝
今日は来年の正月の箱根駅伝の出場校を決める予選会。シード権を持たない大学は今日の予選会で9位以内に入らないと正月の箱根路を走ることはできません。シードを持たない大学としてはなんとしてもこの予選会を通過しなければならず、過去には1秒の差で予選会通過を逃した大学もあります。
ちなみにシード権を持っている大学(今年の正月の箱根駅伝で10位までに入った大学)は…。

早稲田大学
東洋大学
駒澤大学
東海大学
明治大学
中央大学
拓殖大学
日本体育大学
青山学院大学
國學院大學


この10校以外の大学が予選会で9校の本戦出場枠をかけて戦うわけです。
当初、私が通過を予想していた大学は、日本大学、国士舘大学、城西大学、帝京大学、山梨学院大学、東京農業大学、上武大学の7校は固いと見てましたので、残りの2枠を順天堂大学、中央学院大学、法政大学、神奈川大学、大東文化大学で争うと思っていましたが、結果は…。

1位 上武大学 10時間12分08秒

2位 山梨学院大学 10時間12分43秒

3位 国士舘大学 10時間13分38秒

4位 東京農業大学 10時間13分58秒

5位 神奈川大学 10時間14分03秒

6位 帝京大学 10時間14分18秒


ここまではレース時間そのままで確定。7位以降はインカレポイントが加味されます。

7位城西大学 10時間13分55秒 (-2分45秒)

8位中央学院大学 10時間15分22秒 (-45秒)

9位順天堂大学 10時間16分14秒 (-3分25秒)


ここまでの9大学が本戦出場権を獲得、来年の正月の箱根路を走ることになりました!以下の大学は残念ながら…。でも個人で上位の成績を残した選手(各校2名まで)は関東学連選抜の一員として箱根駅伝に出場することが出来ます。

10位法政大学 10時間16分43秒 (ー3分10秒)

11位日本大学 10時間16分58秒 (ー3分40秒)

12位専修大学 10時間18分07秒 (-20秒)

13位亜細亜大学 10時間20分12秒 (-20秒)

14位大東文化大学 10時間21分34秒 (ー2分20秒) 


結果を見ると、少なからず波乱のあった大会ではなかったかと思います。なんと言っても日本大学が落選するとはね…。留学生の大砲を擁し、日本人有力選手も3名おり、インカレポイントも豊富。5番手以下の選手がかなり落ちるとは言え、普通に走れば落選しろってのが無理なくらいのはず。きつい言い方かもしれませんが、結果的には留学生頼みになった結果と言わざるをえないでしょう。その留学生が終盤失速したのも痛かったと思います。箱根の伝統校がこういう結果になったのは残念としか言えません。留学生の起用を否定するつもりはありませんが、日本大学のような伝統校が留学生に頼っていてはますます厳しくなるような気がします。来年は日本人選手の相当な奮起が期待されますね。
通過校のうち、上位6校は順位はともかく通過は順当な大学ばかり。上武大学は初の予選会首位通過ですが、箱根でシード争いするにはやはりエースが必要でしょう。山梨学院大学は、2区と5区をどうするか。コスマスはできれば3区で起用したいでしょうが、2区に起用せざるをえないか。往路で好位置につければシードの可能性はあります。国士舘大学は持ちタイムからも順当。本戦でも藤本、伊藤を中心に上位校に一泡ふかせるか。東京農業大学も順当ですね。往路で流れに乗ればシードの可能性はあります。神奈川大学は予選通過ボーダーラインと見ていたので、5位通過は意外でした。7位以降でインカレポイント持ってる大学(法政や順天堂など)との争いと見ていたので、健闘と言えるのではないでしょうか。帝京大学は通過は当然と思いますが、もう少し上の順位で来ると思ってました。
7位からはインカレポイントが適用されます。城西大学は本来6位までに通過しなければいけない力のある大学。本番でシードを狙える力もありますが、まずは本番までにきっちり立て直す必要がありますね。この大学は伝統的に2区に難がある。2区で例年のように出遅れないように誰を起用するか注目です。中央学院大学は今年はさすがに厳しいと思っていました。これは川崎監督をさすがと言うしかないと思います。藤井選手でタイムを稼いだのも大きかったでしょう。結果的に中央学院通過で法政の通過はほぼなくなりました…。最後の1校は順天堂大学でした。さすがに日本大学だろうと思っていたので、この時点で順天堂も法政もダメか…とがっくりきていたのでちょっとびっくりました。ようやく20km走れる選手が揃ってきたんでしょう。本番は苦戦必至ですが、伝統校復活への足がかりにしてほしいですね。
法政大学はまたしても10位とボーダーライン直後で落選になったわけですが、下級生がよく頑張った反面、本来タイムを稼ぐべき4年生の末山と近藤があまりにも悪かったとしか言えません。たらればを言っても仕方ないけど、彼らが去年より少し悪いくらいでも走ればゆうゆう通過でしたからね。ただ、エース格が苦戦したのにこれだけ走れたということは下級生がよく頑張ったということ。2年生の田子はよく頑張りました。全体の16位でしたから大健闘と言えます。25位になった3年生の篠原も大健闘です。この2人がこの順位で頑張ってくれるとは思いませんでした。おそらく学連選抜に選ばれるはずなので、まずは学連選抜の一員として当日は走れるように頑張ってほしい。その経験が必ず来年にいきるはずです。来年を見据えるとスーパールーキーの西池も故障に泣いた今年とは違って来年はきっとやってくれると思います。今日頑張った田子、篠原らとともに来年は必ずや本戦出場権を確保してくれると信じています。

出場権を勝ち取った9大学のみなさん、おめでとうございます。ぜひ来年の正月の箱根駅伝を盛り上げていただきたいと思います。今から1月2日の往路、3日の復路が楽しみです!


『第88回箱根駅伝予選会 総合成績』


『第88回箱根駅伝予選会 個人成績』




スポンサーサイト

2 Comments

まっきー  

驚いた!

マタさん、こんにちは。
予選会は見ていなかったんですが神奈川大学が5位ですか!
これはたしかに予想外の結果ですね。
むか~しから応援してきている大学なので強かった頃は見るのが楽しかったんだけど、最近は・・・

それと同時に伝統校の姿が見えなくなったりして寂しい限りです。
法政は落ちちゃいましたか~。
日大も姿を消したんでしたよね。
来年は奮起してもらいたいところです。
箱根駅伝は毎年スタートから見ているので、また感動の走りを楽しみたいです♪

2011/10/16 (Sun) 12:06 | EDIT | REPLY |   

マタさん  

波乱の予選会

まっきーさんこんばんは。
神奈川大学は予選通過ボーダーラインだと思ってましたが、集団走で見事に通過しました。ただ集団走で予選を通過した大学は本戦で苦戦する傾向がありますので、前半でうまく流れにのりたいですね。
ここ数年、伝統校の予選落ちが続いてます。今年は順天堂が復活しましたが、日大が落ちました。日大の落選はちょっとありえないですね。これだけの戦力とアドバンテージでなぜ落ちるのか。指導者の責任を問われるレベルのことだと思います。

2011/10/16 (Sun) 19:30 | REPLY |   

Post a comment