flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

うちのお馬さんの近況です(東京TC)

Category東京TC2009世代
東京TCのみなさんの近況です。
※レッドクラウディアはのぞく

レッドバビロン
12.03.09 
(山元トレセン)
担当スタッフ「ツメの状態はマズマズというところ。引き続き裂蹄バンドを装着しての稽古になりますが、症状自体は着実に良化していると思います。ただ、やはりこの時期はツメの伸びが良くないですからね。ペースを上げていくのはツメが伸びてからの方がいいと思うので、現状では坂路16-16を2本という内容で様子を見ていく方向です。とはいっても動きはいいですし、全体の雰囲気も良好。体も気持ちも大人になってきているのは大きいですね。馬体重は485キロです」

まずまず経過は順調のようです。ツメの状態にあわせてゆっくり調整せざるをえませんが、パワーアップして帰ってきてほしいですね。

レッドティムール
12.03.09 
(ノーザンファーム天栄)
担当スタッフ「今週からトレッドミルに移行しています。ペースとしては軽いキャンター程度ですが、まずは前進ですね。その後も患部に腫れや熱は出ていませんし、このまま様子を見ながら進めていけると思います。もちろんどこかで腫れや熱が出たら、一旦ペースを落とすなど、状況に応じたメニューを組んでいきますよ」

こちらも経過は順調なようですし、なんとなくですが、夏競馬の始まる頃には十分使えそうですね。復帰後にしっかり頑張れるようにいい休養になってほしいですね。

レッドガナドーラ
12.03.09 
(ミホ分場)
担当スタッフ「今日と明日、脾腹の部分をチェックして、状態によっては腹痛を起こさない程度の運動だけにします。良ければマシンをやって行きます」
12.03.08 
(国枝厩舎→ミホ分場)
本日、ミホ分場へ放牧に出ました。
国枝調教師「昨日上がって来てから、トモの踏み込みが悪かったので、午後からチェックしたところ、左の脾腹の筋肉が痙攣を起こしていて、少し痛がるところも見せていました。その後治療して、今日も朝からチェックをしましたが、昨日よりも痛がるところを見せていたので、ここは大事を取って休ませる事にしました。どうしても左の口しか利かないですし、走り方も真っすぐ走らないので、脾腹の部分に負担が掛かって来たのだと思います。また、入厩当初は520キロくらいあった馬ですが、ゲート試験や調教を重ねて行き、飼葉は食べているのですが、504キロまで体も減って、少ししぼんで来たように、疲れも出て来ているようですね。休ませる事で良くなって行くと思います」
12.03.07 
(国枝厩舎)
乗り運動後、南150m角馬場の中で8の字にダクを10分、400m角馬場で軽いキャンターを乗った後、ウッドコースにて2頭併せを先行して外で追い切る。
 美浦ウッド 86.7-70.1-55.2-40.8 馬なり
担当助手「今日は角馬場でジックリほぐした後、ウッドコースで先行して外で追い切りました。左だけでしかハミを取らないので、道中もジグザグに走っていて、気を付けないと左に行ってしまうところを見せていました。直線でも、離せばまだ走れる余裕はありましたが、追いかけて来た馬が内に並んできて、最後まで併せると危ない感じもあったので、馬なりで遅れる格好になりました。大飛びで能力もあるのですが、まだハミ受けがしっかりしていないので、今は少しでも真っすぐ走れるようにやっています。上がり運動でも左トモが少しスクミ気味だったので、午後からしっかりチェックしていきます。まだまだ走り方がしっかりしていないので、この後もジックリ進めて行きたいと思います」

デビューまであともう一歩だったんですが…。残念です。しかしこれは仕方ないので、早く元気になって帰ってきてくれることを祈るしかないですね。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment