flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

うちのお馬さんの近況です(グリーン3歳馬)

Categoryグリーン2009世代
グリーンの3歳のおふたりの近況です。

ウイングドウィール
3月24日(土)中山・ミモザ賞(牝・芝2000m)に福永騎手で出走し、5着。次走は4月22日(日)東京・フローラS(GⅡ・牝・芝2000m)、除外された場合には4月29日(祝)東京・スイートピーS(牝・芝1800m)に出走予定。4月5日、宗像調教師は「引き続き順調で、馬体もキープしており、カリカリしたところもなく落ち着いています。予定のレースに向けて進めていきますが、後は出られるかどうかになりますね」とのこと。(4月5日更新)

オークス出走はあきらめてないようです。あまり格上挑戦は好きではないのですが、今回はできればフローラSに出走させてあげたい気がします。流れ1つで権利獲得は可能だと思いますしね。

ハートオブグリーン
3月31日(土)阪神・芝1400mに幸騎手で出走。馬体重は前走より6キロ増の454キロ。厩務員をグイグイ引っ張って少しうるさいところを見せるが、入れ込む程ではなく、気合い上々といった様子。歩様、馬体共に良く、状態は良さそう。周回を重ねると徐々にテンションの高さが目立つが、他の馬に騎手が跨がっても入れ込むことはなく馬場に向かった。小脚を使いながら馬場に入ると直ぐに返し馬へ。ムキになって口を割るシーンもあったが小気味良いキャンターで駆けていった。レースではまずまずのスタートも控えて後方2番手からの競馬。終始インの後方2番手を追走し、4コーナー手前から徐々に外目に出しつつ12~3番手で最後の直線に入ると、馬群の大外を良い脚で伸び0.2秒差の4着。レース後、幸騎手は「調教師からの指示で控える競馬をしました。前半の1、2ハロンはハミをかんでムキになっていましたが、ノメるようなところもなく、終いはしっかりとした脚で伸びてくれました。今日みたいな競馬は合っていそうです。今回控える競馬をしましたので、次走はもう少し落ち着いて走れるのではないでしょうか」とのコメント。また、五十嵐調教師は「母馬が周りを気にするようなところがある馬でしたので、今回は『控えて直線では外へ』という指示を出しましたが、こういう競馬は合っている感じですね。馬の状態も良かったですし、権利も取れて良かったです。中3週ぐらいで使いたいとは思うのですが、テンションを高めやすく、馬体も減りやすいタイプの馬ですので、具体的なことは馬の具合次第で決めたいと思います」とのこと。4月4日、五十嵐調教師は「レース後も脚元に問題はありません。思っていたよりイライラするところがなく、今日の運動でも厩舎周りを大人しく歩いていました。飼い葉もまずまず食べており見た目にもそれほど細くなってはおらず、これなら続けて使えそうですので、中2週で4月21日(土)京都・芝1400mに前走と同じ幸騎手で向かいたいと思います」とのことだった。(4月4日更新)

いい競馬をしてくれました。最後はなかなかの末脚でしたね。シルクの見学会当日ですので、レース見れるかわかりませんけど、次で決めてほしいと思います。未勝利は勝てると思っていますよ。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment