flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

塚原卜伝

Categoryその他
おいら歴史と言えば戦国時代が大好き。したがって、歴史ドラマもそのあたりを舞台にしているものが一番興味深い。歴史ドラマって言うと戦国もののほか、幕末ものも人気あるけどおいら的にはあんま興味ない。よって、綾瀬はるかさんには申し訳ないけど、八重の桜にはあんま興味なく、全く見ていない。それどころか、早くも来年の黒田官兵衛が楽しみで仕方ない。だって黒田官兵衛ですよ!こんな興味深い武将はそうはいませんもの。竹中半兵衛も好きだけど、やはり黒田官兵衛だな。ある人曰く、秀吉に過ぎたる武将あり、竹中半兵衛と黒田官兵衛…とな。まさに秀吉に過ぎたる武将です。秀吉は嫌いだけど、おいら官兵衛と半兵衛は大好きですので。

ちょっと話がそれましたが、今日お話ししたかったのはあるドラマの主人公のこと。それが塚原卜伝です。戦国初期の剣豪で、生涯無敗だそうな。宮本武蔵に比べると少し地味な存在だけど、想像するに武蔵に勝るとも劣らない剣豪と考えます。時代が少しずれているので、二人の接点はまったくありませんが。
そんな剣豪を大河ドラマに、というのが卜伝のふるさと鹿島であるようですね。署名運動もしているようです。おいらもこの人を大河ドラマの主人公にしたらおもしろいと思うので、ぜひ実現してほしい。確かに、戦国時代と言っても、信長よりもだいぶ前に生まれており、あまり注目されていない時期に活躍しているので、歴史上注目しにくいのかもしれないけど。
その塚原卜伝を主人公にしたドラマ、実は一昨年にNHKのBSで全7回にわたって放映されたんだけど、今地上波で再放送しています。毎週木曜日夜8時からです。もう残すところあと2回ですが、ぜひ歴史好きの方はご覧ください。


よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

6 Comments

ダテスイキョウ  

おはようございます
コメントありがとうございます

G1の舞台で愛馬対決が出来るといいですね

来年の大河は黒田官兵衛ですか
個人的にはマニアックに描いて欲しいですね

戦略家っぽくって感じで
それまでの時代劇に描かれている像は納得いかないものばかりでしたので(笑)

2013/02/24 (Sun) 09:21 | REPLY |   

塚原卜伝  

シルクの竜巻

こんばんは、マタさん。
名前だけは聞いたことがありましたが、ググりました。
58戦全勝ですか、でも1敗でもしていたら死んでいるかもの世界
ですからねえ。戦国とは厳しいものです。私がそのころに生きていたら、まず若くして散ったでしょう。それとも農民か商人として細々と生きていたかも(笑)。剣豪は凄いけど、自分としては斬られた方に同情を禁じ得ません。

2013/02/25 (Mon) 18:36 | EDIT | REPLY |   

マタさん  

軍師ですから…

ダテスイキョウさんこんばんは。
黒田官兵衛と言えば戦国を代表する名軍師です。しかも、かなり頭が切れるというか切れすぎる為に秀吉におそれられた人。主人公にしたらマニアックにならないわけがない(笑)めちゃめちゃ楽しみにしています。

2013/02/25 (Mon) 22:09 | REPLY |   

マタさん  

剣豪

塚原卜伝さんこんばんは。…と思ったらシルクの竜巻さんですネ(笑)
ある意味剣豪は無敗で当然かも。真剣で立ち会ったら、勝ち以外は死を意味しますから。
剣豪に切られた方には私も同情しますが、剣豪同士勝負を挑んで負けたのなら本望でしょう。ただ、御前試合とか望んでないのに駆り出されて敗れた人には心より同情します。ただ、卜伝は所謂立会いのほかに悪人も退治しており、それもその58戦に入っていると思いますよ。

2013/02/25 (Mon) 22:14 | REPLY |   

シルクの竜巻  

塚原卜伝ではありませんでした

あの世から、カキコとか?間違えまして、すみませんでした。
確かに剣豪同士が勝負をして負けて逝ってしまうのは、お互いに
了解済みと言えますね。
自分自身は心臓が小さいので、剣豪とかにはその時代でもなれなかった
と思いますが、小説とか読んだりするのは好きなので、NHKもまた見てみようと思います。

2013/02/26 (Tue) 12:54 | EDIT | REPLY |   

マタさん  

剣豪

シルクの竜巻さんおはようございます。
おいらだって剣豪になんぞ逆立ちしてもなれませんよ。塚原卜伝は剣聖とうたわれ、多くの弟子ももつ凄い剣豪です。残すところあと1回ですけどぜひご覧下さい。

2013/03/02 (Sat) 08:21 | REPLY |   

Post a comment