flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

さらば名種牡馬

Category競馬
ついにこの日が来てしまったという感じです。4月4日、ブライアンズタイムが天に召されました。数多くの素晴らしい産駒を出したことも素晴らしいですが、28歳で亡くなるまで種牡馬として現役だったことには本当に驚かされます。彼自身がタフだったことももとちろんあるだろうけど、そこまで需要があったことはもっと凄いことだと思います。私自身も彼のおかげでシルクホースクラブに入会し、そしてシルクプリマドンナに出会い、夢をかなえることができした。シルクプリマドンナのように大成はできなかった馬もふくめればけっこう彼の産駒には出資しましたから、私の一口史を語るうえでかかせない存在でした。まだシルクエステートが頑張っていますので、彼には何としてももう1度ウイナーズサークルにたってほしいものです。
ブライアンズタイムの最高傑作と言えば、誰もがナリタブライアンと言うでしょう。私もそれに異論をはさむつもりはありません。ただし、ブライアンズタイム産駒のベストレースがどのレースかと言えば、ナリタブライアンが生涯最高のパフォーマンスを発揮した日本ダービーだろうかと言うと、私の意見は違います。このレースこそブライアンズタイム産駒のベストレースでしょう。





ブライアンズタイムの産駒は皐月賞馬サニーブライアンを筆頭に、皐月賞2着馬シルクライトにング(競争除外)、シルクジャスティス、エリモダンディーと有力馬目白押しだった1997年の日本ダービーです。これほどドラマに満ちた日本ダービーはなかったと今でも思いますよ。



さらば名種牡馬ブライアンズタイムよ!
あらためてブライアンズタイムの偉大なる功績をたたえ、謹んでご冥福を祈りたいと思います。合掌…。





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

2 Comments

ごえもん  

全盛期に

マタさん こんばんわ
私もブライアンズタイムは大好きな種牡馬でした マヤノトップガン シルクジャスティスは特に好きでした
私は いつかはそんな馬に出資たいと思い 一口馬主になったのですが 晩年だったのでダート馬や短距離馬を出す馬に変わっていました 無念でした
グリーンでは レンデフルール シルクではシルクエステートに出資して 期待以上の成績はおさめてませんが いい夢も見れたし 楽しませて 貰いました。サンデーサイレンスと唯一戦えた 偉大な種牡馬でした ご冥福を祈ります。

2013/04/07 (Sun) 20:41 | REPLY |   

マタさん  

ごえもんさんこんばんは。
ブライアンズタイムは改めて振り返っても凄い種牡馬だったと思います。サンデーに比べれば繁殖牝馬の質はどうしても低かったけど、爆発力ではサンデーの上をいっていたと思います。本当に凄い種牡馬です。
ブライアンズタイムの産駒にはそこそこ出資しましたけど、実は牝馬ばかり。唯一の牡馬が実はエステートです。なんとかもう一つ勝たせたいです。
間違いなく日本の競馬史に輝く種牡馬です。合掌…。

2013/04/07 (Sun) 21:20 | REPLY |   

Post a comment