flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

全日本大学駅伝予想

Category駅伝
明日は大学3大駅伝の2つ目となる全日本大学駅伝です。出雲に続いて駒澤大学が勝って3冠に王手をかけるのか、このところ大学駅伝4戦連続2着の東洋大学が雪辱するのか非常に楽しみなところです。本来ならここに日本体育大学がからんでくるのですが、4本柱の一角である本田選手が走れないのは痛いですね。この3校に明治大学がどこまで迫れるか注目です。


駒澤大学 
中村-西山-油布-村山-中谷-馬場-黒川-窪田

予想通り1区に中村選手を起用して、出雲駅伝同様に主導権を握ろうということでしょう。2区は予想外の西山選手でしたが、3区4区が強力なので、4区終わったところで首位に立っている可能性は十分。そうなると8区に窪田がいるので優勝の可能性は高くなる。6区7区を堅実につなぐことと、西山選手が2区でどれだけ通用するかがポイントではないか。


東洋大学
設楽悠-服部勇-延藤-田口-大津-日下-淀川-設楽啓

駒澤大学はアンカーに窪田選手がいるので、優勝するにはアンカーに設楽啓太しかないと思っていたらやはり予想通り起用してきました。本来なら1区と4区が逆かなあと思いましたが、田口選手が出雲の1区で失敗しているのでこうなったのでしょう。おそらく2区終わった時点で駒澤より前にいると思うので、3区4区が鍵を握ると思います。5~7区は駒澤よりも強力なので、駒澤をリードしてアンカーの設楽啓太につなぎたい。今年こそ全日本初優勝のチャンス。


早稲田大学
柳-大迫-平-山本-武田-高田-井戸-田中

正直どこまでやれるか。2区4区が頼りで、4区終わった時点で悪くとも4位にはいないとシードが危ないと思います。アンカーの時点で山梨学院大学や日本大学とは4分のリードがないとひっくり返される可能性が高い。駒澤大学、東洋大学とはかなりの差があると思います。


日本体育大学
勝亦-山中-鈴木-服部-加藤-甲斐-富田-矢野

本田選手がいれば優勝も狙えたんですが、こればかりは仕方ないところです。このメンバーで2強と勝負できれば箱根連覇に大きく近づきます。1区で出遅れないことと、5~7区でどれだけ踏ん張れるか。できれば4区の服部選手で首位にたちたいところです。そうしないと優勝は厳しいでしょう。


明治大学
文元-八木沢-横手-有村-松井-廣瀬-木村-大六野

主力選手が揃ってエントリーしてきました。選手の平均レベルは屈指のレベルで、これで大エースがいれば優勝戦線にかなりからんでくるんですが。1区で差のない襷リレーができれば2区で首位も十分あり得るところでしょう。八木沢選手の勢いは凄いので、もちろんそのつもりでしょうし、そうなると4区が鍵を握るでしょうね。有村選手が例えば駒澤大学の村山選手よりも前で襷リレーができたらひょっとするとひょっとするかもしれません。優勝するには8区の時点で最低でも30秒の貯金が必要です。有村選手の爆発に期待ですね。


日本大学
林-荻野-石川-竹ノ内-日向野-森谷-渡部-キトニー

8区のキトニー選手に襷が渡った時点で6位との差がどれだけか、でしょう。昔と違って今の日本大学は申し訳ないが外国人留学生がいないとまずシードも取れない大学。同じく外国人留学生がエースである山梨学院大学は日本人選手もそれなりのレベルだけに、日本大学も日本人選手にももっと頑張ってもらいたい。正直言ってキトニー選手が頑張ってもシードをとれるかは五分五分ではないか。


山梨学院大学
佐藤-井上-上村-兼子-伊藤-森井-阿部-オムワンバ

日本大学と同じく8区のオムワンバ選手に襷が渡った時点で6位との差がどれだけか、ですけど、日本大学と違って2区の井上など日本人選手にも勝負できる選手はいるので、まずシードは堅いと思います。4区まででうまく前々で粘れれば3位までは可能性がありそう。


法政大学
田井-西池-黒山-田子-足羽-関口-中村-松田

関口選手が帰ってきたのは心強い。ただ、本来ならアンカーで起用したかったはずで、箱根へ向けての試運転というのが本音かも。初めて1区以外での起用となった西池選手だが、早稲田の大迫選手と並んで2区の区間賞候補になるだろうし、なんとか1区で上位でつなげれば2区で首位ももしかしたらあるかも。4区終わった時点で6位以内にはなんとかいたいところで、5区6区はある程度せめてラスト2区間は粘るのみ。シードの可能性もなくはないけど、8位以内が現実的な目標かな。


青山学院大学
一色-神野-石田-小椋-茂木-橋本-山村-高橋

エース久保田選手が走れないのは痛いが、シード争いにはからんできそう。1区2区が注目で、2区終わった時点でどのくらいの位置にいるか。うまく流れにのれれば明治大学あたりとの争いもあるかもしれない。


優勝争いは駒澤と東洋が一歩リードし、日体大と明治がそれを追う展開か。熾烈になりそうなのがシード争いで、当確なのは先ほどの4校と山梨学院くらいで、おそらくは残りの1校を早稲田、法政、青山、日大が争うようになるのでは。
順当にいけば駒澤の窪田と東洋の設楽啓太によるアンカー対決になる可能性が高く、ここ数年の全日本の中でもかなり楽しめそうな大会になると思います。今からスタートが楽しみです。









よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment