flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

1歳馬紹介③マウントコブラの12

Category東京TC2012世代
ちょっと間隔があいてしまいましたが、マタさん厩舎の1歳馬紹介の3頭目は東サラのマウントコブラの12です。


マウントコブラの12
父ディープインパクト 母マウントコブラ 母の父Mt. Livermore 藤原英厩舎予定

※ここまでの近況情報


2013.10.31
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、周回キャンター1200m、直線1000m。馬体重426キロ。
直線ダートでハロン17秒のキャンターを順調に消化しています。まだ線の細さはありますが、順調に乗られていますし、体も減ってきません。奥の深そうな雰囲気があり、乗り手の評価も高い一頭、楽しみな素材です。

2013.09.30
(社台ファーム)
【2013.9測尺】
馬体重428 体高155 胸囲171 管囲19.2

マシン運動60分、基礎馴致→騎乗馴致。
ドライビングでの基礎馴致を経て、馴致場で騎乗訓練を開始しています。右手前、左手前でそれぞれ駆け脚を行っていますが、動きの良さは目につきます。まだ細身なので、ふっくら作っていきます。

2013.09.19
(社台ブルーグラスファーム→社台ファーム)
昨日、社台ファームに移動しました。

2013.08.22
(社台ブルーグラスファーム)
【2013.8測尺】
馬体重407 体高153 胸囲167 管囲19.1


馬体解説 ※東京サラブレッドクラブHPより
馬体が少し崩れる1歳時にあって、各パーツがバランス良く成長しています。顔は父ディープインパクト系でコンパクト。神経質な馬は直ぐに頭を上げる癖があり、背中が痛みますが、本馬は首を低くした立ち姿で賢さを感じます。肩甲骨の角度は父同様に中長距離系に出ていますが、前腕の筋群の中で最も強力な橈骨手根伸筋の量は多く、骨が細めでも前脚の回転力は十分です。臀部はまだ臀端が出っ張った感じで立体感が出てくるのはこれからです。ひ腹は細めですが、飼食いに注意しながら調教を進めていけば変身していく楽しみがあります。

(馬体解説/関西競馬エイト 鈴木由希子)


馬体のことは本当によくわかんないんですが、今のところ見栄えのする馬とは思いませんが、なんとなく将来は力強さをもった馬体に成長してくれそうな気がします。根拠を説明しろ、と言われてもわかりませんけど。本当に直感のようなものです。現状では線の細さをまだ感じますが、時間とともに解消していくものと思います。あまり焦らずにじっくりと育てていきたい馬だと思いますので、藤原先生はあうんじゃないかと思います。



配合診断 ※東京サラブレッドクラブHPより
ウッドウォードSやメトロポリタンHなど米G1を4勝したQuality Roadの甥。母系にBlushing Groomを持つディープインパクト産駒にはヴィルシーナ、フレールジャック、ベストディール、ロードアクレイムなどがいて、中央に23頭が出走して15頭が勝ち馬になっておりなかなか高確率。Halo≒Sir Ivor≒Red Godのニアリークロスになるので、機動力ある自在脚質になりやすい配合パターンでもあります。また母系にAlydarを持つディープ産駒はジェンティルドンナ・ドナウブルー姉妹をはじめ、カナロア、ハーキュリーズ、モスカートローザなど17頭中10頭が勝ち上がっています。Alydarは同じRaise a Native系のMr.Prospectorと比較してもパワーに富み、ディープにパワーを補えるという意味では比較的相性の良い血と言っていいでしょう。母父Mt.LivermoreもBlushing Groom系にしてはパワー型なので、この母から筋力を受け継ぐことができればマイル~中距離で俊敏自在なレースができそうです。



最近レッドゴット系の血を以前ほど見かけなくなってきたように思いますが、以前は母系にブラッシンググルームの入った馬がけっこう成功していたイメージがあります。今、見直してもいい血統だと思いますが、ここ最近だとバゴがちょっと注目されてきていますしね。この馬もディープ牝馬が欲しいという補強ポイントと一致したことと、Mt. Livermoreからスピードとパワーが伝われば面白いと思ったから出資に踏み切りました。イメージ的にはマイルがいいんじゃないかとみています。 
既に満口になっていますけど、フェルメールブルーの12同様にディープインパクト産駒らしいダイナミックな走りを期待しています。




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

4 Comments

ぼんちゃん  

マタさん、こんばんは☆
確かにこの写真は、妙に脚ばかり長くってお世辞でもいい馬体・・には見えませんね^^;
でもなんとなく気に入りました。

東京でも追加出資考えていますが、クローリオットの12(ハーツクライ牝馬)とシンデレラロマンスの12(マンカフェ牝馬)に興味があります。
血統では前者、馬体は後者がお気に入り。

もしなにか気になるところがあれば教えてもらえれば嬉しいです。
(東京TCと相性の悪い厩舎だとか育成場だとか・・・)

2013/11/26 (Tue) 22:02 | REPLY |   

マタさん  

ぼんちゃんさんおはようございます。
見栄えだけで言ったらお世辞にも……という感じですが、何か感じるものがありました。
クローリオットとシンデレラロマンスですか?血統なら後者、厩舎なら前者かなあ…。逆でしょ?って声も聞こえそうですが(笑)正直、松永幹厩舎はまだつかみようがありません。うちも2歳のレッドアライヴがお世話になっていますが、まだ判断しようがありませんしね。個人的にはシンデレラロマンスでしょうか。

2013/11/29 (Fri) 07:22 | REPLY |   

ぼんちゃん  

マタさん、こんばんは☆
馬体や厩舎は、馬さえ気に入ったら厩舎はよっぽどでないと気にしないので特にそれで却下ってのはないんですけどね。

ただ東京TCではこういうタイプはダメとかこの厩舎はどうしてもNGっていうのがあれば・・・と思ったので、それにひっかからないなら大丈夫かなと思ってます。
古賀さんとこはこの2歳で初めてお世話になりましたが、ここまでは100点ですかね。
ダートの新馬で勝ち上がったのに、芝の重賞使ってきたりしたら切れてしまうところですが普通でした。
じっくり育ててくれそうなタイプで私には向いていそうな予感です。

そうそうマウントコブラですが、今回の写真はまずまずでした。
脚長は相変わらずでしたがだいぶしっかりしてきた様子。
案外普通サイズぐらいになりそうな予感も??

あのブエナビスタもびっくりするぐらい脚長でしたしね。
・・・・と比べる相手を間違えました(爆)

2013/11/30 (Sat) 00:01 | REPLY |   

マタさん  

ぼんちゃんさんこんにちは。
正直言って東サラの傾向は私もつかめてないかもです(笑)強いて言えばやっぱりF沢厩舎の馬はちょっと出資しにくいかもです。今のところ、東サラで今まで出資した中でこの厩舎はもう出資したくないっていうようなことは経験してないです。国枝先生の進軍ラッパの凄さはちょっと微妙でしたが(笑)
マウントコブラは先月より着実によくなっていると思いますが、ブエナビスタですか…(大笑)

2013/11/30 (Sat) 15:24 | REPLY |   

Post a comment