flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

キープアットベイ引退…

Categoryシルク2011世代
メジロドーベルの12に出資できて、気分よく中央競馬の1年を締めくくれそうだったのにとんでもない一報が入ってきました


キープアットベイ
2013/12/24 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:
次走予定:

手塚貴久調教師「入厩した翌日、土曜日と運動をして日曜日に少し時計を出してみようと思っていたのですが、土曜日の運動後に右前脚の裏に腫れが見られました。日曜日に診療所でエコー検査を行ったところ浅屈腱炎を発症していることがわかりました。広範囲ではないのですが、一番抜けているところで38パーセントも抜けているということでした。デビュー戦直後に両前が腫れたので施設内で検査を行ったり、ノーザンファーム天栄でも何度か検査を行い注意してもらっていました。もちろん戻ってきてからも入念にチェックしたうえで二日運動させたのですが、これまでの検査では出なかったものの、何らかのダメージがあって、それがこのタイミングで急激に悪化してしまったとしか考えられません。跨がった人間に確認したところ、どこかでぶつけたとか躓いたということもなかったようなので外因性ということでもなさそうですし・・・。。年明けは芝を試してみようと思っていたくらいですし、本当に来年を楽しみにしてもらっていたと思うので、このような結果となり大変申し訳ありません」

これを受け、疾病の程度を考慮して今後について検討した結果、現時点では復帰の目処が立たず、復帰を目指すとしてもかなりの時間が掛かる見込みであり、また復帰したとしても本来の能力を発揮できない可能性が極めて高いことから、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。25日に抹消の手続きが取られる予定です。なお今後は乗馬となる予定です。



まじですか!!もう言葉もありません。まだ新馬勝ちしたばかりの2歳馬ですぜ…
お疲れ様でしたとしか言いようがありません。かなりショックです。







よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

16 Comments

グルーヴィ  

屈腱炎とは

マタさん、こんばんは。

今秋新馬勝ちして、来春からと言うときに浅屈腱炎で引退とは誠に残念でなりませんね。
年が明けてこんな報告だったら最悪だったでしょうけど。←フォローになってませんが。

引退馬が続いてつらいところでしょうけど。
今年はもうこれ以上何も無いようにと願うばかりですね。

来年は年頭からガンガン勝ちまくっていきたいですね。

2013/12/24 (Tue) 17:31 | REPLY |   

ひろみ2号  

気のせいではないかも

最近、こういった怪我とか事故が多くありませんか?
私が出資していたグランプリエも不可解な怪我でしたし、今回の話も何やら怪しいですね。
その他の馬もこんなことが続いていますが、どうなってるのでしょうか?
無念をドーベルに晴らしてもらいましょう。

2013/12/24 (Tue) 19:48 | REPLY |   

Buzz  

こんばんは。
驚きです。残念としか言いようがありません。
私も注目していた馬でPOGでも指名しておりました。
これから相当やってくれると思っていたので…
POと出資では重みも比べものになりませんしお気持ちお察しします。
これも競馬とは言え、本当に残念でなりません…。

2013/12/24 (Tue) 19:57 | REPLY |   

ロイス  

マタさん、こんばんは!

キープアットベイ引退?
屈腱炎?

まだ2歳で新馬勝ちで来年飛躍の年だったはずなのに・・・
馬にはお疲れ様でしたと言いたいですね。

しかし、今年のシルクには故障、怪我が多すぎです。
何とかならない物でしょうか。
厩舎、クラブとも猛省を促したい所です。

2013/12/24 (Tue) 20:02 | REPLY |   

youchan  

ちょっとキツイ出来事ですね・・・。
まだ2歳で、これからの活躍に期待が膨らむところだったのに。
今年のマル外追加募集馬の売れ行きにも、影響あるかもしれませんね。

2013/12/24 (Tue) 21:44 | REPLY |   

ぼんちゃん  

マタさん、こんばんは☆
キープアットベイの突然の引退残念でした★
素質はあったはずなのにもったいないことになりましたね。

しかし・・シルクも2・3歳馬に怪我が多いですね。
キャロットに入会して、何も知らずにぽこぽこ出資してえらい目に合いましたが、それに似た現象がシルクでも起こっている気がしないでもないです^^;
何でどういう経緯でこの馬が入ってきたの?とかこれまで以上に気にする必要があるかなって思いました。

それとトレーニングセールとかの外国産馬、キャロットの馬もそうですが、まだ体ができていないときにアピールで早い時計を出させるのはどうかなっていつも思います。
売るためとはいえ、それだけで頓挫しちゃう馬もいますし。

堀厩舎の○外狙ってましたが、しばらく様子見しようかな。

2013/12/25 (Wed) 00:36 | REPLY |   

まっきー  

マタさん、こちらにもお邪魔します。
せっかくのクリスマスプレゼントでお祝いで終わるかと思ったのですがキープアットベイがまさかの引退・・・
しかも2歳馬ですものね。
これからというときに残念です。
マタさん元気出してくださいね。

ウチの仔は今のところ怪我はないんですがシルクの2歳っ仔は怪我が多いですね。
本当にシルクに力入れてるのかなぁ?

2013/12/26 (Thu) 22:08 | EDIT | REPLY |   

ちどり  

マタさん、こんばんは。
こういうコメントを入れることもやるせないですが、
キープの引退は本当に驚きと無念さでいっぱいです。
競走馬である以上このような故障の可能性は考えてはいても、
さすがに2歳では早いですよね…。
新馬戦しか走っていませんが、
何事もなければもっと上を目指せる馬だったと思います。

他の馬たちは無事にと、願うばかりですね。

2013/12/26 (Thu) 23:29 | EDIT | REPLY |   

マタさん  

グルーヴィさんこんばんは。
仕方のないことですが、まだ新馬を勝ったばかりの2歳ですので…。引退馬が続いていたこともあり、さすがにちょっときつかったですね。
この馬の引退で、ちょっと大砲候補を補強しようと思います。

2013/12/28 (Sat) 22:18 | REPLY |   

マタさん  

ひろみ2号さんこんばんは。
う~ん怪しいと言えば怪しいけど、これは仕方ないですよ。人災かもしれませんけど、誰も責められないと思っています。ただし、今年はちょっとアクシデントが多かったように思いますので、来年はぜひ減らしていただきたいですね。

2013/12/28 (Sat) 22:22 | REPLY |   

マタさん  

Buzzさんこんばんは。
トモに力がついてくればかなりやってくれそうでもあったので、非常に残念です。正直、来年も2つ3つは勝てるだろうと計算していたので、本当に痛い。
しかしながら、これも競馬だと思いますし、逃げられない現実なんですよね。

2013/12/28 (Sat) 22:25 | REPLY |   

マタさん  

ロイスさんこんばんは。
残念ですが仕方ありませんね。ただ、確かに今年はちょっとアクシデントが多かったと思いますし、ぜひとも来年は減らしてほしいですね。うちの馬でも東京の馬もアクシデントはあったけど、シルクに比べれば少ないですからね。
来年は無事にいってほしいです。

2013/12/28 (Sat) 22:27 | REPLY |   

マタさん  

youchanさんこんにちは。
そうですね、ちょっと外国産追加募集は手が出しにくいかも…。まあもともと今回の募集馬には今のところ興味はありませんけど(笑)
キープは来年の活躍を見込んでいたので、引退は本当に痛いです(涙)

2013/12/29 (Sun) 16:54 | REPLY |   

マタさん  

ぼんちゃんさんこんにちは。
残念なことになりました。期待していたし、本当に残念です。
外国産馬、特にセール出身馬はどうしてもセールで一回仕上げているし、無理させていることが多いようですし、こういうこともあるんでしょう。ゼアミも日本にきてからかなり体調崩したという話を聞いて出資を回避しましたし。
今年の外国産募集馬には今のところ手を出す予定はありませんけど、春の見学会の頃には気が変わっているかも(笑)

2013/12/29 (Sun) 17:12 | REPLY |   

マタさん  

まっきーさんこんにちは。
せっかくウイングドウィールが素晴らしいプレゼントをくれたのに、こんな出来事があるとはがっくりです。
シルクの2歳はうちの子もそうですが、体質や脚元に難がある馬が多いように感じます。私のように馬を見る目がないものにはちょっときついっす。
2014年に勢いをつけるために元旦に追加出資して気合いれます。

2013/12/29 (Sun) 17:23 | REPLY |   

マタさん  

ちどりさんこんばんは。
お互いに残念なことになりましたね。先々の期待も大きかったし、まさかこんなに早く別れが来るとはね。私に初めて口取りをプレゼントしてくれたのも感慨深いです。正直、人災ではないかとも勘ぐりたくなりましたが、たとえそうであっても仕方ないことだと思います。せめてもう1年は走らせてあげたかったです。

2013/12/29 (Sun) 18:43 | REPLY |   

Post a comment