flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走 復路

Category駅伝
好条件ということもあったんでしょうけど、6区はなかなかのハイレベルな戦いとなりました。この6区でいいスタートを切れるかどうかで復路の流れがガラッと変わってきます。

6区)
東洋の日下が落ち着いた走りで駒澤大学との差を18秒広げました。できればもう少しってのが本音でしょうけど、ほぼ互角と思っていた区間で先手をとれて、7区の1年生服部弾にいい流れで襷をつなげたのは大きい。一方の駒澤はまずまずのスタートともとれる。将来のエース候補の7区西山に期待か。驚いたのは早稲田で、三浦が58分台で来るとは思わなかった。これで3位死守が見えてきたかもしれない。日体も鈴木が予定通り58分台できたのはいいが、肝心の早稲田との差が縮まらなかったのは誤算か。明治の廣瀬はさすがの走りで区間賞。できれば区間新記録を達成させてあげたかったが…。シード争いは非常に混沌としてきた。帝京が6区で一気に挽回するかと思いきや不発に終わり、法政の田子は60分を切れなかったものの、区間7位でしっかりチームをシード圏内に押し上げてきた。7区8区で踏ん張ればシードも狙えそうになってきた。


7区)
東洋の服部弾が素晴らしい走りで区間賞、駒澤との差を37秒広げた。8区は東洋に分があると思われるので、これで東洋が有利になってきたと言えそう。駒澤の西山もいい走りではあったが、服部弾がそれを上回る走りだった。早稲田の柳もようやく駅伝で好走し、さすがにシードは確実になってきた。日体は目標の3位がやや遠のいてしまった。明治の松井は区間賞候補らしく前との差を詰めたものの、もう少し行きたかったのが本音ではないか。ただ、昨年9区大ブレーキのリベンジは成し遂げた。帝京の蛯名が格の違いを見せつけて一気にチームを浮上させてきた。残りのメンバーから言ってもシード圏内浮上はほぼ間違いない。法政は、ブレーキとなったが、力量的仕方ない面もある。それでも最後はよく踏ん張ってくれた。

総合優勝争い)
やや有利)東洋大学
やや不利)駒澤大学

シード争い)
当確)東洋大学、駒澤大学、早稲田大学、日本体育大学、明治大学、青山学院大学
有力)拓殖大学、東海大学、帝京大学
微妙)大東文化大学、日本大学、法政大学
わずかに可能性)中央学院大学、東京農業大学


8区)
東洋大学の高久が素晴らしい走りで総合優勝を大きく引き寄せた。駒澤と最低2分差はほしかったが、3分半まで広げるとは思わなかったし、これで9区10区でブレーキがなければさすがに優勝は確実になってきた。このまま東洋が優勝すれば復路のMVPは彼だろう。駒澤にとっては痛い8区となってしまった。明治は有村がさすがの走りだったが、最後に日体大に再逆転されたのは痛い。日体は9区に主力格の矢野がいるので、明治は順位をあげるのは厳しくなったかもしれない。シード争いはさらにえらいことになってきた。7位東海から11位日大まで約30秒、その後ろには有力選手を残す帝京もいるので、ここまでの争いか。もう少しでもブレーキをするとほぼ脱落の状況だが、攻めた大学が勝つだろう。法政は8区佐藤が殊勲の走りでなんとかシード争いで踏ん張っている。9区松田の意地にかけたいところだ。


9区)
大勢が決しました。東洋大学はここも上村が予想以上の走りで駒澤の窪田に28秒しか詰められなかった。これでもうよほどのブレーキがない限り東洋の優勝は動かない。日体大の矢野は全日本で自らの失敗でシードを落としたリベンジとなる素晴らしい走りの区間賞、早稲田を抜いて3位に浮上した。10区はほぼ互角だと思うので、3位争いも見ものだ。シード争いはもう凄いことになっているが、大東大、東海大は痛恨のブレーキで苦しくなってきた。法政は、正直その2校に助けられた形だが、シード権確保に1分の貯金が出来たのは大きい。


総合優勝争い)
確実)東洋大学

シード権争い)
確実)東洋大学、駒澤大学、日本体育大学、早稲田大学、明治大学、青山学院大学
有力)拓殖大学、日本大学、帝京大学
やや有利)法政大学
苦戦)大東文化大学、東海大学
わずかに望み)中央学院大学


10区)
東洋大学の大津が攻めて区間賞、終わってみれば東洋大学の圧勝だった。往路に主力を集めてまでして往路優勝をとりにった酒井監督の攻めの采配が見事だったということではないか。駒澤も強かったが東洋が一枚上だった。日体大も最後アンカー勝負で見事に3位、全日本の出場権をゲットした。やはり9区矢野の区間賞が大きかった。シード争いを見ると、10区途中の蒲田まで快調だった法政の高梨がまさかまさかの超大ブレーキで大東大にまくられてしまった。まずシードは無理と思っていたが、9区までは他校のブレーキもありうまくいっていたので、やはりこのメンバーではシードは難しいということか。しかし、1分の貯金があったのにこの大ブレーキって言うのは、見る側にしてもめちゃくちゃダメージがでかい。たぶん、他校と競って集団になっていたので、結果的にオーバーペースになってしまったんじゃないのかな。昨年も10区で16位だったからなあ。でも、昨年より今年の方がタイムはいいので、こりゃあ走る前から無理な話だったってことか…。ガックリだなあ。秋に予選会をしっかり通過して、また来年の正月に箱根路を走ってほしい。



東洋大学のみなさま、総合優勝おめでとうございます!!


法政大学のみなさん、お疲れ様。秋の予選会を必ず突破して来年の正月に箱根に帰ってこ~い!





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

4 Comments

ぷ~さん  

明けましておめでとうございます。
本年も、昨年と同様に宜しくお願い致します。

箱根駅伝、仕事上あまりじっくり見ることが出来ませんでしたが、初日の往路の山梨学院のケニアの留学生は何とも言えませんでした。
来年、雪辱を果たしてくれよ!
健脚を見せてくれよ!

こう思いました。
何かを目標に選手全員が箱根を目指して、一生懸命走るのって毎年毎年ジーンと来るものがありますね。

2014/01/04 (Sat) 07:35 | EDIT | REPLY |   

ひろみ2号  

後輩は頑張りましたが、今一歩でした(泣)
50秒差で11位。シード権落ちは残念ですが、この悔しさをバネに更に自分を追い込んで頑張ってもらいたいですね。
でも、みんなよく頑張った!

2014/01/04 (Sat) 11:52 | REPLY |   

マタさん  

ぷ~さん、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
山梨学院のオムワンバはかわいそうでしたね。事前に異変の兆しがあったのかどうかわかりませんが。彼は史上最強の留学生になるかもしれないレベルの選手、必ずや来年の箱根の2区で凄い走りを見せてくれるでしょう。
目標に向かってみんなで走る姿は本当に素晴らしいですね。

2014/01/04 (Sat) 19:55 | REPLY |   

マタさん  

ひろみ2号さんこんばんは。
エースと期待のルーキーを欠く中で、まずシードは無理だろうと思っていた中で大健闘でした。2年生から来年が楽しみな選手が2人できてきましたし、来年はさらに強くなりますよ。
後輩諸君、お疲れ様!

2014/01/04 (Sat) 20:04 | REPLY |   

Post a comment