flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

レッドクラウディア、次走に期待十分!!

Category東京TC2009世代
浦和のしらさぎ賞を圧勝して休養中のレッドクラウディアですが、状態は非常にいいようですね。



レッドクラウディア
レッドクラウディア

14.05.23
(ケイツーステーブル)
予定通り今週から15-15での調整を開始しました。周回コースと坂路を併用して乗り進めていますが、動きは変わらず良好ですね。変に気負うようなところもないですし、普段同様にリラックスして稽古に取り組んでくれています。今週、獣医さんに診てもらいましたが、筋肉の状態も問題ないので、特に治療は施していません。オゾン治療についても、今のコンディションなら問題ないので、もう少し様子を見てからやろうという話になりました。ショックウェーブについても同様ですね。今は必要ないとのことでした。実際、硬さもないし、毛艶もいいですからね。この調子で進めていきますよ。荒山先生とも話しましたが、こちらでは当初のイメージ通り15-15をコンスタントに重ねて厩舎に戻します。食欲はまるで落ちないので食べ過ぎ注意というところですが、あと10キロくらい増えた状態で戻せればと思っています。6月初旬に納得のいく形でバトンタッチできるように、しっかりやっていきます。

14.05.18
(ケイツーステーブル)
荒山調教師「昨日、ケイツーステーブルへ行って、久々にクラウディアと会ってきました。報告は受けていましたが、毛艶はピカピカで、背中にはハリもなく筋肉も柔らかい。体が崩れることもなく、いい雰囲気でしたよ。馬は本当にリラックスしていますしね。少し楽をさせた分、腹回りはふっくらして、お尻の肉はちょっと落ちたかなという印象は受けましたが、ここから徐々に緩急をつけながら乗り進めてもらって6月はじめの帰厩ですからね。前回も中間はそんな感じでしたし、不安なく乗っていけますから問題ないですよ。帰厩後は追い切りを3本。追い日と追い日の間に坂路なりコースなりで微調整をしていく、前回同様のパターンで進めていくイメージでいます。帰厩が近づいた頃にまたクラウディアには会いに行きますので、その段階で背中などにハリが見られるようならショックウェーブをやってから戻してもらうつもりですが、夏負け防止に効果があると言われているオゾン治療はどこかのタイミングでやってもらうようケイツーさんにお願いしてきました。また来週あたりに獣医さんも見に行くと思いますので、今日の感じとオゾン治療、あとショックウェーブのことは僕からも伝えておきます。2週間ぶりの再会でしたが、元気なクラウディアと会えて楽しかったです。次回は馬の雰囲気にも変化があると思うので、次回の再会がとても楽しみになりました。このまま順調いきたいですね」



前走のしらさぎ賞が非常に強い内容でしたし、休養中の現在も状態はいいようですので、これなら次走に予定されている川崎のスパーキングレディカップでも期待できるのではないかと思います。相手関係は一気に強化されますが、今の充実ぶりなら再び中央馬を相手に輝きを取り戻してくれるでしょう。スパーキングレディーカップは3年連続での出走になりますが、今年こそ戴冠のチャンスだと思います。
それにしても荒山先生は本当に素晴らしい調教師さんです。いつもコメントは内容が濃いし、馬への愛情が伝わってきますしね。そしてケイツーステーブルさんも、コメントから大事にしてもらっているのがよく伝わってくるので、非常に好感がもてますね。ありがたいことです。


レッドクラウディア

この写真は昨年の2月頃のレッドクラウディアです。上の写真と比べると現在の充実ぶりが伝わってくる気がします。





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment