flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

社台ファーム見学 その3 レッドアナベル

Category東京TC2012世代
今回の北海道牧場見学、最後の1頭はこの馬です。正直、今回一番楽しみにしていた馬でもあります。


レッドアナベル
レッドアナベル(父King's Best 母アルレシャ 牝 安田厩舎)です。私が今年のエース候補として期待している良血牝馬です!!


レッドアナベル
この馬、もの凄く可愛いんですよ!うちのガールズでも可愛さ1番かも。この馬についてはめちゃめちゃ親バカモードです。


レッドアナベル
レッドアナベル
スタッフさんのいう通りにお利口さんにしていました。おとなしい馬で、ますます気に入りました!


レッドアナベル
スピードはいいものがあるそうです。体型からも距離適性は短めになりそうです。入厩先は短距離王国安田厩舎ですし、昨年のレッドオーヴァルの無念を晴らす条件は揃っています!


レッドアナベル
レッドアナベル
どこかが悪いというわけではないのですが、馬体重が少ないこともあって現在は調教は控えめにしてゆっくりさせているので、馬体重も増えてきました。このことをスタッフさんに詳しく聞きましたが、特別食わしこんでいるわけではなく、普通に食べさせて調教を休んでいるから馬体重が増えているとのこと。したがって、今後調教を本格的に再開してから馬体重がどうなるかがカギになりそうです。ただし、もしかしたらもしかしたら冬場の寒さが苦手なのかも、とのことです。冬場は食べてもなんで体重増えないのかなあ~ってところがあったそうですが、暖かくなってそういうところがなくなってきたとのこと。それにともなって内臓もしっかりしてきたとのことです。


レッドアナベル
彼女自身もそろそろ体を動かしたくなってきているようです。調教再開が楽しみです。


レッドアナベル
社台ファームさんでは3頭を見学させていただきましたが、スタッフさんが一番熱く語っていたのがこの馬のことです。この馬のお母さんであるアルレシャは山本オーナーが海外から買ってきた繁殖ですが、かなり高かったらしいです。まあこれだけの良血ですからね。当然、繁殖としての期待は高く、この馬の下はディープインパクトをつけてますね。東サラで募集してほしいものです。そして、スタッフさんいわく、優秀な牝系は牝馬が生まれることが多く、どんどんファミリーを増やしていくことで牝系を発展させていくので、この馬もそうなってほしいとのこと。


レッドアナベル
この馬は山元トレセンに移動してから入厩を目指すことになると思いますが、入厩時期については秋になるんじゃないかなあ。ちょっと気の早い話ですが、スタッフさんに入厩したらゲート試験とおして放牧させますかねえ?と聞いたらたぶんそのままデビューまでいきますよ、とのこと。安田先生は新車が好きだから新車はすぐ使いたくなるんですよ、とのこと。この馬はアルレシャの日本での初産駒ですから新車って表現をされたんだと思います。
今回の北海道で一番楽しみにしていた馬でしたが、会ってみてますます期待が高まりました。もし夏に山元トレセンに来たら会いに行くかもしれません。


北海道牧場見学、この馬で終了です。2日間で13頭の馬を見てきましたが、ちょっと疲れましたねえ。それでも、これだけたくさんの愛馬を見学できたのは初めてですし、最高に楽しい2日間でした。また北海道まで愛馬に会いに行きたいですね。そして、まだお財布事情の問題もあってなんとも言えないけど、今年はシルクの秋のツアーに参加してみようかと思っています。やっぱり馬はライブで楽しむのが最高ですね!



よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment