flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

うちのお馬さんの近況です(東京TC2歳馬)

Category東京TC2012世代
東京サラブレットクラブの2歳のみなさんの近況です。


レッドペルル
レッドペルル
14.05.30
(吉澤ステーブル)
この中間もダートコースと坂路を併用して乗り込んでいます。状態に合わせて不定期ながら15-15も消化しています。速いペースの調教を重ねるごとに、息づかいや動きの軽快さは増してきています。ただ、強い調教の後はトモに疲れが残ることもあるので、無理なく状態に合わせて進めていきます。気性面では成長が見られ、調教時の集中力が高まってきています。馬体重は488キロ。とても雄大な馬体をしています。馬体に見合った中身作りを目標に今後もしっかり乗り込んでいきます。


レッドラミア
レッドラミア
14.05.29
(山元トレセン)
担当スタッフ「今週は火曜日に坂路で14-13を消化。週末は普通キャンターと考えていますが、ペースアップしての動きも全く問題ないですね。馬体重は429キロと変わりませんが、馬体には艶が出てきましたし、体調は上向いています。まだ具体的な移動日は聞いていないので、こちらでは引き続き馬の状態を見ながら乗り進めていきますよ」

14.05.22
(山元トレセン)
担当スタッフ「今週から坂路では15-14を行っています。週末は15-15を予定していますが、動きは変わらず良好ですね。馬体重も微増ですが429キロと増えたのは好材料。もう少し体が増えてハリ・ツヤも上がってくるといいですけど、まずは順調に進めることができているかと思います。厩舎からは近々の移動という連絡を受けています。まだ日時は確定していませんが、移動を意識しながら、引き続き坂路主体のメニュー構成で進めていきます」


レッドファルダ
レッドファルダ
14.05.30
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1本(1000m)。馬体重528キロ。
直線ダート走路でハロン16秒のメニューを消化しています。焦らずじっくり乗り込んできたことで、少しずつトモや腰周りに力が付いてきた印象です。目方は増えていますが、バランスが悪くなった感じはなく、筋肉の張り出しも良くなっていますよ。まだこれからといった印象はありますが、焦らず良さを引き出してやりたいと思います。


レッドルヴァン
レッドルヴァン
14.05.30
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1~2本(1000m)。馬体重492キロ。
直線ダートで常時ハロン17~16秒、現在は週4回2本登坂の日を設け、そのうち2回は3F45~44秒のメニューを組んでいます。しっかり負荷をかけていますが、馬体減もないですし、馬体の充実ぶりが目立っています。精神的な成長も顕著で、走る際の集中力も増していますし、坂も前進気勢十分にまっすぐ駆けあがってきます。とても好調なので、この調子で乗り込んで行ければ問題ないでしょう。


レッドアナベル
レッドアナベル
14.05.30
(社台ファーム)
マシン運動120分。パドック放牧。馬体重446キロ。
引き続きマシン運動の調整で楽をさせています。体は牝馬らしくふっくら丸みを帯びていますし、気持ちもリフレッシュしたのか落ち着きがあるのも良いと思います。体調は問題ないので、再開のタイミングを検討していきます。


レッドクレア
レッドクレア
14.05.30
(ノーザンファーム早来)
現在は週3~4日屋内周回コースをキャンター2400m、週2~3日坂路コースをハロン15-16(3F)のペースで調教を行っています。着実に体力がついてきていることから、この中間から坂路調教のペースアップを図りました。変わらずしっかりとした足捌きで登坂しています。入念に基礎強化を図ってきたことで踏み込みも深くなり、地面をしっかりと捉えた走りが出来るようになってきました。ペースアップ後も体調面に不安はなく、飼葉の食いも良好で元気いっぱい。リズムよくメニューを消化することができていますので、引き続き適切な負荷をかけていき、さらに本馬の良い面を引き出していきます。馬体重は491キロです。


レッドカノーヴァ
レッドカノーヴァ
14.05.30
(ファンタストクラブ)
屋内ダートコースにてキャンター2000~2800m、週2回坂路、ゲート練習。
担当スタッフ「先日、鹿戸調教師と三浦騎手が来場した際に、三浦騎手に跨ってもらい速いところをやりました。3頭併せで他の2頭にもジョッキーが跨っていたので、4Fから15-15の淀みないペースでしっかりとした併せ馬になりましたが、その中でこの馬は終い馬なりで12.7~12.8を出していました。三浦騎手も喜んでいましたよ。『この馬いいですね。息も出来ています。ぜひ競馬でも乗りたい』と先生にも直訴していました。先生の方はそれにははっきりと答えていませんでしたけど(笑)。体型的にはまだクビが太くトモ高で成長の余地を残しています。それでも今回のジョッキーをはじめ、乗り役の誰もが背中の良さを実感する馬ですし、あとは体が変わってくればというところですね。速いところをやった翌日も歩様は問題ないですし、脚元もしっかりしています」



東京の2歳のみなさんはみんな順調ですね。ここまでアクシデントらしいアクシデントなくきているのは何よりです。まずは無事にいくことからですからね。
レッドペルルは強い調教のあとにトモに疲れってコメントが少し気になりましたけど、問題ないでしょう。じっくり地力をつけて秋を迎えてくれれば、と思います。
レッドラミアはこのメンバーの中ではやや進んでいると思いますが、基本は秋デビューだと思います。ゲート試験目的に早ければ来月あたりに入厩があるかもしれません。
レッドファルダが大型馬でもあるし、一番ゆっくり進んでいる感じかな。年明けの競馬かなあと思いますので、まだまだじっくりと、でしょうね。
レッドルヴァンは残口わずかになったようですね。完売目指して販促も入っている感じですが、いい感じだと思います。秋目標になるでしょうね。
レッドアナベルはいいリフレッシュになったんじゃないかと思います。馬体もだいぶふっくらしてきたし、そろそろまたペースを戻していくでしょうね。
レッドクレアはどんどんよくなってきているところなんじゃないかな。この馬も秋にどんなふうに成長しているか楽しみです。
レッドカノーヴァはいいですね。三浦騎手のコメントもいいですね。ただ、デビューしたら他の騎手に乗ってほしいかな。





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment