flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

うちのお馬さんの近況です(東京TC2歳馬)

Category東京TC2012世代
東京サラブレッドクラブの2歳のみなさんの近況です。


レッドペルル 父ディープインパクト 母フェルメールブルー 牝 石坂厩舎
14.06.13
(吉澤ステーブル)
この中間もダートと坂路を併用してじっくり乗りながら、時に14-14程度の強めのメニューも取り入れ、更なる成長と体力強化を図っています。まだ毎週定期的に15-15をやるといった形ではないのですが、それも疲れを蓄積させないための事前対応ですし、調整自体は順調です。牝馬にしては立派な馬体をしていますが、まだ芯からはしっかりし切っていないところもありますし、この馬に合わせたメニューで進めた方が後々のためにも良いはずですからね。石坂先生からも大切に育てて欲しいと言われていますので、過保護になりすぎずかつ攻めすぎず、バランスのよい調整を心がけていきます。周囲の馬に感化されてテンションの上がる面が見られますが、走っている時は集中できているので特に心配はしていません。このまま継続していきます。


レッドラミア 父ディープインパクト 母マウントコブラ 牝 藤原厩舎
14.06.12
(山元トレーニングセンター→藤原厩舎)
本日、栗東トレセン・藤原厩舎に入厩しました。

14.06.05
(山元トレセン)
担当スタッフ「今週は火曜日に坂路で25秒6(2ハロン)を消化。来週の検疫が予定されているとのことですので、週末は普通キャンターで調整して、移動に備える方向で考えています。火曜日ははじめて強めにやりましたが、はじめての割にはしっかりと動けましたね。稽古後の感じも良かったですよ。もっと上がってきて欲しいとも思いますが、毛艶は先週よりも良くなったように感じますし、体調面は問題ありません。まずはゲートでしょうけど、新しい環境でも頑張ってもらいたいですね」


レッドファルダ 父ゼンノロブロイ 母レックスレイノス 牡 友道厩舎
14.06.13
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路(1000m)1本。馬体重522キロ。
前回同様、直線走路でハロン16秒のメニューを継続中です。見た目の立派な馬体からすると、まだ中身は伴っていない印象があります。背・腰がしっかりしてくれば変わってきそうな感じなので、慌てずじっくり取り組んでいきます。成長はゆっくり目ですが、調整自体は休まず順調なので、乗り進めていけばどこかで変わってくるはずですよ。


レッドルヴァン 父ネオユニヴァース 母サヤカ 牡 尾関厩舎
14.06.13
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路(1000m)1~2本。馬体重490キロ。
直線ダートで常時ハロン17~16秒、週4回2本登坂、そのうち2回は3F45~44秒のメニュー。前回からメニューに変わりはないですが、この中間もきわめて順調にきています。相変わらず動きや気配も良く、走りを見ると、ずいぶんと馬が弾んできたなぁという印象。それだけ躍動感のある動きということです。楽しめそうな馬と言っていいでしょうね。


レッドアナベル 父King's Best 母アルレシャ 牝 安田厩舎
14.06.13
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1本(1000m)。馬体重443キロ。
この中間から騎乗調教を再開しています。充電効果で以前より力みもないですし、リラックスして走ることができています。ペースとしてはまだハロン17秒程度ですが、休養前の動きは上々でしたし、やり出せば早そうなタイプですからね。これからじっくりとペースアップしていきます。


レッドクレア 父Makfi 母スプリングシーズンⅡ 牝 大竹厩舎
14.06.13
(ノーザンファーム早来)
現在、週3日は屋内周回コースをキャンター2400m、週1日は坂路コースをハロン15-15(3F)、週2日ハロン16-16のペースで調教を行っています。馬体は順調に成長しており、全体的に筋肉がついて力強さが伝わる体つきになってきました。調教の動きもここにきて格段に良くなっており、速いペースでも最後までリラックスしてしっかりと走り切ることが出来ています。一方で、遅いペースでは、やや行きたがる面を見せますので、乗り込みながら走りのオンとオフをコントロールすることを教えていきます。ここにきてグングンと力をつけてきているように、鍛えられながら、さらに大きな変化を見せてくれそうです。馬体重は494キロです。


レッドカノーヴァ 父キングカメハメハ 母スープリムゴディス 牡 鹿戸厩舎
14.06.13
(ファンタストクラブ)
この中間も前回同様のメニューを順調に消化しています。毎週坂路で定期的に15-15を乗っていますが、疲れも見せず、飼い食いが落ちるようなこともありません。この馬は速いところをやった翌日でも、痛いところや疲れが出ないんですよ。乗り味の良い馬ですし、身体がやわらかいので、ダメージが残りにくいのではと考えています。まだ体型は幼い面を残しているので、理想としてはもう少し胴が伸びてくればと思いますが、これは成長と共に解消してくるものでしょうから、そのためにこちらで何かするということはありません。今の段階でも良い動きのできる馬なので、成長を阻害することなくじっくりと乗り込みを重ねていけば、自然と良い形に繋がると思っています。



みなさんデビューに向けて順調にきていますね。まずは順調なことが一番です。
レッドペルルは夏を越してどれだけかわってくるのか楽しみです、石坂先生も期待されているようですし、このまま順調にいってくれれば、と思います。秋が楽しみです。
レッドラミアは入厩しましたね。ゲート試験を合格させてまた放牧だと思いますが、ここまで順調にきているからこその入厩ですからね。まずはしっかりゲート試験合格を目指してほしいです。
レッドファルダはたぶんこの中では一番ゆっくりめかな。このままじっくり進めていけば、秋にはだいぶ変わってくるでしょう。大型馬ですが、脚元などの不安もなさそうだし、引き続きじっくりいきましょう。
レッドルヴァンは残口わずかと言うこともあって販促も入っているんでしょうけど、このまま順調にいきば秋にいい形で移動できるんじゃないかと思います。
レッドアナベルは一息入れて馬体も増えたし、よい充電になったようですね。非常に期待している馬ですし、順調にいってくれれば秋が楽しみです。
レッドクレアは残口が多いので販促も入っているかもしれないけど、順調そうなのがなによりですね。この感じだとこのまま順調に夏を越していけば秋には入厩もありそうですね。
レッドカノーヴァはこのままじっくり力をつけて秋に移動になると思います。おそらくやや晩成タイプなんじゃないかと思いますが、血統的な魅力が非常に大きい馬なので、秋が楽しみです。



よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment