flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

うちのお馬さんの近況です(東京TC2歳馬)

Category東京TC2012世代
昨日で東京サラブレッドクラブの2歳馬募集は締め切りとなりました。もう出資するつもりはなかったし、予算もないんですが、一応募集最終日ですから改めてチェックしました(笑)やっぱり血統的な思い入れでほしかったのがヘブンリークルーズの12ですね。タックスヘイヴンの血統には1度出資してみたかったし。ちょっとだけ悩みましたが、予算ないのはどうにもならんので、残念ながらご縁がありませんでした。もうこれで次なる1歳の募集に気持ちがシフトしました。
さて、東サラ2歳馬のみなさんの近況です。

レッドペルル
レッドペルル
14.06.30
(吉澤ステーブル)
この中間も坂路を中心にダートコースも併用してじっくりと乗り込んでいます。新たにグラス坂路やBTC内のゲートで発馬練習なども経験させていますが、しっかり対応してくれていますし、メンタル面の強化は順調に進んでいる印象です。坂路ではコンスタントに15-15を切るぐらいのところを消化していますが、やりながら馬体重は503キロまで増加。もちろん太めということではなく、各部の筋肉量が増したことによるものでしょう。ただ、雄大な馬体ではありますが、まだハロン13秒程度まで上げてくると、調教後の疲労と飼い食いの細さが目立つ現状ですので、さらなる体質面の強化は必要かと思います。石坂師も秋以降の始動を考えていますので、成長に合わせてじっくりと力を付けていければと考えています。


レッドラミア
レッドラミア
14.06.27
(社台ファーム)
6月25日社台ファーム到着。
担当スタッフ「無事に到着したものの輸送の疲れもあるのか、こちらにいた頃より元気がない印象でした。ただ、数日経って少しずつ飼い葉も食べるようになり、元気も戻ってきたように思います。脚元の方も特に症状に見せていません。もう少し様子を見ながら、今後の調整プランを検討していきます」

14.06.20
(藤原厩舎)
藤原調教師「昨日の午後、歩様が気になったのでレントゲン検査を行ったところ、右前のトウ骨に軽い骨膜が確認されました。念のため併せて屈腱のエコー検査も行いましたが、炎症は見つかりませんでした。2歳のこの時期ですし、ここで無理をさせる必要はないですからね。しっかり立て直したいと思います。明日、山元トレセンへ移動し、当地を経由して社台ファームへ。馬の状況にもよりますが、現状では夏場は休養に充てて、秋以降の復帰をメドに調整というイメージを持っています」


レッドファルダ
レッドファルダ
14.06.30
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重530キロ。
この中間は直線走路2本乗りの日も設けるなど順調に調教進度を上げていましたが、先週右前を落鉄して釘を踏んでしまったため、現在は痛み止めを投与して治療を行っています。完治までは騎乗運動を控え、マシン運動のみでケアしていきます。休まず乗り込んではいましたが、まだこちらが期待するほどの良化が見られなかったので、この休養がきっかけとなればと思っています。


レッドルヴァン
レッドルヴァン
14.06.30
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路(1000m)1~2本。馬体重502キロ。
直線ダート走路で常時ハロン17~16秒、週4回2本登坂で3F45~44秒のメニューも問題なくこなしています。ここ一連ずっと好調ですし、きついメニューにもしっかり応えてくれています。馬体重もじわじわ増加して500キロ超。芦毛で分かりにくいですが、馬体は丸みと弾力性があって各部の筋肉も強化できています。近々、山元トレセンに移動してトレセン入りに備えることになっています。


レッドアナベル
レッドアナベル
14.06.30
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1本(1000m)。馬体重436キロ。
直線ダート走路ハロン17秒を1本のメニューです。休養から順調に立ち上げることが出来ています。小柄ですが、馬体には丸みがあってバランスの良い馬です。走りも以前同様、軽さと弾力があって良いですね。鞍上の指示に従ってスムーズに動くことが出来ます。今後は馬力面の強化を課題としてペースを上げていきます。


レッドクレア
レッドクレア
14.06.30
(ノーザンファーム早来)
現在、週3日は屋内周回コースをキャンター2400m、週1日は坂路コースをハロン14-15(3F)、週2日はハロン15-16のペースで調教を行っています。調教の負荷を徐々に高めていっていますが、体力がついたこともあり、疲れを見せることも無くなってきました。気持ちの面でも大分余裕が出てきたこともあり、最後まで集中して調教に取り組んでいます。心身の成長が伴って良い軌道に乗ってきた印象。スピード感、力感とも日毎に増している印象で、充実したトレーニングを消化し、吸収することができているようです。脚元や気持ちの面で気になる点の見られない馬ですので、今後も乗り込みながら更なる良化を図っていきます。馬体重は498キロ。


レッドカノーヴァ
レッドカノーヴァ
14.06.30
(ファンタストクラブ)
マシン運動30分、常歩2400m、ダク800m、キャンター2800m(1600+1200)、週2回キャンター2000m後に坂路。馬体重470キロ。
週2回の坂路では1200mを序盤は20秒、徐々に18、17秒ぐらいまでピッチを上げ、残り3Fから15-15、ラスト1Fは13秒ぐらいで乗るようなラップを刻んでいます。週2回のうち1回は併走であったり、若干ペースが遅い日もあったり、状態に合わせてメリハリは利かせています。坂路に入れない日にはゲート練習も行っていますが、出は速い方ですね。写真を見ていただいても分かると思いますが、徐々に馬は変わってきています。首さしにも伸びが出てきました。後はもう少し胴が伸びて欲しいところです。まだ若駒特有の緩さも感じられますので、実が詰まって芯からしっかりするのはこれからでしょう。ただ、動きに関してはずっと良い感触ですし、これだけ順調にメニューを消化できているというのが何よりです。馬の成長進度もありますので、明日明後日にすぐ変わり身がありましたなどということはないのですが、日ごと成長は感じています。このまま鍛錬を続けさらに成長を促してやりたいですね。



レッドラミアが一息入れることになってしまったし、どんなに早くても夏の間のデビューはなさそうです。そのかわり秋からみなさん動き出すんじゃないかな、と思っています。レッドファルダが大型馬でもあるし、年明け以降のイメージですが、それ以外は基本は年内だと思っています。順調にいけば秋のみなさんが楽しみです。




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

1 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014/07/27 (Sun) 23:50 | REPLY |   

Post a comment