flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

日本百名城、長篠城へ

Category旅行
今回の旅行、最大の目的は長篠城へ行くことでした。昨年も東海地区の城をまわりましたが、長篠城へは行けませんでした。第二東名の開通により以前よりも車でのアクセスは向上しましたが、鉄道を利用すると飯田線しか方法はなく、しかも本数が少ないですからね。そこで、今回は長篠近くの湯谷温泉に宿をとり、訪問しました。


長篠城
長篠城
長篠城
長篠城へは飯田線の長篠城駅より歩いて10分ほど。ご覧のとおりほとんど面影は残っていません。
ただし長篠城の対岸へ行くとこの城の凄さがわかります。

長篠城
川の対岸から見た長篠城です。言われなければお城があったとは思えませんが、この写真の中央部、2つの川が合流するところにあるのが長篠城址です。この立地を見るとこの城が難攻不落の城だったのが想像できますね。

ところで、長篠城と言えば織田信長が武田勝頼を破った長篠の戦が有名ですが、その長篠の戦の直前に長篠城が落城寸前だったのを救ったのが鳥居強右衛門です。落城寸前の長篠城から織田信長と徳川家康に援軍を求めるべく岡崎城へ行き、その帰りに武田軍につかまってしまいます。そして、長篠城に向かって“援軍は来ない”と叫べば命は助けると武田勝頼に言われたものの、彼はかまわず“援軍はすぐそこまで来ているから頑張れ”と叫び殺されてしまいます。彼の命をかけた行動で城兵は元気づき、ついに武田の猛攻を持ちこたえたのです。

長篠城
長篠城
下の写真は見にくいのですが、鳥居強右衛門が磔にされた場所に建てられた石碑です。現在では気が生い茂り、わかりにくいのですが、長篠城とは目と鼻の先です。実際に行ってみて、少し当時の臨場感が伝わってきた気がしました。

大通寺
大通寺
再び長篠城のほうに目を向けると、城のすぐ後ろには大通寺というお寺があります。

大通寺
大通寺
この寺には長篠の戦前夜、馬場信房や内藤昌豊、山形昌景らが別れの杯をかわしたという井戸の跡が残っています。

大通寺
わかりにくいのですが、これがそうです。杯井と言うそうです。

ちなみにこの大通寺から100mばかりいくと武田勝頼の本陣跡も残っています。長篠城は交通アクセスはかなり悪いので、苦労します(実際、昨日は長篠城へ行こうと思ったら飯田線が信号事故で1時間遅れ…。えらい目にあいました…)けど、ぜひ時間を多めにとって散策してみるといいと思いますよ。



よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment