flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

うちのお馬さんの近況です(東京TC2歳馬)

Category東京TC2012世代
東京TCの2歳のみなさんの近況です。


レッドペルル
レッドペルル
14.10.31
(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重490キロ。
この中間も順調に調整していて週に2本15-15を消化しています。走りには徐々に鋭さ出てきていて体調は上向きつつあります。手を焼くほどではありませんが、牝馬特有のチャカチャカしたところがあり、物音などに敏感な面も感じられます。

14.10.24
(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重482キロ。
この中間も順調に調整していて、今週水曜日には15-15も消化しました。坂路を駆け上がっている時は伸びのある良いフォームで走っていますが、周回コースにいくとフォームがバラバラになってしまいます。素質は感じさせますが、まだ体力と筋力が不足しているようですので、しっかり乗り込んでいくことにしています。


レッドラミア
レッドラミア
14.10.30
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重490キロ。
引き続き左前肢の状態を見ながらの調整です。60分ずつのマシン運動を2回に分けて乗っています。この中間も大きな変化は見られませんが、心身の状態は安定していて毛づやも良く体調面は問題ありません。

14.10.24
(社台ファーム)
マシン運動120分。
今週もマシン運動を続けながら脚元のケアを続けています。左前肢の状態は落ち着いていますし、もちろん悪くなるようなことはありません。とはいえ完全に固まるまでにはある程度の時間を要する見立てが出ています。素質を秘めている馬だと思いますし、パンとすれば必ず走る馬だと思っていますので、忍耐強くやっていきます。11月に入っての経過次第ではメニューに前進が見られるかもしれません。


レッドファルダ
レッドファルダ
14.10.31
(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩4000m、ダク1200m、周回キャンター1200m、直線1000m。馬体重530キロ。
常時直線ダート走路でF17-16秒、週2回15-14秒のメニューを消化しています。乗り込みを続けながら徐々に終いまで粘り強い動きができるようになっています。馬体は増えていますが、太めというよりは筋肉が付いてきた面が大きいと思います。肌艶も良く体調も良好ですので、もう少しこちらで鍛錬を続けていきます。


レッドルヴァン
レッドルヴァン
2014.11.01
11月1日レース後コメント
田辺騎手「返し馬でも元気がありましたし、テンションも何とか我慢していたので状態は良かったと思います。スタートは良かったのですが、大外だったぶん、どうしてもあのくらいの位置取りになりますね。口向きに難しいところはあるのですが、思ったよりペースが流れてくれたので、あまりモタれるところもなく、スムーズに追走することができました。直線も我慢したぶん頑張って伸びてくれましたが、最後は苦しくなったのか内にモタれ気味になってしまいました。まだ中身がしっかりしていないものの競馬の内容は良くなりましたし、テンションが上がらなければ使いながら良くなると思います」

尾関調教師「前にきた馬は内枠でしたし、今日の結果は枠順もあった感じですね。初戦よりレース内容も良かったですし、まだこれから変わってくると思いますよ。この後は馬のテンションや状態を見て、どうするかを考えます」

2014.10.30
(尾関厩舎)
角馬場で運動。
攻め厩務員「昨日追い切ったので、今日は角馬場での運動で調整しました。出掛けの歩様もしっかりしていましたし、今日の運動でも以前に比べてトモがパンとして良くなって来た印象ですね。気持ちの面でもだいぶ落ち着いて来ているので、あとはレースに行ってしっかり動ければ結果は出せると思います」

2014.10.29
(尾関厩舎)
ダートコースを半周後、ウッドコースで追い切り。
10/25(土) 坂路 57.6-41.2-26.7-13.1 馬なり
10/29(水) ウッド 68.3-53.2-39.8-13.5 強め
助手「今日はダートコースを半周してから、ウッドコースにて縦列を組んで単走で追い切りました。下ろしがけから脚運びはスムーズで、焦って気持ちが先走ってしまう事もなく、道中もリズム良く動けていました。直線に向いてからも良い脚を長く使えていましたし、ゴール板を過ぎてからの向こう流しでも馬に余裕がありましたね。手応えが良かったので前の馬に追いつくくらいの勢いでしたよ。先週の追い切りからリングビッドを使っているのもあって、左右にフラつく面も解消されていますし、状態も上がっていますね」
尾関調教師「先週末に坂路で追い切った時も良い動きでしたし、今日は単走でしたがしっかり動けていましたね。走れる状態に仕上がったので、予定通り今週使う事にします。一度使った事で今回はレース運びにも余裕が出てくると思います」


レッドアナベル
レッドアナベル
14.10.23
(山元トレセン)
担当スタッフ「明日から坂路で15-15をはじめます。火曜日は先週同様16-17という内容。動きも気配も問題ないですね。順調にきていると思います。馬体重は446キロ。無駄肉が削げ落ちた感じですかね。もう少し馬体にメリハリがついてくればとは思いますが、胸も深いですし、全体の雰囲気は悪くありません。ここまで稽古の様子も良好ですので、さらにペースを上げていってどうかというところ。飼葉も食べてくれていますし、不安材料も特にないですからね。15-15から先に進めての動きに注目しています」


レッドクレア
レッドクレア
2014.10.31
(大竹厩舎)
本日、ゲート試験を受験しましたが不合格となりました。
10/31(金) 坂路 69.4-50.4-32.7-16.3 馬なり
大竹調教師「今日は坂路を1本上ってから、ゲート試験を受けました。入りも良くなっていて、駐立も問題なかったのですが、ゲートが開いてからの反応が悪く、スタートが遅いため不合格になりました。この後は脚元の状態なども見ながら進めて行き、来週再度試験を受けたいと思います」

2014.10.30
(大竹厩舎)
ダートコースを1周半後、ゲート練習。
助手「昨日に引き続き、ダートコースをダクとハッキングを交えながら1周半してから、ゲート練習をしました。今日はダートコースに入るのを拒んだりしていましたし、運動中も気負いながら走っていましたね。そういったところがゲート練習にも出てしまい、今日は最初の入りも嫌がっていましたし、促しても自分から進んで行く気配がなく、後ろからゲートの係員に追ってもらわないと入りませんでした。中での駐立も少しソワソワしているような感じでしたね。スタートは普通に出られたので、2本目はスタートの練習はせず、入りと駐立を何度か確認しました。今日は全体を通して馬に覇気がなかったので、無理をして負担を掛けないようにしたいと思います」
大竹調教師「今日は馬に活気がなく、終始気負うような面がありましたね。牧場でも脚元に疲れが溜まりやすいところがあったようですが、ずっと気を張っているせいか、馬体にも見えない疲れが出ているのかも知れません。ゲートの方は試験を受けても大丈夫なレベルにあると思うので、今日の午後からの状態を見ながら、明日ゲート試験を受ける事も考えています。試験に合格した場合は、無理せずに一度リフレッシュ放牧に出す事にします」

2014.10.29
(大竹厩舎)
ダートコースを1周半後、ゲート練習。
助手「今日はダートコースをダクとハッキングを交えて1周半回ってから、ゲート練習をしました。先週金曜日に練習した時は、入りはスムーズでしたが中での駐立で立ち上がろうとしていたので、警戒しながら練習していましたが、今日はそういった面は出しませんでしたね。多少ゲート入りを嫌がるところはありますが、促せばちゃんと入ってくれますし、全体を通してスムーズに練習できましたよ。スタートは2回出しましたが、反応も良かったのでこの点は心配ありませんね。ただ、牧場にいる時からそうだったようですが、少しハミに乗っかって走っているので、今日のダートコースでは馬の状態を起こしては前に出す、というのを繰り返しながら走らせました。この後も上手く体を使えるフォームで走れるよう、普段の稽古から矯正して行きたいと思います」
大竹調教師「先週のゲート練習では気の悪さが気になりましたが、今日はそこまでうるさいところは出さなかったですね。スタートもしっかり出ていたので、この後もしっかりゲート練習をして行けば大丈夫だと思います。まずはゲート試験合格に向けて進めて行きます」


レッドカノーヴァ
レッドカノーヴァ
2014.10.31
(鹿戸厩舎→ノーザンファーム天栄)
予定が1日早まり、本日ノーザンファーム天栄へ放牧に出ました。

2014.10.30
(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
攻め厩務員「昨日ゲート試験に合格して土曜日に放牧予定なので、今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。普段はとても大人しくて扱いやすく、曳き運動の時もマイペースで歩けていますよ。ゲート試験も練習回数が少なかったのにも関わらず、1回目で合格できるくらいなので、対応力やセンスがある馬だと思います。一度放牧に出ますが、しっかり状態を整えて帰って来て欲しいですね」

2014.10.29
(鹿戸厩舎)
坂路下馬場で運動後、坂路1本。その後、ゲート試験(合格)。
10/29(水) 坂路 64.3-47.6-31.6-15.4 馬なり
木幡初也騎手「今日は坂路下馬場で運動してから坂路を1本登坂して、最後にゲート試験を受けました。ゲート試験では入り、駐立ともスムーズでしたね。1本目のスタートは促さないと出て行きませんでしたが、2本目はゲート内でハミをしっかり掛けてから構えて出したので、スタートは良かったですよ。坂路で乗っている時からそうなのですが、単走だと気持ちがフワフワした感じで、とぼけながら走っています。それでも後ろから馬が来ると自分からハミを取ってやる気になっているので、時計が速くなった時の方が動きは良くなると思いますよ」
鹿戸調教師「ゲート練習でも変な癖はなかったので、練習のつもりでゲート試験を受けてみました。まだ促さないと出て行かない感じはありますが、しっかり反応はしていますし、ひとまず合格できて良かったです。この後は厩舎に置いて進めて行く事も考えましたが、ゲタウイルスで一頓挫ありましたし、ここで一息入れようと思います。今週土曜日にノーザンF天栄へ放牧に出す予定です」



レッドルヴァンの次のデビューはもう少し時間かかりそうですが、順調さを欠いているレッドラミア以外はまずまず順調に進んでいますので、もう少しの辛抱かな。
レッドペルルはもうしばらく乗り込みが必要そうですので、年内のデビューはちょっと難しいかもしれませんが、焦っても仕方ないですしね。ただ、物音などに敏感ってのは少し気になりますね。
レッドラミアは引き続き我慢、我慢ですね。しばらくの間は脚元がしっかりするまで待つことといたしましょう。
レッドファルダは順調に乗りこめている反面、少し馬体のバランスが崩れたような気もしますが。まだ時間かかりますね。もともと年明け行こうに動きがあるだろうと思っていたので、それほど気になりませんけど。
レッドルヴァンは一昨日がまずまずの競馬でしたし、勝ち上がりは近いと思っています。とは言え、次で決めたいですね。
レッドアナベルは入厩が近づいてきていると思います。山元でもう少し乗りこんだら入厩になるんじゃないかと思います。もう少し馬体に力強さがほしいけど、スピードありそうだし、やはり期待できる馬だと思っています。
レッドクレアはできれば今週にゲート試験合格させて一息入れさせてあげたいですね。環境の変化にとまどったりしてちょっと疲れているのかもしれません。
レッドカノーヴァはゲート試験に合格してNF天栄に放牧になりました。正直、天栄ではなくミホ分場とかかと思っていましたので、天栄でよかったです。今週、天栄に行く予定なので会えることになりました。楽しみです。




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment