flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

追加出資検討(東京TC2歳馬)

Category東京TC2013世代
3月になりましたので、予定通り東京サラブレッドクラブで追加出資を行いたいと思います。そこで、現在候補になっている馬達をチェックしたいと思います。


リアリーハッピーの13

父キングカメハメハ 母リアリーハッピー 牝 友道厩舎予定

15.02.27
(ノーザンファーム早来)
引き続き週2日は屋内坂路コース800mをハロン15-16で登坂、週4日は屋内周回コース2000mをハロン18秒のペースで乗り込んでいます。順調そのもので飼葉の喰いも良好です。これまではコンパクトに映っていた馬体ですが、全体の筋肉量が増してきて一回り大きくなっている印象です。今まさに骨格の成長期を迎えているようで、まだまだこれから良くなってくるはずです。調教で教えたことは着実に習得しており、高い学習能力を示しています。走りはこの時期としてはとても高いレベルにありますが、馬体・骨格の成長に合わせて、さらに力強さが増してくるのではないでしょうか。今後の変化が非常に楽しみな一頭です。成長を促しながら、引き続きしっかりと乗り込んでいきます。馬体重は436キロです。

15.02.13
(ノーザンファーム早来)
引き続き週2日は屋内坂路コース800mをハロン15-16で登坂、週4日は屋内周回コース2000mをハロン18秒のペースで乗り込んでいます。変わらず飼葉の喰いも良く、順調に調教が進んでいます。背中に伸びが出て体型が変わりつつありますが、調教でのフットワークは安定しており、良い方向に成長しています。馬体には幅が出て調教が確実に実になっている印象です。騎乗スタッフも、これからの調教に向けて下地がしっかりと出来つつあり、春がとても楽しみ、とこれからの成長に期待しています。まだ気性面では幼いところがありますので、乗り込みながら心身の成長を促していきます。馬体重は432キロです。


やはり早来育成の良血馬というのは非常に魅力なんですが、ここにきて成長が感じられます。先月、先々月に比べて馬体がグッと良くなってきた感じがします。いろいろ突っ込みどころがある馬だとは思いますが、血統どおりスケールの大きさは感じます。やはり欲しい馬だと思っています。

リアリーハッピーの13
1月末

リアリーハッピーの13
12月末

リアリーハッピーの13
11月末


遅生まれですし、そんなにあわてる必要はないのですが、ここまで非常にいい感じできていると思います。まあ残口もあるようですから販促のために多少ピッチをあげている可能性はあるよね(笑)


配合診断
母リアリーハッピーはベイメドウズオークス(米G3・ダ8.5f)勝ち馬で、繁殖としてもこれまで出走産駒5頭が全て勝ち馬となっており、うち3頭が3勝以上をあげています。また孫のSo Many Wayは米G1スピナウェイSを勝ちました。母の父Avenue of FlagsはBold Ruler 4×4、Princequillo 5×5、Striking=Busher≒Busanda 5・5×4という父母相似配合で、2代母Dear Lauraのところには仏ダービー馬Youthなど傍系のスタミナやパワーが強く、全体としてSeattle Slewらしさを強く伝える繁殖牝馬でしょう。そこへキングカメハメハですから、ケイアイエレガントやヒラボクキングやツクバコガネオーやスズカデヴィアスといった、母系にSeattle Slewが入る中距離向きのキンカメ産駒のイメージが描けます。自身はNorthern Dancer 5・5・7×4になりますが、母父Avenue of FlagsにNorthern Dancerの血が入らないのがよく、あまりケチをつけるところが見当たらない配合馬。牝馬なので芝1800~2000mをナスキロ柔さで走るタイプでしょう。

配合解説:望田 潤 / 栗山 求
(東京サラブレッドクラブHPより転載)



よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment