2015_07
19
(Sun)16:14

頑張れ3歳未勝利馬たち!!(東京TC出資馬)

関東地方もどうやら梅雨あけのようですね。これから暑さもいよいよ本番でしょう。今日もかなりの暑さですしね。熱中症にはほんと気を付けたいものです。
さて、暑さも本番なら3歳未勝利馬戦のほうもいよいよ残りが少なくなってきました。これから約2ヶ月、胃の痛くなるレースが増えそうです。しかも今年の3歳は未勝利馬がまだ9頭もいますんで…。なんとかあと3頭は勝たせてあげたいです。この世代には15頭出資して、勝ち上がりは5頭(レッドクレアは残念ながら見出走のまま点に召されました)です。あと3頭勝ち上がればなんとか出資馬の半分が勝ち上がりってのは達成できますから。やはりそこが最低ラインでしょう。もちろん1頭でも多くの馬に勝ち上がってほしいのは言うまでもありません。うちの3歳未勝利馬たちの近況です。


レッドペルル
レッドペルル
2015.07.16
(石坂厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 65.1-48.6-32.4-16.0 馬なり
助手「今日も普通キャンターの調整でした。坂路では押して押してという感じで、促さなかったらF18秒くらいになってしまうところでした。ここまでスイッチがオフになる馬はなかなかいないと思いますけどね。でもスイッチがオンになるのは、競馬場に行ってゲートが開いてからでいいので今はこの状態で大丈夫です。明日と日曜日はCウッドコースで乗りますがフラットコースでも一緒でまた促すことになりそうです。カイバは残さず食べていて体はふっくらしていますし、体調面にも何の心配もありません」

2015.07.15
(石坂厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 68.1-50.7-34.5-17.9 馬なり
助手「レースまで時間があるので、今週は時計を出さずに普通キャンターで調整しています。だいぶ機嫌は良くなっていますが、暑さのせいで不真面目になってしまって、厩舎から調教に向かう時もだいぶダラダラ歩いています。キャンター中だって何もしなかったら止まりそうなくらいで、仕事を忘れて楽しそうですからね。厩舎に帰ってご飯の時だけ元気になっているので、体は全然減らずに丸みがあってふっくら見せていますけど。使っているのにのんびりしていて、牝馬としては本当に珍しいタイプですが、来週からペースを上げて調整をしていくのでまた頑張ってもらいます」


レッドラミア
レッドラミア
15.07.16
(山元トレセン→藤原厩舎)
担当スタッフ「今日の検疫で入厩の予定とのことでしたので、昨日こちらを出発しています。この中間、背腰が張っていたのでショックウェーブを当てましたし、左前の骨瘤にも少し痛みはある様子なので、もう少し乗りながら様子を見たかったのですが、完全なワンクッションでの移動でした。調整メニューは坂路で17-17を1本。不安のあった脚元に関しては特に気にならなかったので、厩舎で乗ってみての感じになるかと思いますが、このまま競馬へ向かえるよう願っています。なんとか踏ん張って欲しいですね」

藤原調教師「今日の検疫で帰ってきましたが、到着後も特に変わった様子はなさそうです。時間はありませんが、脚元に不安がある馬ですから、坂路やプールで慎重に調整していこうと考えています。まだゲート試験にも合格していないので、ゲート練習もしていかないといけませんね。ラミアは2歳の早い時期にトレセンに入れたくらいで、当初からかなり期待している馬。能力は高いものを持っていると思っていますし、なんとかモノにしたいです」

15.07.09
(山元トレセン)
担当スタッフ「今朝、こちらに到着しました。輸送熱なども無かったですし、まずは無事に輸送をクリアしてくれたようです。歩様に気になる点は見られませんでしたので、体調に問題が無ければ、明日から17-17くらいで乗っていこうと考えています。こちらで乗り進めた感触で、栗東へ運ぶ流れになるかと思います。時間的な問題はありますが、いい形で送り出せるようにベストを尽くします。ザ石のことも申し送りにありましたが、これはもう心配する必要はないですね」


レッドファルダ
レッドファルダ
2015.07.17
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重523キロ。
坂路のみで調整を続けてきましたが、両前脚のソエの状態がだいぶ良化してきたことから、今日から周回コースでも乗り出しました。調教後は水冷やレーザーで治療をしていますが、このまま反動が出なければ、来週後半から徐々にペースを上げていくことにしています。

2015.07.10
(グリーンウッドトレーニング)
坂路1本。馬体重525キロ。
先週末にショックウェーブで治療を行ってから両前脚のソエの状態はだいぶ良化してきました。そのため今週水曜日から坂路で軽めに乗り出しています。前運動ではまだコトコトしていますが、走り出すと気になりません。今後もレーザーと水冷で治療を続けていきますが、帰厩までは脚元への負担を考慮し、坂路のみで調整していくことにしています。


レッドアナベル
レッドアナベル
2015.07.17
(グリーンウッドトレーニング)
マシンのみ。馬体重440キロ。
水曜日に入場しました。疲れは見られませんが、到着後は環境が変わった影響で飼い食いが安定してこないので、今日からカイバの種類を工夫して与えていくことにしています。今のところ来週水曜日から軽めに乗り出すことにしています。

2015.07.15
(安田厩舎→グリーンウッドトレーニング)
本日はグリーンウッドトレーニングに移動しました。
安田調教師「よく頑張ってくれているのですが、流れが向いた中で伸び切れなかったのは残念ですね。しっかり乗り込んでいる中で体はふっくら見せていたように、状態はとても良かったんですけど。レース後も大きなダメージは見られませんが、立て直しを図るため一旦放牧に出すことにしました。リフレッシュさせて状態が上向いてきたところでトレセンに戻して調整を進めます。次走は芝にするかダートにするかは決めていませんが、これまでとは違った条件のレースを試すことも考えていきます」


東京TCの3歳世代はレッドルヴァンとレッドカノーヴァが勝ち上がっていますが、やはりディープ牝馬2頭がいまだ勝ち上がっていないのは痛いですね。なんとか頑張ってほしいところです。
レッドペルルはちょっとパンチ不足な感じはまだありますけど、レースぶりはよくなってきてはいますね。前走なんかはもう少しやれたはずなんですけどね。古馬になってからさらによくなると思うので、なんとか1つ勝ってほしいです。十分勝ち上がりは狙えると思っていますが、なんとか次で決めてほしいです。その次走ですが、現時点では8/2の小倉の予定なんですが、よりによってベッライリスとガチになりそうです。8月の未勝利戦でディープ牝馬の2頭がガチってどういうこっちゃ
レッドラミアはついに入厩しました。ここまで本当に長かったですね。とはいえ、少々見切り発車的な入厩なのは否定できませんし、残された時間も非常に少ないです。せめて1回使ってスーパー未勝利といきたいが、ゲート試験もまだ合格していないわけですから一発勝負濃厚かな?なんとか藤原先生の手腕に期待するしかありませんね。
レッドファルダがソエが治れば十分勝ち上がりは狙えるとみています。小倉には十分間に合うだろうし、できれば次で勝負してほしいですね。1つ勝てば、じっくり使っていけますし、この馬は古馬になってそこそこいいとこいけるんじゃないかと思っている馬なので、なんとか次で決めてほしいです。できればルメールかデムーロにお願いしたいところです。
レッドアナベルはやはり芝で一回勝負したほうがいいのかな。調教の内容はかなりよくなってきていると思いますが、結果が伴わない。時間があれば面白いものをもっているかも、って気はしますが、いかんせん時間がない。次は乾坤一擲の大勝負で奇跡を起こしてほしいと願っています。
4頭への応援よろしくお願いいたします。



よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

No title

実は8/2はそっとシルクのビーラヴドも予定をしておりまして・・・・つらい戦いになります。

2015/07/19 (Sun) 22:45 | らじあんす | 編集 | 返信

No title

らじあんすさんおはようございます。
この時期の未勝利戦で芝の牝馬限定戦は限られてますからね…。胃の痛くなるレースになりそうです。

2015/07/20 (Mon) 05:42 | マタさん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック