flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

2012年産3歳馬総括

Category出資馬のこと
先週でスーパー未勝利が終了しましたので、3歳世代のここまでの総括をしてみたいと思います。
この世代、出資馬はシルク8頭、東サラ7頭の合計15頭でした。マタさん厩舎史上最多頭数の世代となりましたし、正直超大型補強の世代だったんですが、結果は…勝ち上がりが7頭、なんと半分に届きませんでした。まだ、レッドラミアがいるので、8頭になる可能性はありますけど、少なくとも中央の未勝利戦がある間には勝てなかったのは痛恨です。マタさん厩舎の黄金世代にしたかったんですけど、誤算だったことは認めざるをえませんね。

この世代の出資馬15頭です。


キッスアフィニティ
キッスアフィニティ
デビュー戦で1番人気を裏切り、休養をはさんだ2戦目で2いきなり2着にきたあとに重度のフレグモーネになったときはかなりやばいと思いましたが、5月の復帰初戦で見事に勝ち上がってくれました。まだまだこれからよくなる馬だと思うし、息の長い活躍をきたししています。


ステラグランデ
ステラグランデ
昨年の春でしたか、順調さを欠いて結果的にデビューが大きく遅れたのが痛かったですね。順調にきてればこんなことにはならなかったとは思いますが。彼には酷な言い方になりますが、全くといっていいほどいいところが出せなかったですね。大井の交流戦を現地応援しましたが、目を覆いたくなるような負けっぷりでしたしね。ちょっとかわいそうですらありました。第二の馬生で頑張ってほしいです。


ベッライリス
ベッライリス
さすがに1つは勝てると思っていました。やはり馬体が成長しなかったこと、これにつきますね。3歳の夏になっても馬体重が400kg程度ではやはり厳しいですね。当たり前のことですけど、馬体の成長ということを改めて考えさせられました。それでもデビュー戦2着のあと、順調さを欠かなければなんとかなったかもしれないんですけど、なんかレースを重ねるごとに内容が悪くなっていきましたしね。それと、このタイプの馬はこの厩舎では難しいかもしれませんね。


ポリアフ
ポリアフ
デビュー戦で悲惨すぎる大敗を喫した時は絶句しましたが、亡くなった後藤騎手が彼女に競馬を教えてくれて、北村友騎手が彼女の闘志にスイッチをいれてくれたおかげで、見事に勝ち上がりました。今後もダートでコツコツ頑張ってくれるんじゃないかと思います。あきらめずに頑張ることの大切さを教えてくれた馬ですが、心配なのははっきり言って厩舎。大丈夫なのかなあと素人ながら非常に心配です。いい話聞きませんからね。


ローブディアンジェ
ローブディアンジェ
デビュー戦では1番人気に支持されましたが、まさか1つも勝てないとは…。NF早来で中尾さんにすすめられて出資を検討し、私が電話で申し込みしたところで満口になったので、縁を感じていたんですけどねえ。思うに、最後の最後までこの馬の適性、そして脚質はつかみきれなかったのも誤算だったんじゃないでしょうか。


レーヌドブリエ
レーヌドブリエ
今のところこの世代唯一の2勝馬です。1つ勝つまではけっこう苦労したけど、その勢いでもう1つ勝ってゆっくり休ませることができたのは、この馬の今後を考えると非常によかったですね。一昨日の山中湖特別もまずまずの競馬でしたし、3勝目は目前だと思っています。良血に恥じない馬に育ってほしいですし、まだまだ良くなる馬だと思います。


プリモレガーロ
プリモレガーロ
もう少し時間があれば、とかダートに行かなきゃな、なんてタラレバも言いたくなりますが、やはり瞬発力不足だったのが痛かったかなあ。昨年のPOG本なんかでもそこそこ登場してたからってわけでもないけど、素質はそこそこあったと思うんですよ。まあ仕方ないですね、。血統はいいわけだからお母さんとして頑張ってほしいですね。


カルナヴァレスコ
カルナヴァレスコ
この世代で唯一の新馬勝ちとなりました。デビュー戦は超がつくどスローなレースでしたが、レースセンスのよさできっちり勝ってくれました。そこからは順調さを欠いていますが、ようやく復帰できそうです。調教師のリップサービスが気になりますが、順調に使えるようなら来年が楽しみです。


レッドペルル
レッドペルル
昨年末に入厩したあとに頓挫があったのが今にしてみると痛かったですね。4月の福島でデビューしてから結果的に最後のレースになった小倉までずっと厩舎で頑張ってくれました。馬もかなりストレスたまったり、疲れたりってことだったんじゃないかと思います。ノースフライトの孫っていう思い入れもあったし、一度も会うことなく引退になっちゃったことが心残りです。


レッドラミア
レッドラミア
うちで一番最初にデビューするかなあと思っていたのに、一番最後のデビューになってしまいました。この事実がすべてではないかと思います。スーパー未勝利を前に熱発したり、運もなかったけど、名古屋で再出発することになってよかったです。1日も早くまた中央のターフを走ってほしいと思っています。早めに2つ勝てれば来年が楽しみになりますからね。この馬の中央での勝利を私はあきらめてませんから!


レッドファルダ
レッドファルダ
特に大きく順調さを欠いたわけではありませんが、大型馬でもありましたし、デビューまで時間かかりましたね。それでもデビュー戦の内容から勝ち上がりは大丈夫だと思っていましたが、予想に反して苦労しましたね。しかし、スーパー未勝利目前でいきなり芝に変更する奇策があたって見事に勝ち上がりました。まだまだよくなるのはこれからの馬ですし、この馬は意外といいところまでいってくれるんじゃないかと期待しています。


レッドルヴァン
レッドルヴァン
デビュー以来堅実に走っていたのですが、なかなか勝ちきれず、ちょっとこれはまずいかもと焦りが出始めた矢先にダートで強い競馬をして勝ち上がってくれました。そのあとの2戦はもう1つでしたが、まもなく待望の復帰となるでしょう。ダートで堅実に頑張ってくれる馬になってほしいですね。


レッドクレア
レッドクレア
非常に残念ながらデビューの日を迎えることなく天に旅立ってしまいました。たまたまなのかどうかわかりませんが、北海道を出てから症状がひどくなっていったように思います。訃報を知った時の驚きは忘れられません。今頃天国で元気に走っているかなあ…・。


レッドアナベル
レッドアナベル
結果的に体力不足だったのかどうかはわかりませんが、なかなか思うように成長していかなかったように思います。調教ではかなりいい動きをするようになってきたんですけど、残念ながら時間がなかったですね。適性は芝だったと思いますが、なかなか芝を使えず適性のなさそうなダートを使わざるをえなかったのも痛かったですね。ただ、血統は素晴らしいので、繁殖として期待できるんじゃないかと思います。


レッドカノーヴァ
レッドカノーヴァ
勝ち上がってからの2戦がさっぱりでしたが、これは明らかに使い方に問題があったのは明らかなので、立て直せば走ってくるはずです。素晴らしい血統構成ですし、来年は飛躍してうちの看板馬になってほしいです。それくらい期待していますよ。


この世代、まとめると残念ながら3頭のディープ牝馬が不発に終わってしまったこと、このことにすべてが集約されているように思います。また結果的に順調さを欠いてしまった馬が少なくなかったですね。いろいろ学ぶことも少なくなかったので、今後の出資戦略にいかしていければ、と思います。




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

2 Comments

ぼんちゃん  

牝馬は難しい★

マタさん、こんばんは☆
3歳馬この世代はご一緒馬珍しく4頭も居ましたが、牡馬・牝馬で明暗別れてしまましたね。

それでもキッスアフィニティも一時はヤバい感じでしたし、カルナヴァレスコも新馬で勝ててなければ危なかったかもしれません。
紙一重なところもあるけど、やっぱり牝馬は順調さを欠くと立て直しが難しい印象は強いです。

私も3歳は高額ディープっ子に3頭も行きましたが、牡馬のロードユアソングは勝ちあがれたけど屈腱炎ですし、カナロアの下のヴィーヴルはとんでもない気性難で競走馬として失格でした。
レッドラミアだけでも何とか帰ってきてもらいたいものですね。

ディープは選ぶならやはりNFの関西馬で大きめのお馬さんが良いですね。
日高のお馬さんは値段の割にリスクが高いです(^_^;)

2015/10/13 (Tue) 23:23 | REPLY |   

マタさん  

No title

ぼんちゃんさんこんにちは。
台湾行ったりしてて遅くなってすみません。
キッスアフィニティとカルナヴァレスコは来年の成長を楽しみにしていますが、レッドラミアも順調に中央復帰を果たせれば楽しみはもてると思いますよ。
しかし、ディープの産駒に出資して外すとダメージ大きいですねえ(汗)

2015/10/24 (Sat) 14:10 | REPLY |   

Post a comment