flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

アクシデントが続く…

Category出資馬のこと
よくもまあこれだけアクシデントが続くもんです…。冗談抜きでお祓いが必要なんでしょうかね


メジャースタイル
メジャースタイル
2015/10/16 <所有馬情報>
メジャースタイル 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき 16日付けで中央登録を抹消 調教内容:ウォーキングマシン調整 次走予定:未定 厩舎長「休ませると少しは良くなるものの、乗り出して時間が経つにつれて右トモの歩様が悪くなってしまいます。獣医師にケアを行ってもらっていましたが、時間を掛けている割にはもうひとつ良化の兆しが見られません。これまでの経緯を考えても完全に休ませて回復するかどうか判断しづらいところです。馬体重は551kgです」 佐々木晶師「牧場に状態を確認に行ってきましたが、やっぱり右トモの歩様が悪いですね。楽をさせても回復しないようですから、相当時間が掛かってしまうかもしれません。右前膝に骨膜もあるようですし、かなり厳しいですね」 これまでの経緯を踏まえて協議した結果、今後状態が良化する見込みが薄く、このまま当競走馬ファンドを継続することは、出資会員の皆様のご負担が増えるばかりとなってしまう可能性が高いことから、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたします。16日に抹消の手続きが取られており、今後は乗馬となる予定です。


ローブデソワ
ローブデソワ
2015/10/23 <最新情報>
ローブデソワ  23(金)に抹消の手続きが取られています。なお今後は繁殖牝馬となる予定です。

2015/10/22 <所有馬情報>
ローブデソワ 在厩場所:栗東トレセン 23日に中央登録抹消 調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 21日に坂路で追い切り 次走予定:未定 今野師「藤森ステークスを除外になり、来週の渡月橋ステークスを目標に切り替えて進めていましたが、21日の坂路での追い切り後に鼻出血が再発してしまいました。追い切り自体は軽快な走りを見せて、終い12秒5が出たぐらいですから、その際は影響なかったと思うので、追い切りを終えて落ち着いた時に出血したのでしょう。中間は追い切り後に内視鏡で検査を行って最善を尽くしてきましたが、その際は出血の兆候は見られなかったので、このまま無事に競馬まで行ってほしいと思っていただけに残念でしかたありません。明日(23日)ノーザンファームしがらきに移動します」 2度目の鼻出血で再発の可能性が高いことを踏まえ、牧場サイドと今後について協議した結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。明日(23日)に抹消の手続きが取られ、今後は繁殖牝馬となる予定です。


レッドアライヴ
レッドアライヴ
2015.10.23
(松永幹厩舎→グリーンウッド)
松永幹調教師「今朝は30分ほど厩舎周りを歩かせました。一昨日(水)より歩様はいくらかマシになったようには感じますが、まだ馬房の中で小さく回してみると気にする素振りを見せています。また、右前の球節が熱を持っているとのことですが、先日のレントゲン検査では球節も撮っていて骨などに問題はないということでしたので追い切りの疲れが原因だとみています。今の状態で調教を進めていくのは難しいので来週火曜日にグリーンウッドトレーニングに移動させて立て直しを図ることにしました。申し訳ありません」

2015.10.22
(松永幹厩舎)
舎飼い。
松永幹調教師「今日は舎飼いで様子を見ています。骨折などはしていませんし、肩とか別のところなのか。元々脚捌きは硬い馬とはいえ、原因がはっきりしないので、今は調教を控えて休ませるしか方法がありません。明日は引き運動で歩様を確認し、場合によっては放牧に出すことになります。戻ってすぐにこのようなことになり申し訳なく思っています」

2015.10.21
(松永幹厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 55.6-40.6-26.1-12.9 一杯
内ヴァンセンヌ一杯に0.5秒遅れ
松永幹調教師「今日が1本目の追い切りでした。先行して進めましたがあっさり交わされると最後はバタバタになって脚が上がってしまいました。GIに出走を予定している馬が相手なので遅れは仕方がありませんけどね。気になったのが追い切りを終えて厩舎に戻る時の歩様が良くなかったんですよね。すぐに獣医師を呼んで両前脚の膝や球節のレントゲンを撮ってもらったのですが、結果は骨などに異常は見られないということでした。追い切りで捻ったりぶつけたりということもなかったようですし、具体的にどこに原因があるのかはっきりはしなかったのですが、特に右前脚の捌きが硬く、ぎこちなく見える状況です。このまま進めていくのは難しいかもしれませんが、今後については明日明後日の様子を見てから判断したいと考えています」


レッドルヴァン
レッドルヴァン
2015.10.23
(ミホ分場)
昨日、ミホ分場に移動しました。到着後は舎飼で様子を見ています。

2015.10.22
(尾関厩舎→ミホ分場)
昨日のエコー検査の結果を受け、調教師を含め今後について協議した結果、現役を続行して復帰を目指すことになりました。本馬は本日、ミホ分場へ放牧に出ています。
尾関調教師「エコー検査の結果、左前浅屈腱炎と診断されました。帰厩してレースに向けて仕上げて行く中でこのような事になってしまい、本当に申し訳ありません。オーナーサイドと協議の結果、まだ3歳でキャリアも浅い馬ですし、ダートでは底を見せていないと考えているので、続戦で進めさせて頂く事になりました。全治9ヶ月の見舞金を取得しているので長期戦にはなりますが、炎症は広範囲に渡っていても損傷率が出なかったように、完全に抜けた箇所もないそうなので、その点は幸いでした。まずは患部をしっかりケアして、体をゆっくり休めて欲しいと思います。ひとまず今日ミホ分場に出して養生し、動かせる状態になり次第、社台ファームへ移動させようと考えています」

2015.10.21
(尾関厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
尾関調教師「今日の午後からもう一度エコー検査を受ける予定なので、曳き運動と水冷で様子を見ています。歩様は引き続き問題ありませんが、左前ウラの浮腫みがなかなか良くなりませんね。今日の検査の結果にもよりますが、ジックリ休ませる事も考えているので、まずは検査結果を見てから今後について判断したいと思います」

【追記】本日のエコー検査の結果、左前浅屈腱炎との診断が下りました。炎症の範囲が広いため、損傷率について具体的な数字は出ておりませんが、今後については関係者間において協議を行います。本馬は明日、ミホ分場に放牧予定です。

2015.10.15
(尾関厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
尾関調教師「午後からエコー検査を受ける予定なので、今日は厩舎周りの曳き運動で様子を見ています。歩様自体は問題なく、脚運びなども特に気になりませんが、どうしても左前ウラがモヤモヤしていますね。飼葉はしっかり食べていますし、馬自身は元気なので、検査の結果次第では放牧に出す事も考えていますが、大丈夫そうであれば厩舎に置いて進めて行く事も考えています」

【追記】エコー検査の結果、腱にはっきりとした異常は確認されませんでした。ただ、腫れと熱感は残っている状況ですので、患部をケアしながら様子を見ていき、症状に変化が見られないようであれば、再度エコー検査を行う予定です。

2015.10.14
(尾関厩舎)
角馬場で運動。
10/12(月) ウッド 54.6-40.2-12.7 強め
尾関調教師「月曜日にウッドコースで70-40くらいの追い切りをした直後に、左前を少し気にする素振りが見られました。歩様にはそこまで出てはいないのですが、左前のウラが少しモヤモヤしていたので、その日は入念にケアをして対応しました。今日は全休日明けでしたが、朝のチェックでウラはまだモヤついていたものの、脚運びに違和感は見られなかったので、乗って状態を確認しました。乗っていてもガクっと来る感じはないのですが、やはりウラが張ってしまっていますね。腱の炎症などは発生してから何日かしてから大きく腫れてしまう事もあるので、今日の午後から獣医師に診てもらい、明日エコー検査を受ける予定でいます」


レッドブリエ
レッドブリエ
2015.10.23
(社台ファーム)
獣医師「手術が困難な状況ではありませんでしたので、骨片の除去も予定通りに終えることができましたし、術後も異常は見られません。今後は2週間ほど舎飼で経過を確認していき、特に問題がなければ徐々に動かしていくことになります。マシン運動で歩様など馬の様子を見ながら進めていきますが、2ヶ月から2ヶ月半くらいで乗り出し開始というところかと思います。落ち着いて過ごしており、精神状態も安定しています」

2015.10.20
(社台ファーム)
本日、右前膝骨片除去の手術を無事終了しました。

2015.10.15
(社台ファーム→山元トレセン)
担当スタッフ「パタパタと移動が決まり、こちらには13日(火)に到着しました。輸送熱もなく、歩様なども問題なかったのですが、右前が少し腫れぼったく見えたので念のためにレントゲンを撮ったところ、膝の骨片が浮いているのが確認されました。移動前に剥がれかけていたのかは分かりませんが、この状況ですので馬の様子を見て北海道へ再輸送し、社台クリニックで骨片の除去手術を行うことになります。これからという時に申し訳ありません」



メジャースタイル、ローブデソワとは急なお別れとなりました…。どちらもまだまだ頑張れる馬だったと思いますが、仕方ありませんね。これまでよく頑張ってくれたと思います。特にローブデソワはあのOP特別のハナ差負け、全く意味のない韓国遠征計画でリズムがおかしくなってしまったのが残念でなりません。
レッドアライヴは帰厩して復帰が見えてきた矢先にあっさりUターン決定。ようやく新たなパートナーの騎乗になるのがたのしみだったんですけどね…。(まさかアクション仮面じゃないよな??)
レッドルヴァンはもう絶句しました…。ある意味、今回のアクシデント続きの中でいちばんダメージ大きかったです…。焦らず復帰を待ちたいです。
レッドブリエはそれほど深刻なことではないけど、このタイミングでの頓挫が痛い。年内の入厩が見えていただけにね。ただ、競走能力には影響ないと思いますし、デビューをじっくり待ちましょう。

もうこれ以上のアクシデントは勘弁ですぜ。



よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2 Comments

レプティリア  

ショックです

マタさん、こんばんは^^

ローブデソワの引退はビックリしました( ゚Д゚)
来週の復帰戦を楽しみにしてましたし、まだ上を目指せると思ってたので悔いが残りますよね(+_+)
おっしゃる通り、韓国遠征以降おかしくなりましたよね~(*´Д`)
今はまだ整理しきれませんが、いい仔を産んでシルクで募集してくれることがせめてもの僕らのリベンジになりますね(一人一)

2015/10/24 (Sat) 23:28 | REPLY |   

マタさん  

No title

レプティリアさんおはようございます。
もちろん再発のリスクっていうのは頭にあったんですけど、復帰を目前に控えた突然の引退でしたのでびっくりしました。ただ、仕方ないかなあとも思っています。
1月のレースを勝てなかったのがやはり痛かったですね。それと何も得るものもない韓国遠征を計画したり、実力のある馬だっただけにもう少し大事に扱ってほしかったという悔いは残りますね。

2015/10/25 (Sun) 08:06 | REPLY |   

Post a comment