flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

台北へ行ってきました その3

Category旅行
台北旅行2日目の夜はアンバサダーホテルの四川料理を食べに行きました。これが素晴らしかったですね~。上海行った時もヒルトンの四川料理がダントツで美味かったけど、台北でもここの四川料理がダントツで美味かったです。ガイドブックで台湾随一の四川料理って紹介されていたけど、さもありなんと思わせる絶品料理のオンパレードでした!

四川料理

四川料理

四川料理
どれもおいしかったんですけど、さすがにそれぞれの料理は忘れました…。

四川料理
この日食べた料理で一番美味かったのがこれ。ホタテの麻婆ソース煮です。乱暴な言い方すればホタテ入りマーボ豆腐みたいなノリなんですが、これが絶品!!これでドンブリ飯かっこんだら幸せだろうな~

四川料理

四川料理
5人で行ったので、いろんな料理をシェアできたのもよかったですねえ。

四川料理

四川料理

四川料理
最後はアワビ、麻婆豆腐、カラスミ炒飯のハットトリックで締め~~もうここまで来るとすべての料理が別腹みたいな~

四川料理
最後はさっぱり系デザートで終了~

この食事が今回の台北旅行のハイライトでしたね~。

4日目はお土産買って帰るだけなので、3日目が実質最終日。やはり台北来たらここに来なきゃいかんぜよ。

故宮博物院
故宮博物院でございます。嘘かホントか、ここにあるものを全部見るにはとんでもない時間がかかるとのこと。展示物も変わるし、全部見終わるのに30年かかるなんて話も…。ホンマかいな。
ちなみに私…。30分ももたずにアキアキモードに。中国の歴史はけっこう好きですが、私の好きな時代のものがあんまないのよね。いろんな時代のものが展示されていますが、ちょっと偏っているようにも感じました。有名な豚の角煮と白菜みたいな石のところにはすごい人だかりでしたよ。

故宮博物院のあとはタクシーで台北駅へ。この時のタクシーの運転手さんがすごかったなあ。内容は書けませんけど、話の内容がすごかったです。そうそう、個人的に好きなリンチーリンの話も聞きました。
台北駅で昼食食べたんだけど、わけのわかんない日本のお店もけっこうありました。名古屋的カレーとかね。でもびっくりしたのは金子半之助が出店予定になっていたこと。まじか!って感じですよね。東京の人じゃないとわからないネタですが。
で、食べたのがこれ。なんか、洋食が恋しくなりましてね。

ドリア
ドリアなんですが、ご飯にチーズのっけて焼いただけって感じなんで、ご飯とチーズが日本のドリアみたいにちゃんとからんでないんですよね。それと、ドリアにパイナップルってのはやはり無理があるのでは…

昼食後は台北101に行きました。主にお土産購入が目的です。
台北101
かなりの高さですが、上海の意味なく高いビルみちゃったからそんなに驚かなかったかな。

お土産
購入したお土産の一部です。パイナップルケーキはけっこう買いましたけど、お店によって味がかなり違いましたね。赤い箱とピンクの箱はパイナップルケーキだけど、どちらも試食でかなり美味かったので購入しました~。

この日の夜は会社の宴会でした。台湾料理でしたが、そこそこ美味かったですね。でも前日の四川料理には負けるかな。


機内食
帰りの飛行機の機内食です。羽田から車の運転があるので、ビールじゃなくてペプシです…


台北にはまた機会があったら行きたいですね!いいところでしたよ!!


  ~  おわり  ~





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2 Comments

え~さん  

No title

マタさんおはようございます。

マタさんの会社、社員旅行良く行ってますよね。
毎年ですか?
わが社は社員旅行はありません。
厳密に言えば昔はありましたが無くなりました。
いろいろ文句を言う人がいるんですよ。
貴重な休みの土日を使ってまで会社の連中と旅行なんて行きたくない…とか、積み立て金なんか徴収して、社員旅行と言っても結局自分の金じゃないか!…とか。
ちなみにワタクシもその意見に賛成派なんですけどね(苦笑)
でも、たまには旅行もいいもんでしょうね。

2015/12/07 (Mon) 05:58 | REPLY |   

マタさん  

No title

え~さんこんにちは。
うちの会社は基本的に毎年秋に社員旅行があり、国内と海外がだいたい交互です。毎月積み立てもやっていますよ。一応、参加は自由ですが、会社の行事ですから私は参加しています。
社員旅行については賛否両論あると思いますが、まあ1年に1回ならいいんじゃないかと思いますよ。

2015/12/13 (Sun) 14:07 | REPLY |   

Post a comment