2016_01
02
(Sat)08:26

『第92回東京箱根間往復大学駅伝競走』往路

昨日のニューイヤー駅伝、トヨタ自動車は強かったですね。来年、トヨタ自動車に勝つには6区の田中選手を攻略しないと厳しいと思います。昨年に続いて優勝を決定づける走りでした。しかも来年は服部勇馬も加わります。3連覇へ視界良好でしょう。残念だったのがコニカミノルタ。ネットなどの報道でご覧になった方も多いと思いますが、2区のクイラ選手の転倒がなければ、と悔やまれます。それも突然犬がコースに飛び出てくるというありえないアクシデント。飼い主は何を考えていたのか知りませんが、こういう心無いファンには沿道で観戦する資格はありません。ニューイヤー駅伝ではなく、注目度全国区の箱根でこんなことが起こったら社会問題になったでしょうね。私はTV観戦派ですけど、素晴らしいスポーツイベントですからマナーを守って楽しみたいものです。

1区)
品川駅付近までかなり早いペースできていますが、まだ品川駅の段階で脱落者はなし。中央の町澤が抜け出そうとしましたね。ここから徐々に集団の人数が減ってくるでしょう。ありゃ、脱落者1号はなんと法政の足羽ですか…。

~蒲田通過~
さすがにかなりばらけてきました。学生連合の山口が仕掛けてさらに集団の数が減りました。有力校ですと、駒沢と東海がかなり遅れています。六郷橋手前で久保田がさらに仕掛けて、完全に縦長になりました。東洋の上村も遅れましたが、鶴見までに久保田との差がどこまで広がるかが往路の最初のポイントになりそうです。区間賞は久保田と横手の争いでしょうが、ラスト勝負で横手が勝つとみました。

~鶴見中継所~
久保田が素晴らしいタイムで1区間賞をとりました。調子を少し落としていたとの話もありましたが、どっこいすごい走りでした。明治の横手もさすがの走りでした。明治は1区2区で好発進することが絶対条件なので、まずまずでしょう。中央の町澤と拓殖の金森が素晴らしい粘りで好発進、特に拓殖は2区が留学生ですし、これは前半はかなりいいとこまでいきそうです。有力校では東洋の上村はせめて30秒以内で行きたかったんじゃないかと思うので、ちょっと誤算だったかもしれません。駒澤は其田がちょっと話されましたね。2区3区で相当に取り返さないと優勝は無理でしょう。わが法政はまさかここまでやられるとは…。

2区)
~権太坂~
青学の一色が安定した走りだが、思ったよりペースが上がってこないようにも思える。2位のニャイロがペースをあげてきたので、もしかしたら一色に追いつくかもしれないし、服部勇馬もさすがの走りでこの後差を詰められるか。それ以降の大学だと、2区はどうかなあと思っていた駒澤の工藤が素晴らしい走りで5位まであげてきた。もしかしたら1時間6分台もあるか。順天堂の大型ルーキー塩尻もさすがの走りで、いいタイムできそう。有力校では早稲田の高田が遅れだしたのが気になるところ。法政はあかんです。下手をすると往路で繰り上げもあるかもしれない。なんとか踏ん張って5区につないでくれ。

~戸塚中継所~
青学の一色は最後まで安定した走りで首位を守った。タイムもなかなかのものだが、東洋の服部勇はさすがとしか言いようがない。もう少しで1時間6分台だったが、これぞエースの走り。ただ、もう少し青学と差を詰めたかったというのが本音ではないか。そのほかだと順天堂の塩尻はやはりスーパールーキー、、1年生で8分台を出したので来年以降が楽しみ。順天堂にようやくスーパーエース候補が来た感じ。法政はもうちょっとで繰り上げも覚悟しなきゃいけなかった。

3区)
~平塚中継所~
大変失礼ながら青学の秋山がこんなに走るとは思いませんでした。ここで東洋の服部弾が先頭に立つだろうと思っていたら、さらに大きく差を広げる圧巻の走り。ちょっと気が早いかもしれませんが、4区、5区で相当なブレーキがない限りもう往路優勝は間違いない。残念ながら東洋が往路で逆転するのは難しく、もし逆転があるとすれば、もしかすると5区で爆発する可能性をひめている大塚がいる駒澤か。それにしても可能性はかなり低い。その他の大学だと、明治は期待の1年生坂口が大ブレーキになってしまった。もしかすると明治は3区でこの位置だと明日はシード争いに巻き込まれるんじゃないか。3区まではしょうじき言って予想とかなり違う動きになっているかな。シード落ち濃厚と思っていた城西がここまではかなり頑張っている印象。

往路優勝争い
ほぼ当確  青山学院大学
わずかに逆転の可能性あり  駒澤大学

4区)
~小田原中継所~
青山学院の田村が昨年の記録には及ばないものの、東洋との差をさらに広げる走りで、もうアクシデントがない限り青山の往路優勝は間違いないところでまできた感じ。5区に大塚が控える駒澤は4区でさらに差を広げられたのは痛い。その他では順天堂、早稲田、日体大が大きく順位をあげてきて、シード権内突入。あとは東海大が12位まであげてきて、5区に区間賞候補の宮上がいるだけにここからの順位アップは必至といったところ。

5区)
~芦ノ湖ゴール~
青学の神野は昨年より3分ほどタイムは悪いが、それでも後続と差を広げる走りで見事に往路優勝、2位東洋に3分の差をつけた。総合優勝当確とは言わないが、相当に有利になった。復路も有力選手が残っており、あと確実にタスキをつないでいければ総合優勝の可能性は非常に高いはず。2位の東洋は五郎谷がさすがによく頑張ったと思う。正直、80分を切ってくるとは思わなかったし、駒澤の大塚よりもいいタイムでくるくるとは思わなかった。その大塚、悪くないタイムだけど79分来ると思っていたのだが、前半の苦戦を思えばよく持ち直してきたほうか。山梨学院は山でやや苦戦したが、それでもよく4位で踏ん張った。健闘と言っていい。早稲田は山を堅実にまとめて、なんとか5位を死守したので、あす6区で上位をうかがえる。2区のブレーキがあったのによく立て直してきた。日大はキトニーがさすがの走りで区間賞。3区、4区の遅れを取り戻してシード権に前進した。その他では東海大学の宮上が後半落ちてしまったが、途中まではなかなかいい走りで4区で作ったいい流れに乗って一気に順位をあげてきた。前半の出遅れがなければもっと上にこれただけに残念な結果かもしれない。驚いたのは明治大学。苦戦は予想していたが、3区に続いて5区もブレーキで、シードはほぼ絶望的になってしまった。横手と木村が抜ける来年はかなり心配だろう。初出場の東京国際大学は大健闘、何と言っても5区の快走が大きかった。法政はなんとか往路最下位を免れるのがやっとだった。細川ももう少し前の位置でタスキを受けていればもう少しやれたんじゃないかと思うが。

明日への展望)
総合優勝争い
かなり有力  青山学院大学…6区を無難に60分くらいで走れれば7区に小椋がいるし、補欠に下田もいるのでほぼ勝てる。
なんとか可能性あり  東洋大学…明日は6区7区で勝負するしかない。特に6区の口町の爆走次第では望みもでてくるかも。
ほぼ難しい  駒澤大学…堅実につないでチャンスを待つしかない。馬場に期待したいところ。
シード権争い
確実  青山学院大学、東洋大学、駒澤大学、山梨学院大学、早稲田大学、東海大学
有力  日本大学、帝京大学
やや有利  順天堂大学、拓殖大学
やや苦戦  城西大学、中央学院大学、日本体育大学
シード権争いはここまでではないか。







よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

頑張れ我が母校

我らが母校は低迷してますが、こんなものではありません。頑張ってほしいです。
それにしても、犬が飛び出して選手が転倒とは、ホント残念です。この日のためにたくさんの努力をしてきた選手に失礼な話です。恐らく飼い主は、悪気があったわけではないでしょうが、あってはならないことですね。

2016/01/02 (Sat) 09:40 | ひろみ2号 | 編集 | 返信

ひろみ2号さんこんにちは。
1区はかなりレベルの高い選手がそろっていたので、心配していたのですが、まさかあそこまでやられるとは…。層が薄いので1区にエースをもってくるしかなかったので、それでダメならどうしようもありません。もうシードが絶望的ですが、なんとか5区の細川に一矢報いてほしいです。

2016/01/02 (Sat) 10:39 | マタさん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック