2016_04
03
(Sun)13:39

2歳馬の馬名がすべて決まりました!

アブソルートミュージックの14だけがまだ馬名が決まっていなかったのですが、ようやく決まり、これで出資2歳馬8頭すべての馬名が決定しました!けっこうおもしろい馬が揃っていると思いますので、応援よろしくお願いいたします!


シルクホースクラブ

ネームユアポズン
ネームユアポイズン 牡 国枝厩舎

2016/04/01 <所有馬情報>
ネームユアポイズン(リップスポイズンの14) 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来 調教内容:軽めの乗り運動 担当者「引き続きウォーキングマシンで経過を見てきましたが、徐々に胃潰瘍の症状も治まりつつありますので、3月中旬からトレッドミルを併用して調整し、今週から軽く乗り運動を再開しています。その後も順調に体調は上向いていますので、徐々に進めていきたいと思います」馬体重474㎏


リオノキセキ
リオノキセキ 牡 堀厩舎

2016/04/01 <所有馬情報>
リオノキセキ(シーズライクリオの14) 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港 調教内容:トレッドミルでハロン25秒のキャンター5分、ウォーキングマシン 担当者「現在は1日おきにトレッドミルでキャンターを行っていますが、歩様は良くなってきましたので、徐々に負荷を強めて乗り運動再開に向けて進めていきます。馬体がまだしっかりしていない感じがあり、歩様がなかなか良くならなかった原因もそこにあると思いますが、トレッドミルでの走りは悪くないですし、この馬なりに徐々にしっかりしつつあるところですので、成長を促しつつ焦らず調整していきます」馬体重494㎏


ヴァンクールシルク
ヴァンクールシルク 牡 木村厩舎

2016/04/01 <所有馬情報>
ヴァンクールシルク(ルシルクの14) 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港 調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m 担当者「3月中旬にリフレッシュで1週間周回コースのみで調整し、今はまた同じメニューで乗り込んでいます。ここにきてトモに力が付いてきた効果か、以前より頑張り過ぎることなくリラックスして走れるようになりました。飼い食いも良好で体調面も問題ありませんので、今後も適度にリフレッシュを挟みつつ、しっかり乗り込んでさらなる良化を促していきたいと思います」馬体重538㎏


アズールムーン
アズールムーン 牝 斉藤厩舎

2016/04/01 <所有馬情報>
アズールムーン(ターシャズスターの14) 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来 調教内容:ウォーキングマシン、周回コースでハロン20~22秒のキャンター2,400m 担当者「この中間も坂路でハロン15~16秒で乗り込み、リフレッシュ目的で3月下旬から周回コースのみのメニューにしています。相変わらず元気一杯で馬体や脚元も問題なく、いつでもまた速い調教に戻せる状態ですね。今のところ4月末ぐらいに入厩し、早期デビューを目指すことになりますので、リフレッシュさせたらまた元のメニューに戻していきます」馬体重504㎏


バレーロ
バレーロ 牡 高野厩舎

2016/04/01 <所有馬情報>
バレーロ(ベルベットローブの14) 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来 調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本、週2回周回コースでハロン25秒のキャンター2,200m、残りの日は角馬場でフラットワーク 担当者「坂路では3F45~50秒のペースで、週1回は2本、週2回は1本乗っています。だいぶ成長してきて馬体も変化は見られるのですが、まだまだ伸びしろがありそうですね。15-15でも動けていますが、始めてから1ヶ月程度ですし、本当に良い動きを見せるようになるのはこれからだと思います。脚元や体調も問題ないのでこのまま進めていきます」馬体重468㎏


ベルフィールド
ベルフィールド 牡 石坂厩舎

2016/04/01 <所有馬情報>
ベルフィールド(アブソルートミュージックの14) 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港 調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、残りの日は周回コースでハロン23秒のキャンター2,500m 担当者「この中間も1週間のリフレッシュ期間を挟みましたが、それ以外はコンスタントに坂路中心で乗り込んでいます。トモの筋肉量が増えて力強さが出てきましたし、手応えも良くなってきて、ハミもしっかり取って走れるようになってきましたね。これからペースを上げていった時に飼い食いが落ちたりしないよう、体調面には気を付けて進めていきます」馬体重472㎏


東京サラブレッドクラブ

レッドジェラーレ
レッドジェラーレ 牝 石坂厩舎

16.03.31
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m(F17-16)。馬体重444キロ。
担当スタッフ「この中間も直線走路を主体にしっかり乗り込みを消化できています。体に締まりが出て格好の良い体型に変わってきていますし、まだ背腰の緩さはありますが、母や兄の同時期よりスピード感のある走りができているので、全体に芯が通ってきたのだと思います。奥手傾向のあるこの牝系からしたら上々の調整過程だと思いますよ。脚元にも不安はないですし、健康状態良好なので、この調子で進めていけそうです」


レッドジェノヴァ
レッドジェノヴァ 牝 小島茂厩舎

16.03.31
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m(F17)。馬体重473キロ。
担当スタッフ「ある程度リフレッシュに時間をかけたことで、疲れは解消、精神的なストレスもないようなので、騎乗調教再開しています。すでに直線にも入れていて、ここまでは特に問題ありません。ただ、性格的な課題といいますか、少し一生懸命すぎるというか真面目に走り過ぎるようなところがあるので、そこはメリハリを利かせたメニューを組むなどして、うまく工夫しながら進めたいですね。気張った走りはそれだけで筋肉疲労にも繋がりますし、精神的な負荷も増してしまいますから。今のところ体は維持できていますし、シルエットも良くなってきたので、この状態を保てるように努めていきます」



現在、2歳馬は8頭いますが、リオノキセキがやや順調さを欠いていますが、まずまず順調にきていると思います。来月には北海道行きを予定していますので、愛馬たちに会うのが今から楽しみです。
それと3週間後の天栄の見学会には今年も参加予定です。追加募集馬も含め、あと1頭追加出資できればと思いますので、そこで今年の2歳馬の陣容が確定するんじゃないかと思います。うちの2歳馬たちへの応援よろしくお願いいたします。





よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック