2016_07
23
(Sat)10:59

今週の出走馬

今週はすべて土曜日出走の5頭出しのマタさん大祭りとなりました!

レッドカルディア 函館2R 3歳未勝利 ダ1700m ティータン
レッドカルディア
16.07.20
(角居/函館競馬場)
本日はウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 W 68.1-53.1-39.7-12.7 馬なり
外ダンスウィズミー
※今週23日(土)函館2レース・3歳未勝利(牝)D1700mにK.ティータン騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。
助手「到着後の調整も順調です。先週金曜日から乗り出しましたが、馬体重が458キロと少し減っていたので土曜日までは軽めに乗って馬体の回復を優先し、日曜日に大きめのところを乗りました。その日の獣医師のチェックでトモに疲れがあり筋肉が硬くなっているということだったので注射を打つなど治療してもらっています。きょうは併せ馬で追い切りました。後ろから追いかけて残り500mくらいから併せ馬の形に。終始馬なりでしたが、手応えが良く最後は半馬身ほど前に出ました。栗東でしっかりやってきたこともありますが、長距離輸送後すぐの競馬ですし、牝馬なのでびっしりは追っていませんが、代謝も上がって体調は良好。態勢は整っており、あとは金曜日にゲートを確認しに行くだけとなりました。これまでの競馬の内容や調教を見ても器用さに欠け、ワンパンチ足りないとは感じますが、今の時期の未勝利ならと思わせるものは持っています。スムーズな競馬ができれば上位にはくるはずです」


ディライトクライ
ディライトクライ
2016/07/21 <出走情報>
ディライトクライ
 7/23(土)中京3R 3歳未勝利(混)[D1,400m・16頭]53 荻野極 発走11:05

2016/07/20 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 20日にCWコースで追い切り
次走予定:中京7月23日 ダート1400m[荻野極]

今野調教師「今朝(20日)、CWコースで追い切りました。3頭併せで行い、少し遅れはしたものの、こちらは馬なりで反応を確かめる程度でしたので予定通りの追い切りを消化しています。前走後も中2週としっかり間隔を空けて出走することが出来るので、状態としては前走より上向いていると言えるでしょう。追い切りの動きを見てもスパッと切れる脚はないものの、長く脚を使ってくれますから、ゲートを五分に出てもう少し前目の位置で競馬が出来れば差は詰まってくるはずです。荻野極騎手も悪いイメージがない分、前向きに捉えてくれていますから、勝ち負けしてくれることを期待しています」


レッドヴィーヴォ 福島4R 障害オープン 芝3380m 五十嵐
レッドヴィーヴォ
16.07.21
(鹿戸厩舎)
北馬場で調整
助手「追い切った後なので、いつも通り北馬場をハッキングで乗りました。今日はこの馬としては落ち着いていましたし、変わらずきています。想定を見ると頭数は揃いそうですが、前走は不利の影響が大きかったですからね。前回負けたメンバーには乗り方一つで逆転も可能だと思うので、改めて期待ですね」

16.07.20
(鹿戸厩舎)
ウッドコースにて追い切り
7/20(水) 南W 五十嵐 54.5-40.6-13.2 馬なり
助手「この中間も順調に調整しています。今朝はウッドコースで単走での追い切り。いつも通りくらいの調整でしたが、直線で後ろの組の馬が来てもまだまだ手応えに余裕もありましたし、状態は上がってきていると思います」


アーチキング
アーチキング
2016/07/21 <所有馬情報>
在厩場所:函館競馬場
調教内容:函館Wコースで20日に時計
次走予定:今週土曜の函館・芝1,200m〔柴山〕

木村哲也調教師「追い切りは先行し外に付けて併入しました。時計的には70-40ぐらいです。適性は分かりませんが、今までと何か変えてみる必要があると思いますので、今回は芝のレースを試してみます。前回に比べ馬はフレッシュで良い状態になっています。環境の変化に弱いので、滞在競馬も良い方に出るでしょう」 

調教助手「函館入りしてから体重の増減が激しく安定しません。まだ体力的に足りないのでしょうか。それでも追い切りでは終いは良く伸びて、良い動きをしていました。広いコースの方が向いていそうですが、リズム良く運べればここでも悪い競馬はしないと思います」

2016/07/21 <出走情報>
アーチキング
 7/23(土)函館7R 500万下(混)[芝1,200m・16頭]54 柴山雄一 発走13:15


レッドファルダ 函館10R 横津岳特別 芝2600m 浜中
レッドファルダ
16.07.20
(斉藤厩舎/函館競馬場)
ファルダ ウッドコースにて単走で追い切り
7/16(土) 函館W 古川J 67.5-52.2-37.9-12.7 馬なり
7/20(水) 函館W 浜中J 73.5-57.8-43.0-13.0 馬なり

斎藤調教師「日曜日に古川騎手を乗せてビッシリやったので、気持ちの面でもピリっとしてきて、普段の稽古からヤル気になっていますね。今日はレースで騎乗予定の浜中騎手を背に追い切りましたが、道中から手応え良くグイグイ進んでいて、終いも追われるとしっかり反応できていたようですし、息の入りも良かったですね。浜中騎手からは、「最後までしぶとく脚を使えていて、息もできていますね」との事でした。使える状態に整ったので、今週土曜の函館10R(横津岳特別/芝2600m)を浜中騎手で使います」


レッドカルディアは前々での競馬はよかったのですが、あんなに止まってしまうと思いませんでした。状況は相当に厳しいと言わざるを得ません。体重も減っているし、はたして続けて使えるかどうか。
ディライトクライは好スタートを切ってくれたのはよかったんですが、いくらなんでも前で競馬しすぎだろうと思ったら、直線であっさりと失速。前走であれだけいい末脚使ったんだから中団くらいに控えてほしかったです。先行馬に厳しい流れではありましたが、あまりにも情けない競馬。厳しいこと言いますが、騎手の未熟さがモロに出ましたね。
レッドカルディアとディライトクライについては、大変残念ながらこの時期にこんな競馬しているようではお話になりません。

レッドヴィーヴォは前走は度外視していいと思います。エイシンとの力関係が気になりますが、福島適性はこちらに分があると思いますので、十分やれると思います。
アーチキングは芝はこなせるんじゃないかと思います。なんとなくこの馬と柴山騎手は手が合う可能性が高いんじゃないかと思っています。ぜひきっかけをつかんでほしいです。
レッドファルダは浜中騎手が乗ってくれるのが非常にありがたい。成長が感じられますし、昨夏の小倉での勝ちっぷりはなかなか強かったですし、ここは勝ち負けを期待してもいいんじゃないかと思います。

5頭出しのうちの最初の2頭はかなりガックリくる負け方でしたが、これからの3頭はきっと大丈夫。なんとか1つ勝ちたいところです。
応援よろしくお願いいたします。




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック