2016_08
21
(Sun)14:54

引退馬、相次ぐ…

このところ休みの日はお出かけしっぱなしで、ブログは完全に放置状態でした
今年は故障による引退馬が例年にも増して多いんですが、8月も2頭が故障により引退になってしまいました。2頭とも古馬になってからと思っていたので、これから頑張ってくれると思っていただけに残念です。うちの厩舎は今年になってかなり層が薄くなってしまったので、痛手はかなり大きいです。
先週、屈腱炎で引退になってしまったレッドカノーヴァです。

レッドカノーヴァ
レッドカノーヴァ
2016.08.18
(引退)
屈腱炎(16%)を発症後、水冷等で患部のケアを継続しながら様子を見てきましたが、損傷箇所には部分的な断裂も確認されました。復帰には時間を要するという獣医師の見解を受け、関係者間にて今後について協議を行いましたが、長期の休養を経ても復帰を約束できるものではないことから、残念ではありますがここで引退の結論に至りました。出資会員様へは追って書面にてご報告いたします。長い間、レッドカノーヴァ号へのご声援ありがとうございました。

2016.08.17
(鹿戸厩舎) 
引き運動
助手「中間は厩舎周りで軽めの引き運動での調整です。今のところ土曜日の検疫で放牧へ出る予定なので、それまでは引き運動を続けながら水冷で患部をケアしていきます」

2016.08.12
(鹿戸厩舎)
本日午後、診療所でエコー検査を行ったところ屈腱炎との診断が下りました。来週中にミホ分場へ放牧に出し、より患部を精査しながら今後について検討していきます。

2016.08.11
(鹿戸厩舎)  
角馬場で調整
助手「追い切った後なので、角馬場で軽めに乗りました。歩様には出ていませんが、右前脚に熱感と若干の反応が見られます。冷やして様子を見ていますが、明日診療所でエコーを撮り、詳しく検査をする予定です」

2016.08.10
(鹿戸厩舎)  
ウッドコースにて追い切り
8/10(水) 南W 助手 70,7-54.4-40.3-12.7 強め
内スマートエレメンツ強めに5Fで0.4秒先行4F併入
助手「今朝は入厩後初めての追い切り。デビュー前の2歳馬が相手でしたが、放牧明けで馬体重が前走時から20キロくらい増えていますし、動きや息遣いもまだ重め残りといった感じです。脚元は今のところ問題ないので、乗りながら絞っていきたいところですね」

レッドカノーヴァは昨夏の意味不明な北海道遠征でリズムがくるってしまったんですが、今年春の福島でデビュー戦以来の芝を使ったらあっと驚く快勝劇。これはこれからが楽しみだと思っていたところで、この悲劇、残念でなりません。
ファンタスとクラブやノーザンファーム天栄で何度か見学しましたが、なかなかいい奴だったんですよね。良血馬らしい、おぼっちゃまって感じもしましたし。うちのエースになってほしかったですが、いたしかたない。お疲れ様でした。


今月はレッドファルダも残念ながら引退になってしまいました。
レッドファルダ
レッドファルダ
昨年の8月、小倉の未勝利を勝った時は古厩になってからが楽しみだったんですが、どうも一息入れてからリズムがくるってしまったんでしょうか。転厩して、そろそろ新天地に慣れてきたであろうところでのアクシデントは実に残念です。
2年前に社台ファームで見学した時、この馬を見学中に踏切の警報がなって石勝線の列車が来たんですが、その音に動ずることなく、平気な顔してじっとしていたのが懐かしい。もう1回ダートでの走りを見たかったきもしますね。お疲れ様でした。

春に引退したカルナヴァレスコとこの2頭にはうちの古馬人を引っ張る存在になってほしかったんですが、まさか3頭とも4歳にして早々と引退になるとは思ってもみなかったです。もうこれ以上のアクシデントはほんと勘弁してほしいですね。






よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック