flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

2017年前半戦を振り返る

Category旅行
ちょっと遅いような気もしますが、7月になりましたし、マタさん厩舎の前半戦(今日まで)を振り返ってみたいと思います。

7/9までの成績は  8-4-5-8-6-34 でした。ほかにレッドブリエの名古屋競馬での成績(4戦2勝)を加えるとなんとか10勝に到達です。ここ数年ではいいほうですが、下級条件ばかりですので、お財布事情は厳しいところです
2017年の目標は

1、年間20勝
2、年間獲得賞金3億円
3、明け3歳世代12頭の勝ち上がり
4、重賞出走5回

でした。1と4はなんとかなるかなあ、と思いますが、賞金はもう少し頑張りたかったところです。(現在1億1500万)うちの頭数でこれではちょっと厳しいものがありますわな 3歳世代の12頭勝ち上がりについては、リオノキセキとベルフィールドがともにデビューできずに引退となりましたので、達成は不可能となりました。こうなったらなんとかサルダーナとレッドジュラーレには勝ってもらって10頭勝ち上がりにもっていけたらと思います。
次に各世代ごとに振り返ってみます。

7歳世代
レッドルーラーが障害入りして、いろいろと苦労はあったものの先週待望の初勝利をあげました。今後も期待できると思います。
レッドヴィーヴォは思うようにレース使えませんね。少しでも長く現役で頑張ってほしいですが、状況は厳しくなってきたと思っています。新潟と福島で使いたいですね。
クラウディオスはこの馬なりに最後は燃え尽きたんじゃないかと思います。安定した成績とは言えないけど、これまでよく頑張ってくれたんじゃないかと思います。お疲れ様でした。

6歳馬
サンタエヴィータは規定により春に引退になりましたが、最後の最後でやってくれました。1000万を見事に勝ち、引退レースでも牡馬相手に果敢に挑み、あともう一歩の2着。もっとやれたと思いますが、よく頑張ってくれました。お疲れ様でした。
デジタルフラッシュは少しは進境が見えたものの、1000万では家賃が高いかな。しかもこの中間、蟻洞を発症。少し時間かかりそうです。
レッドカイザーは角居厩舎最後の一戦で、復調を予感させたんですが、そのあとがはっきり言って期待外れ。正直言って騎手を選ぶ馬だと思うので、できればまた浜中騎手に乗ってほしいんだけど。夏の小倉で復活してほしいです。

5歳馬
レーヌドブリエは昨秋までに比べると地力強化がうかがえます。ただ、毎回末脚爆発を期待しながら、中途半端な末脚に終わってしまっている印象があるのも事実。残された時間はわずかなので、なんとかもう1つ勝ち星を期待したいです。
レッドラミアは昨年名古屋から帰ってきたけど、最後までリズムが戻らなかったですね。結果は出なかったけど、新天地寺島厩舎ではいろいろ試行錯誤していただきました。残念ながら引退になりましたが、名古屋競馬で修行して帰ってきてくれましたし、結果は残せなかったけどよく頑張ってくれました。お疲れ様でした。
レッドルヴァンは結局復帰できませんでした。正直、昨年の秋頃には難しいだろうな、と思っていたので納得の引退です。お疲れ様でした。

4歳馬
レッドアマビリスは約1年の休養から復帰してよく復活の勝利をあげてくれました。ただ、その代償はあまりにも大きく、引退となってしまいました。結果論かもしれないけど、脚部不安で長期休養していた馬をあれだけ詰めて使ったら…という思いがいまだにあります。起用騎手も含めてもう少し大事に使ってほしかったです。今年の飛躍を期待していたので非常に残念ですが、よく頑張ってくれました。お疲れ様でした。
レッドカルディアはアマビリスとともに今年の飛躍を期待していましたが、前半戦は不完全燃焼でした。ちょっと春の小倉でリズムを崩してしまったようにも思えますが、なんとか函館で結果を出したいですね。来週こそ一変した走りを見せてほしいです。
レッドブリエは名古屋ですんなり勝って中央復帰のはずがかなり苦戦していますね。中央の芝での走りを見たいのは確かですが、いくらなんでも名古屋でこれではちょっと厳しいと言わざるを得ませんね。先週のレースは落鉄の影響もあっての4着かもしれませんが、次ももし勝てないようならそろそろ判断が必要じゃないかと思います。
タイムレスメロディは昨年に比べれば馬もしっかりしてきたんですが、もどかしいですね。やはり距離をのばすのが1番いいと思いますので、次走がようやく1400mになりそうですので、ここでよい競馬をして調教師の見方をかえてほしいですね。
プリンシパルスターは転厩して、少しずつですが良くなってきているように思えます。あとは去勢の効果が出てくれば、まだまだやれるはずです。後は、この馬のベストの条件を早く見つけてほしいですね。
アーチキングは途中で頓挫があって、復帰がのびました。去勢の効果があれば、まだまだ楽しみが持てるはずです。最終的にはダートのほうがいいと思いますが、まずは芝で頑張ってみてほしいです。
ストーミーストームは中央に戻れませんでしたね。しかし、判断が早かったです。どちらがいいか悪いかは言えませんが、東サラとは全然違いますね。シルクから離れた後1つ勝ったようですが、そこから成績が急に悪くなっています。なんとか立て直して頑張ってほしいです。

3歳馬
リゾネーターは2つ勝ちましたし、前半戦のうちのMVPですね。兵庫CSは残念な結果になってしまいましたが、JDDできっとやってくれるはずです。水曜日は現地に駆けつけます!
ネームユアポイズンは目論見通り中山での復帰戦を快勝してくれましたので、今年の後半戦での活躍が楽しみです。膝の状態が気になりますが、くれぐれもアクシデントだけは気をつけて使っていってほしいです。
インシュラーはこの世代唯一の新馬勝ちまではよかったんですが、その後の2戦が不完全燃焼でしたね。ちょっと気性難の気が出てきたのが心配ですが、きっかけ1つだと思います。
ヴァンクールシルクはようやく先日復帰したものの、脚部不安がでてしまいましたね。喉も気になります。ただ、一番の問題はやはり馬体重でしょうか。もっと絞らないと脚元がやっぱり心配ですよね。脚元のことも考えて、ダートを試す手もあるんじゃないかと思います。
アズールムーンは昨秋の園田の敗戦の後、ちょっとリズムを崩してしまっていますね。ただようやくリセットできそうですし、これから巻き返してくれると思います。あとは、芝でいくのか再度ダートでいくのかでしょうね。後半戦、立ち直れば再度の快進撃もあると思います。
バレーロは気性で苦しんでいますね。このままだと去勢なんてことになりかねないんじゃないかと思います。能力はあると思いますので、なんとか気性の成長があれば、と思っています。きっかけがあれば大きく変わる可能性があると思っています。
サルダーナは新馬戦も前走もあともう少し、という内容。勝てるだけの力は間違いなくあるはず。あとは、運があればと思います。来週の福島で決めてほしいですね。
リオノキセキ、ベルフィールドの2頭は残念ながらデビューすることはできませんでした。脚部不安が長引き、デビューできないかなあとの思いもあったんですが、少なくともベルフィールドはデビューできると思っていたんですけどね。2頭とも苦しかったとおんぃます。お疲れ様でした。
レッドジュラーレは前走でようやく能力を見せてくれました。よくなるのはまだ先だと思いますけど、素質は確かだと思います。なので、なんとかしたいですね。できれば来週で決めたいです。
レッドアーサーは予想していたよりもいいスピードを持っていますね。できれば2戦目で決めてほしかったですけど、わりと早めに勝てたことでじっくり夏に向けて調整できたのが大きいですね。だいぶパワーアップしてきたんじゃないかと思います。新潟での復帰戦が楽しみで、今年の後半戦はかなり楽しめるかもしれません。
レッドジェノヴァは春は無理せず1戦のみだったので、復帰が楽しみだったんですが、今日の復帰戦はかなりがっかりしました。気を取り直して次走は巻き返してほしいですね。

2歳馬
現時点でデビューした馬はレッドレグナントのみです。レッドレグナントはデビュー戦は3着でしたが、少しもったいない競馬でした。ただ、最後はいい脚を使っており、早い段階での勝ち上がりが期待できそうです。
このほかの馬を見ると、今年は本当に順調にきており、残りの15頭中6頭がすでにゲート試験合格、1頭が入厩したばかりという状況で、さらに2頭が入厩間近と思われます。このままいけば、年内に全馬入厩も十分ありそうで、とりあえずはそこが1つの目標になると思います。今年の2歳世代は順調にいきさえすれば、結果はついてくると思っていますので、全馬順調に夏を越してくれれば、秋から大攻勢が始まると期待しています。


マタさん厩舎の2017年前半戦、引退馬も多かったし合格とはとても言えませんが、まずまずでしょうか。やはり競馬は順調であればこそ、です。後半戦はアクシデントなく走りぬいてくれたら結果はついてくる、と期待しています。




よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment