FC2ブログ
flower border

マタさんの馬色日記

シルク、東京で一口馬主を楽しませていただいています。相互リンクは一口馬主を楽しまれている方に限らせていただきます。競馬予想サイト等はかたくお断りいたします。

うちのお馬さんの近況です(2歳馬)

Categoryシルク2006世代
シルクの会報がようやくきました。二次募集は…まあこんなものかな?じっくり考えましょうか?
さて、2歳のみなさんの近況です。

シルクスフィーダ [父Tiznow:母イッツクリス]
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「先週は体温が安定しない日があったので、無理をしませんでした。現在は落ち着いていますし、週末から強めの調教を再開したいと思います」と話しています。

無理する必要はありません。着実に進めていければいいんです。

シルクライジング [父スペシャルウィーク:母ダンサーズシューズ]
茨城県・水野馬事センターで調整中です。本馬場で常歩とダク3,000mとキャンター4,000mの調教をつけられています。牧場長は「ここへきて朝晩が涼しくなったので、馬も楽になってきたようです。今の感じだったら進めてみたいところですね」と話しています。

当初の話より大幅に遅れています。なにか人為的なものを感じなくもないですが、秋のうちに目処はたてたいところですね。

シルクヴィーナス [父ティンバーカントリー:母シルクフレアー]
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路1本の調整です。先週は坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「まだ速いところはやっていないので、少し太めに映りますが、脚元は問題無いみたいですね。このまま様子を見て進めていくことにします」と話しています。

かわりばえのないコメントやなあ(笑)まあじっくりいくしかないですよね。

シルクナトゥール [父ネオユニヴァース:母エンジェルインザモーニング]
坂路とDWコースでキャンターの調整で、18日と21日に併せて時計を出しています。調教助手は「ゲートも受かったので仕上げに入っています。先週の追い切りはまだ無理せず馬任せでやりましたが、まずまず動いてくれたし、これからやっていけばもっと動いてくる感じですね。もう少しやってから予定を立てて行きます」と話しています。

調教のタイム見ているとちょいと微妙な感じ。少し時間かけたほうがいいかもしれませんね。

シルクプリヴェイル[父ネオユニヴァース:母グレイトグレイス]
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週は坂路中心に15-15の調教を付けられており、牧場長は「状態を見る意味で強めをやりましたが、馬体に余裕がある割には、動きは良かったですよ。ただ、ここへきて疲れが出てきたのか、少し体調が安定しないので、今後の状態次第では一旦楽をさせるかもしれません」と話しています。

おっ、15-15まで進んだじゃん!って思ったら、体調が安定しないって…。シャキッとせい!(笑)ただ、体質の弱い馬を状態を見る為に強めを乗るって、素人目にはどうかと思うのだが…。反動が出る可能性大なんだから。

シルクエステート [父ブライアンズタイム:母ロスケイ]
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。本馬場でダクとキャンターで2,400mと、坂路1本の調教をつけられています。牧場長は「だいぶ乗り込んでいるようですし、このまま進めていけそうですね。もう少し状態を確認したら、徐々に進めていきます」と話しています。

やはり入厩前の微調整というわけでもなさそうですが、悪いところがあるわけでもない。心配はしていません。

シルクマニューバー[父マンハッタンカフェ:母タイキビューティー]
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。本馬場中心にダクとキャンターで2,400mと坂路1本の調教をつけられています。牧場長は「予定通り17-17のところを入れて、徐々に進めています。以前に比べるとだいぶシッカリしてきましたよ。このまま進めていければと思います」と話しています。

よっしゃ、ええ感じですよ!このまましばらく乗り込んでしっかり基礎を作りましょう。

シルキールンバ [父タニノギムレット:母シルキーグランス]
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路1本の調整です。先週は坂路中心に22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「先週から坂路にも入れてキャンターの調教を再開しています。特に体調など変わりませんが、少しトモの踏み込みに甘いところがあるので、現時点では本馬場中心に進めた方が良いかもしれません」と話しています。

時間かかるのは百も承知、やはり年明け以降でしょう。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment